プロ野球スピリッツ2

プロ野球スピリッツ2

Attributes

ReleaseDate : 2005/04/07
PackageQuantity : 1
Platform : PlayStation2
ESRBAgeRating : Everyone
Label : コナミ
ItemDimensions : 44
PartNumber : SLPM65929
Studio : コナミ
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 7,344
EANListElement : 4988602120752
Manufacturer : コナミ
CatalogNumberListElement : SLPM-65929
CatalogNumberListElement : VW273-J1
MPN : SLPM65929
Publisher : コナミ
EANList : 4988602120752
Brand : コナミ
CatalogNumberList : SLPM-65929VW273-J1
PackageDimensions : 6374831535

広告タグの取得

    激動から躍動へ。投球におけるリリースポイントや回転の違い、作戦にあわせた守備フォーメーションなどを再現した本格派ベースボールアクションの続編が、2004年プロ野球ペナントシーズンのデータを搭載して登場だ。

   日本のプロ野球界において激動の年となった2004年から一転、「東北楽天ゴールデンイーグルス」「福岡ソフトバンクホークス」「オリックスバッファローズ」の三つの新球団を加え、躍動の2005年シーズンが始まる!

   楽しみなのは、なんといってもシーズン中に実施されるセ・パ交流戦の実現だ。オープン戦のような余興含みの試合ではなく、ペナントレースに成績が反映される真剣勝負が体験可能だ。また、改修された楽天イーグルスのホームグラウンド・スタジアムも収録されているぞ。

   今作では新モードとして、自分がチーム内のひとりの選手として試合に参加するモードが収録される。違ったポジションをそれぞれの視点から体験することができるため、新たな野球ゲームのスタイルが味わえるだろう。

   もちろん、独自のピッチングとバッティングシステムも更なる改良が加えられた。一新されたグラフィックとサウンドとともに迫力あるプレイが楽しめるはずだ!(松本秀行)

プロ野球スピリッツ2

激動から躍動へ。投球におけるリリースポイントや回転の違い、作戦にあわせた守備フォーメーションなどを再現した本格派ベースボールアクションの続編が、2004年プロ野球ペナントシーズンのデータを搭載して登場だ。

日本のプロ野球界において激動の年となった2004年から一転、「東北楽天ゴールデンイーグルス」「福岡ソフトバンクホークス」「オリックスバッファローズ」の三つの新球団を加え、躍動の2005年シーズンが始まる!

楽しみなのは、なんといってもシーズン中に実施されるセ・パ交流戦の実現だ。オープン戦のような余興含みの試合ではなく、ペナントレースに成績が反映される真剣勝負が体験可能だ。また、改修された楽天イーグルスのホームグラウンド・スタジアムも収録されているぞ。

今作では新モードとして、自分がチーム内のひとりの選手として試合に参加するモードが収録される。違ったポジションをそれぞれの視点から体験することができるため、新たな野球ゲームのスタイルが味わえるだろう。

もちろん、独自のピッチングとバッティングシステムも更なる改良が加えられた。一新されたグラフィックとサウンドとともに迫力あるプレイが楽しめるはずだ!(松本秀行)

パワーアップ!

前作、多くのユーザーから挙げられた不満点(投打のバランスなど)は大幅に改善され、ストレスを感じる事は少ない(若干、COMの打撃力が強力になり過ぎているかな?)。選手データは細分化された。特に投手は球種ごとに球威、コントロールが別々に設定されているため、一見すると細かすぎてややこしく感じるかもしれない。だが、実際にプレイしてみると「分かり辛い」と感じる事はなかった。むしろ各選手の個性が一層強調され、さらに一歩現実のプロ野球に近づいた感がある。今回の投手データは個人的にかなり気に入っている。
育成モードも「スピリッツモード」とリニューアル。これが秀逸である。パワプロのサクセスのように膨大なシナリオに沿って進行していくゲームを期待していた方には物足りなく感じるかもしれないが、私的にはパワプロとの差別化をより明確にしたこのモードのシステムを高く評価したい。1選手を育てるのに僅か30分弱!失敗しても何度でもやり直せる手軽さが何よりも素晴らしい。しかもプレイ後には充分な満足感を得る事が出来る。絶妙なバランスである。
この他にもこれまでありそうでなかった「選手プレイモード」などボリュームも充分。長期にわたって遊び続けられる数少ないスポーツゲームに仕上がっていると思う。実況が遅れる、真剣ペナントの自由度が低いなど、目立つ欠点も存在するので星の数は「4」としたが、充分に期待にこたえてくれる一本である事は間違いないだろう。

思ったより悪くない

一言で言うと一見さんには優しくない作りです。
楽しめるのはこういう方達ではないでしょうか。
「パワプロでサクセスをやり込んで、ある程度選手を作り終えたのでペナントを始めたけど、ペナントにはサクセスほどのやり込み要素が無いので飽きつつある」
これ位パワプロをやってる人じゃないとなかなか真剣ペナントの面白さはわからないと思います。
前作では真剣ペナントはある程度慣れてくるとただの処理になってしまう問題点がありましたが、「ミッション」の追加で多少は改善されています。
ボタンで流し打ちと打撃を使い分けるといった行為も、パワプロで普通に「パワフル」に勝てる位のレベルに達している人で無いと中々使いこなせない感じです。
「選手プレイ」は息抜きとしては最高でした。少し処理の遅さが気になりましたが。
問題の試合ですが、そんなに違和感は感じませんでした。二段モーションの投手のリリースポイントが難しいのもリアルでよかったです。
パラメータでは投手の変化球が忠実に再現されていました。球種一つ一つにコントロールと球威の設定があるのはこの手の野球ゲームをやりこんでいる人を飽きさせないつくりになっていると思います。
問題点を挙げるとすれば、やはりペナントのデータを一つしかセーブできない事でしょうか。これは多少不便に感じました。

良く出来た野球ゲームです。

パワプロと比べて、ゲーム性で勝るとも劣らない、いいゲームです。
---良いところ---
ピッチャーの投球ロジックは、こちらのほうが良く出来ています。
球種ごとにコントロールレベルが設定されていて戦略性が高いし、ノーコンピッチャーだと、自分がプレイしてもちゃんとフォアボールが出ます。
あと、これでもかというぐらい難易度設定の幅が広いので、自分の腕前に合わせて上手く設定すれば、わりと現実に近い試合記録になるでしょう。
(パワプロでペナントやると、野手記録に極端な数字が出がち・・・)
打つほうの仕掛けもなかなかしっかりしています。特に、「流し打ち」ボタンの存在が効いています。
---悪いところ---
実況、解説者のしゃべりは今一歩ですね。解説者四人の中では金村さんが一人勝ちです。達川さんは棒読みっぽいし、他の二人はモソモソしゃべっていて聞き取りにくい。
全体的に見ても「継ぎ接ぎ感」が強く、なんだか興をそがれます。
収録語の数は、それなりに頑張っているような気はするんですけどね。
それと、打者の苦手ゾーン、得意ゾーンの設定が物凄くいい加減です。
もっと実際のデータに則したゾーン割りが望まれるところです。

すばらしいできだと思います。

選手の表情、フォームなどかなりのレベルで再現され、臨場感あふれるグラフィックで野球を表現できていると思います。野球ゲーム性の好みもあるかもしれませんが、さすがメーカーのこだわりは感じます。ただ、成績データのソートなどで一部不具合(?)があるのか正確な情報がつかめないところもありますが、好きな選手のペナントモードでの成績を、マニアックな集計ができるなど、かなり遊べると思います。

面白いけど・・・

~野球ゲームとしては最高峰だろう。
選手はよく似てるし、システムも難易度もいい。
守備は意外と難しいし、引っ張りと流しのボタンを分けたことで打撃も奥が深くなった。
そして打たれだしたら極端にコントロールがつけにくくなる投球も表現が上手いと思う。
ボールが選べる所なんて特にツボだった。
ただし、あくまでゲーム。
外野の、捕球→送球への動きが妙に遅い。
俺の操作が下手なのかも知れないが、妙に遅い。一連の流れとしてモーションを作って欲しいね。
そしてひどかったのが、COMの打撃。
難易度が高いのはいいです。
失投は見逃されると逆にイライラするのでそれくらいの方がいいんですが、打者傾向を無視しすぎなのはどうかと思う。
ペナントやっててウッズがライト前に3安打。毎試合今岡みたいな打撃しやがる。
フルスイング命の岩村がセンター前やレフト前にしかヒット打ってこないとキレたくなります。
そしてはずれる変化球はほぼ引っかからない。ストライクゾーンに入れば痛打。
清原も仁志もローズも神クラスの選球眼を持っています。
それから、パワプロは変化球が全てですが、このゲームは速球が全て。
対人戦でも変化球なんかクソの役にも立ちません。ただの遅い球なんですもん。
パワプロで言うところのレベル3以下の変化球は全てホームランボールになってしまいます。
その辺のゲームバランスが調整不足とは思います。
が、一番上に書いたように野球ゲームとしては最高峰。
間違いなく買いのゲームではあります。~

NO.1プロ野球ゲームに決定

変化球の軌道、選手のモーション(ex:ボールの見送り方)等がそっくりです。
特に松坂の高速スライダーの軌道に驚きました。
ゲームシステム面(ex:投打のシステム、ペナント)も徐々にリアルになってきています。
これからも「プロ野球スピリッツシリーズ」から目が離せないと思った。

良い出来です。

これを超える野球ゲームは今のところないでしょう。選手プレイはかなり良い出来です。ペナントで通常試合が飽きたら選手プレイ、視点変更など様々なプレイで長く楽しめます。パワプロからも選手を移籍できますがいい加減パワプロのシステム、ペナントでアレンジチーム両リーグ参加、ペナント同時進行など取り入れてほしいです。これにエディット機能をつければ間違いなく最高の野球ゲームが誕生するでしょう。コナミはいつまでも成績や能力を多少アレンジした続編を出すのではなく、完璧に近い野球ゲームを作ってほしいです。新しいものを作るにはいろいろ問題があるだろうが、消費者も馬鹿では無いので続編ものもそろそろ限界だと思う。(特にパワプロ、決定版など)

もう最高っ!!(*^▽^V

発売されてから今日まで、どっぷり、ハマっています。(^^;
お蔭様で、手が腱鞘炎になるほど面白いです!!
もう、三周目のペナントを征して(真剣&レギュラー)
今は、アレンジ選手をSA状態にして最強選手を作り
(OBプロ野球選手等)敵を強くしてます。
とにかく、これは、今まで最高の野球ゲームっ!!
買って、お釣りがくるほど、やり込て楽しいです。
本当に心からお勧めしたい作品ですよおー(^^/

現時点で最高の野球ゲーム

間違いなく現時点では最高の野球ゲームです。総合的に見て。
あまりに面白いので、毎日友人や兄弟とプレイしています。
ただ大きな不満点が一つあります。それは対戦時の設定を保存
できない事です。1人プレイの場合はオプションから設定を保存
できるのですが、2人プレイの場合は設定を保存できないので、
試合を行うごとに設定しなおさなければなりません。設定項目が
少なければ気にしないのですが、項目が打撃、走塁、投球、守備
など何十種類にも及ぶので、結構辛い作業になってきます。
パワプロでは任意で保存できるのに、プロスピにはその機能がない
のは非常に残念でした。次回作では是非つけて欲しいと思います。

野球の最高傑作

出てくる選手たちは皆、リアルだし面白い。
当たり前だが、ファミコン時代のファミスタとは
比べ物にならない程の進歩、進化を遂げています。
前作と比べても非常に進歩している。
各選手の気分になってプレイできるモードは
新しいタイプの感覚を味わえるし、
オリジナル選手も手軽に育成でき、顔型や髪型などの
バリエーションも増えました。
阪神の井川の様な髪型もあるのが良い。
しかも、自作したオリジナル選手をオープニングムービーに
登場させられる!
なんか自分の子供がプロに入団したかのように感動します。
プロ野球スピリッツ3
プロ野球スピリッツ 2004
プロ野球スピリッツ4
プロ野球スピリッツ2010