ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2004/11/17
NumberOfItems : 1
AudioFormat : Dolby Digital 5.1
AudioFormat : Dolby Digital 2.0 Surround
Format : Color
Format : Dolby
Format : Limited Edition
Format : Mono
Format : Widescreen
SeikodoProductCode : VWDS-3880
Type : Subtitled
Type : Subtitled
Type : Original Language
Type : Original Language
EANListElement : 4959241938800
Manufacturer : ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
RegionCode : 2
EANList : 4959241938800
AspectRatio : 1.78:1
Director : ヘンリー・セリック
Label : ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
Studio : ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 1,350
Publisher : ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
Language : 日本語Subtitled
Language : 英語Subtitled
Language : 英語Original LanguageDolby Digital 5.1
Language : 日本語Original LanguageDolby Digital 2.0 Surround
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5871018542
Languages : 日本語Subtitled英語Subtitled英語Original LanguageDolby Digital 5.1日本語Original LanguageDolby Digital 2.0 Surround
Name : 日本語
Name : 英語
Name : 英語
Name : 日本語

広告タグの取得

   ハロウィンタウンの「カボチャ大王」ジャックは、偶然迷いこんだクリスマスタウンの楽しい光景に、すっかり魅せられた。彼を思うサリーの心配をよそに、ジャックはハロウィン風クリスマス計画に没頭した。
   棺おけ型のそりに骸骨のトナカイ、絶叫モノのプレゼント、そしてサンタクロースの誘拐と、なんとも不気味なクリスマスが始まる。『シザーハンズ』『バットマン』の鬼才、ティム・バートンが製作総指揮。そのすばらしいヴィジュアル・センスを発揮したアニメミュージカルである。
   伝統的なストップモーションアニメと最新撮影技術によって、人形たちがまるで生命を与えられたかのように演技する。そして、とっても不気味なはずのキャラクターたちが愛しくてたまらなくなるという、不思議な魅力のある映画だ。(アルジオン北村)

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]

ハロウィンタウンの「カボチャ大王」ジャックは、偶然迷いこんだクリスマスタウンの楽しい光景に、すっかり魅せられた。彼を思うサリーの心配をよそに、ジャックはハロウィン風クリスマス計画に没頭した。
棺おけ型のそりに骸骨のトナカイ、絶叫モノのプレゼント、そしてサンタクロースの誘拐と、なんとも不気味なクリスマスが始まる。『シザーハンズ』『バットマン』の鬼才、ティム・バートンが製作総指揮。そのすばらしいヴィジュアル・センスを発揮したアニメミュージカルである。
伝統的なストップモーションアニメと最新撮影技術によって、人形たちがまるで生命を与えられたかのように演技する。そして、とっても不気味なはずのキャラクターたちが愛しくてたまらなくなるという、不思議な魅力のある映画だ。(アルジオン北村)

新ボーナスコンテンツが素敵

シュリンクを破る段階から「This is Halloween〜」と歌いっぱなしでした。
2007年に期間限定で発売になった「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション」との
変更、追加点は以下の通り。
【音声解説が変更】
制作ティムバートン/監督ヘンリー・セリック音楽 ダニー・エルフマンによる新収録となってます。
(旧バージョンは監督ヘンリー・セリックと撮影ピート・コザチク)
【ボーナストラックが追加】
1,ジャックのホーンテッドマンションホリデーツアー
   オン・トラック
    (ライドを経験。ホーンテッドマンションの「トリビア付き」も選択可能):約7分
   オフ・トラック(制作の舞台裏):約37分
2,ティムバートンのオリジナルポエム
   「ナイトメア〜」の原型(詩)に動くイラストをつけ、クリストファー・リーが朗読するという
   贅沢なミニムービー。約11分。
当然ですがリマスタ版だけあって発色が美しく、
とくにクリスマスのシーンで、赤はより赤らしく、青はより青らしくと華やいだ仕上がりになっているのが感じられました。
(以前に購入したもの(通常版)/リマスタ版の映像を並べてみての感触。)
あとは、字幕の文字が細めのゴシックから太めの丸ゴシックに変更されていて読みやすくなっています。
2007年限定版を買い逃したので元々購入決定だったのですが、
「ティムバートンのオリジナルポエム」なども新しいおまけも追加されており、大変満足しています。

すごい!の一言

グッズがパルコなどで売られていて、どうしてこんな不気味なデザインのものが売れるのか不思議でしかたなかった。
観て仰天。信じられないほどのデザインの発想力。それぞれのキャラクターがしっかりと描き分けられ、細部にもまったく手抜きがない。
マイナス・キャラだったものを、その不気味さはそのまま生かし、代わりに従来になかった圧倒的魅力を与えている。
もう、はっきり美しいと断言できる。
場面場面がとにかくおもしろい。悪役であるブギーマンのあの動き。彼の仕掛け。リズミカルで、エゴイスティックな口ぶり、
笑い方、体のくねり、口元のゆがみかた。
サリーの足首が細い歩き方、博士に対してぶっきらぼうなかんじ、ジャックに対する女性らしい関心の持ち方。
いろいろなタイプの人間の仕草が凝縮して描かれ、まるで優れた標本映像を見るようです。
そして日本のミュージカルの一流どころが日本語の吹き替えをしているのも魅力。
市村さんの素晴らしさは言うまでもないですが、
土居さんも、昔「シャボン玉とんだ、宇宙までとんだ」の舞台で歌っていた時の、誠実な歌い方と
可愛らしい小柄な姿が目に浮かんで懐かしかった。
本当にすばらしい映像美と音楽を誇る映画です。

大人でも楽しめる作品。

『ナイトメア ビフォア クリスマス』は、ハロウィン・タウンの住人ジャックがクリスマスに憧れて自分達の町でも行なうというなんとも不思議なファンタジーである。ティム・バートン監督の世界観を堪能できる作品となっており、この作品で彼のファンになった方も多いだろう。
登場人物はみんなキモカワというか、コワカワというか、とても愛らしい。パンプキンキングのジャック、身体が虫でできているブギー、フィンケルスタイン博士(マーズアタックの前身か?)に作られたサリー、とにかく全てのキャラクターが可愛い。人形達が唄を歌い、踊り、話す。これだけ生き生きと動いているのだから、監督やスタッフの苦労は半端ではなかったろう。ここまで質の高い人形アニメは無いように思う。
人形アニメなので子供向けのように思えるが、そんな事は全くなく、大人でも十分楽しめる内容になっている。ジャックは真面目で優しくて、観ていて心が温かくなる。しかし、それと同時に、幸せを運ぶサンタクロースに憧れる彼の姿は、胸が痛くなるほど滑稽であったりもする。『ナイトメア ビフォア クリスマス』は胸一杯の幸せと、一握りの切なさを与えてくれる作品である。

大胆!でも愛すべき作品

ロードショーで見た時にはオープニングシーンで呆気にとられた覚えがあります。
ハロウィンタウンのビザールなキャラクター達が画面に歌いながら現れるシーンの異様さ。
こちらの想像を超えた、見たこともない世界が目の前に繰り広げられていくのを目撃する喜び。これぞ映画の醍醐味でしょう。
ティム・バートンの趣味が全編に渡って貫かれていますがダニー・エルフマンの音楽もピッタリですね。
お話は実はファンタジーというよりは童話と言った方が似合うものなのですが、美術のゴージャスさは一見の価値ありです。
ラストのフル・ムーンを背景に描かれるラブシーンの美しさはまさにため息物です。
今やアメリカ製アニメというとCG一辺倒なわけですがストップモーションアニメの味わいも無くなって欲しくないものです。
同じ、ヘンリー・セレック監督の「ジャイアント・ピーチ」も是非。

大好きな映画のひとつ

独特な世界観がなんとも言えません。
ハロウィン・タウンで年に一度のハロウィン祭りをプロデュースしているジャック。
住人の化け物たちはこれだけを楽しみに生きて(?)います。
でも、毎年毎年同じ事の繰り返しで、もの足りなさや空虚さを感じ、彼は1人で思い悩んでいました。でもある、日クリスマス・タウンに通じるドアを偶然発見し、その世界にトリップします。
そこで見聞きしたものは、彼が今まで夢にも思い描くことなかったような素晴らしい世界でした。
彼は早速、そこで得たクリスマスの情報を持ち帰り、ハロウィン・タウンで忠実に再現しようとします。
彼に密かに想いを寄せているパッチワ―ク人形のサリーは、それは良くないことだと止めるのですが、トンでもない事が起こってしまう、、、。
ミュージカルタッチで、ブラックユーモアたっぷりです。
ティムバートンの作品はどれも好き。

市村ファン必見!

ティム・バートンが好きだったので自然の流れでこの映画を見ました。
見ながら「市村正親さんが歌えばピッタリなのに…」と思っていました。
そうしたら!吹き替えはなんと市村さんがされるという事でした!
早速吹き替え版もみました。もう 涙が出るくらいピッタリでした。
ジャックの気持ちが染み入るように分かり、素晴らしかったです。
あの伝説の当たり役「オペラ座の怪人」の怪人を彷彿とさせる歌声、
合間に入るセリフ、どれもシビれました。
実は、サントラを探していたのですが、英語版もいいし、日本語版と
二枚購入しないと、と思っていた所、DVDがある!と気付きました。
DVDなら英語版も市村版も気に入った所でスイッチングできます。
市村さんのファンなら必見(必聴?)ですよ!
キャスティングされた方、サイコーですよ。

見ごたえアリ。

とにかくキレイで、ファンタスティックです。
カボチャ大王のジャックが、自分の仕事に疑問を感じ、美しく幸せなクリスマスの世界を覗いたことから転職を考えます(^っ^)
うまくいくはずはないのですが、すごく一生懸命で・・子供を喜ばせようとするその姿がいいんですよね。
そしてそんな彼を心配するサリー。
何度見ても飽きないお話です。

吹き替え版も最高!

初めて行ったハワイの映画館でこの映画を見ました。
字幕なしでも随分楽しめた記憶があります。
その後日本語吹き替え版をテレビで録画して娘達に見せたところ、大好評でした。テーマ的には青い鳥と同じですが、このジャックというキャラクターは不滅ですね。「ジャイアント・ピーチ」に海賊役で出てきたときは、とても懐かしかったです。

不気味さと可愛らしさのミスマッチが最高!

主人公のジャックとサリーが大きな満月の月明かりの中、崖に立っている。このポスターを一目見た時から「観たい!」と思っていました。ハロウィンがクリスマスに憧れるという奇抜な発想からして、面白い!主人公のジャックからヒロインのサリー、そして脇役のハロウィンタウンのメンバー1人1人に至るまで、デザインは不気味でグロテスクなのに可愛くてロマンチック!このミスマッチが何ともいえません。観終わる頃にはキャラクターの1人1人が愛しくなっていました。
ハロウィンタウンから贈られるクリスマスは、本物とは全く大違い。そのギャップがおかしいのに、ジャックの一生懸命や彼を想うサリーの心中がしっかり描かれているので、どこか切ない。子供向けかと思いきや、うっとりするロマンスもあって大人でも十分楽しめる作品です。主人公ジャックの歌声も担当したダニー・エルフマンの音楽が、これまた独特の世界観にピッタリ!不気味だけれど美しく、一度聴いたら絶対忘れられない印象的なフレーズが次々に登場します。何度観ても幸せな気持ちになれる、極上のファンタジー映画です。

この値段でこの内容なら大満足です!

映像も素敵ですが、音楽もいいんです。
歌もBGMも、世界観に合っていて感動しました。
DVDと一緒にサントラまで買ってしまったくらいです!
ハロウィンだから怖いのかな~、とか思わずに一回観てください!可愛いキャラクターが沢山出てきますよ。
ハロウィンの王様ジャックとその仲間たちが引き起こす大騒動。(でも本人達は一生懸命です。)その果てに得るものとは…。
ラストはチョッピリ感動しちゃうかも?
ティム・バートンのコープスブライド [DVD]
ホーンテッドマンション 特別版 [DVD]
ジャイアント・ピーチ [DVD]
コララインとボタンの魔女 3Dプレミアム・エディション<2枚組>(初回限定生産) [DVD]