お伽草子 1 (初回限定版) [DVD]

お伽草子 1 (初回限定版) [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2004/11/25
NumberOfItems : 2
Label : バップ
Format : Color
Format : Dolby
Format : Limited Edition
Format : Widescreen
Studio : バップ
SeikodoProductCode : VPBY-12175
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 6,480
EANListElement : 4988021121750
Manufacturer : バップ
Publisher : バップ
RegionCode : 2
EANList : 4988021121750
Actor : 三宅健太
Actor : 水沢史絵
Actor : 杉山大
Actor : 佐久間紅美
NumberOfDiscs : 2
PackageDimensions : 7975657551
AspectRatio : 1.78:1

広告タグの取得

良作

久しぶりに良作を発掘した気持ちです。
過去の作品の焼き増しのような作品が多い中、こうした斬新な作品を提供できるだけでも評価できます。
しかし、このプロダクションIGの放つ平安絵巻アニメーションは期待以上でした。
水墨画風の背景、BGM、オリジナルの脚本、キャラクター、どれもが新鮮で良いです。
平安の時代にパーティ組んで行動するRPGっぽさも最高でした。
これからもこうした斬新にして良質な作品を作り続けて欲しいです。

抜群に面白いです

 魅力的なキャラたち、謎めいた不可思議なストーリー展開、そしてやがて過去と現代の交錯へ至るこの物語だけは見逃さないよう、必ずTV番組予定をチェックしている。
 キャラデザも、今時ありがちな胸のでっかいエッチなおねえちゃんではなく、ただのギャルアニメとは一線を画す。
 不思議物語の好きな方々には、間違いなく見る価値あり。
早くDVD BOX出してほしいー。

シビレマス。

時代背景は、平安時代の中期かな。
飢饉と疫病、武士と陰陽師は覇権争いで荒廃した都に苦しむ民を見かねた朝廷が、都に平安をもたらすという伝説の勾玉を探すよう、弓の名手である源頼光に命じ、それを病に倒れた頼光に代わって妹の光の君が正体を隠し、勾玉を探す旅に出るという話です。
キャラクター原案は、漫画「多重人格探偵サイコの田島昭宇さんで、
さすがは『プロダクションIG』(攻殻機動隊等)という感じです。。
和の独特の感じがあり(特に色彩が)一枚一枚の作画も丁寧できれいで魅了されました。
静かなシーンと激しい戦闘シーンとのバランスもいいです!
歴史ものにロックテイスト?な感じを取り入れてあって、ヤラレタ!といった感じです。

平安編の何がよかったのか。

絵に関しては他の方も触れているので省くとして、平安編でよかったのはまず源光という女性でしょう。
男装し武士として兄のために一生懸命頑張る姿は私から見ればある意味最高の萌えポイントでした。
この設定の良さを東京編に持ち込めなかったのがつらい。
しかもなぜショートカットにしたのか。
いや、ショートカットが嫌いなのではありませんよ。
でも光といえばあの綺麗で長い御髪!と強く印象づけられていた人は意外に思ったはず。
原作がそうなっているから仕方ないのでしょうけど。
ところで、せっかく男装していたのに女だと明かさなかったのが設定を生かしきれていない、というレビューがありましたが、綱はもちろん貞光らも「頼光」が光であることは気づいていました。
平安編の最後で貞光が、生まれ変わってもあんたの家来になるぜ、源光さん。とかそんな感じのセリフを言ってたと思います。
だから男装していたが実はバレバレだったという形で設定は生きていたといえます。

画は綺麗

画は綺麗。設定も美人の女性が男装して戦うという面白い設定。
ところが残念なことに自分が女性だということを公表するシーンがひとつもない。
そこを楽しみにしていたのに…何のためのこの設定??
いまいち設定を生かしきれていないのがとても残念。
また、男装主人に恋する従者っていうのもいるのだが、それも設定だけ…せっかく面白そうになりそうでわくわくしながら観たのに一体なんだったのー?
主人公が恋に落ちるきっかけもよくわからなかったし、その恋の相手が主人公が女性だと気づいたのだがその原因も分からないし、悪役の声が低すぎて何言っているか聞き取れないし(笑)
画を楽しみたい方はいいかもだけどストーリーは坦々としています。。。

女性としてなら

主人公が平安時代の貴族の姫だという設定にノックアウト。とても望んで望んでいたアニメでした!
主人公、光が勾玉を集める事が主な話なのですが、その中で謎の申楽師、万歳楽との恋を描いているのに目が向きました。
平安編最後にはその万歳楽の悲しい裏切り…。
ですが光と万歳楽の心の絆が最後まで伝わってきます!
平安編と現代編に分かれ、現代編は主人公の魂が現代に生まれ変わった話です。
万歳楽はどこへ!?と思っていたら…。
万歳楽は生まれ変わってはおらず、千年の間ずっと光を待ち続けていたというおいしい設定!!
女性なら買いです。

止め絵はすばらしい

一枚絵は美しいが、物語は貧弱。
奪われた宝物を奪い返すために旅をする優しい勇者、忠誠を尽くす家臣、仲間との出会い、そして戦い。
既存のお手軽ファンタジーを和風に置き換えただけで、一歩も前進していない。
素材は平凡でも、新しい見せ方をしてくれれば納得するが、この作品にはそれが無い。
なにより登場人物が、脚本に都合のよいだけの性格をしているため、
感情移入を阻む。
主人公の高潔さに見惚れる以外は、楽しみ方は無い。
お伽草子 第四巻(初回限定版) [DVD]
お伽草子 第二巻(初回限定版) [DVD]
お伽草子 第六巻(初回限定版) [DVD]
お伽草子 第七巻(初回限定版) [DVD]