スーパーマリオ64DS

スーパーマリオ64DS

Attributes

HardwarePlatform : Nintendo DS
ReleaseDate : 2004/12/02
Platform : Nintendo DS
Model : 12995651 237839011
ItemDimensions : 202831146
Type : Manual
Type : Subtitled
Type : Original Language
Manufacturer : 任天堂
EANListElement : 4902370509694
EANList : 4902370509694
CatalogNumberList : NTR-P-ASMJ
Brand : 任天堂
PackageQuantity : 1
ESRBAgeRating : Everyone
Label : 任天堂
Studio : 任天堂
PartNumber : NTR-P-ASMJ
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 4,937
CatalogNumberListElement : NTR-P-ASMJ
MPN : NTR-P-ASMJ
Publisher : 任天堂
Language : 日本語Manual
Language : 日本語Subtitled
Language : 英語Original Language
Genre : Word Games
PackageDimensions : 202831146
OperatingSystem : Nintendo DS
Languages : 日本語Manual日本語Subtitled英語Original Language
Name : 日本語
Name : 日本語
Name : 英語

広告タグの取得

ケース、説明書付、良好です。

スーパーマリオ64DS

任天堂を代表するゲーム「マリオ」シリーズは、新ハードでももちろん登場する。タイトルからもわかるとおり、1996年にニンテンドウ64の発売と同時に登場した「スーパーマリオ64」がベースになっている。

 しかし、ベタ移植ではなく、メインとなるゲームには新しく追加要素が入っている。さらに、対戦ゲームやミニゲームも楽しめるようになった。メインゲームでの新要素で注目したいのは、マリオのほかに、ヨッシー、ルイージ、ワリオが使用可能になったこと。当然、各キャラクターは異なるアクションがあるため、攻略にはそれらを理解したうえでのプレイが求められる。

 ゲームの進め方も、2画面のDSならではのアイデアが盛り込まれている。たとえば、上画面ではゲームを表示させながら、下画面でマップを表示させることができる。また、ミニゲームはタッチスクリーンだけを使うオリジナリティあふれるものが30種類以上も用意されていて、ボリュームも満点だ。任天堂のブランド役者のマリオの名に恥じない、ゲーム内容はすべてのゲームファンが楽しめるだろう。(羽根満男)

ニンテンドーDSの全てを体験。

スーパーマリオ64のリメイク・・というのが基本的な定義ですが、
実際のところはプレイヤーキャラの増加、ステージの追加、
30ものミニゲーム、ワイヤレス対戦プレイ、と
「ニンテンドーDSでできること」を一通り味わえるという
驚くほど贅沢なソフトになってますので、DS本体と一緒に!という方にも
お勧めできます。
「スーパーマリオ64」自体も何度でも遊べる良作であり
発売から長い月日がたっているため、64版を遊んだことがある人も
十分に楽しめる作りになっています。
一番の問題は、やはり操作系統でしょうか?
十字キーで操作するか、タッチパネルに「タッチストラップ」をはめた指で
アナログスティックがあるように指を動かし操作をするか、
ふたつの方法がありますが、どちらも3D空間を自由に動き回るには
限界があります。慣れないうちはミスにつながり、ストレスの元に
なってしまうことは否めません。

ハマった!!

始めてマリオの3Dをプレイしましたが、すごく面白いですね。
最初プレイした時、十字キー(タッチペン)での操作が難しかった&3D酔いをして、「買って失敗したかな〜」と思ったんですが・・、何時間もやっている内に操作にも慣れ(未だにタッチペンには慣れていませんが・・)、酔いもなくなり、それからは毎日楽しんでます。
ステージも沢山あって、飽きのこない作品だと思います。
買って損はないですよ!おすすめです。

純アクション

操作性やギミック等、アクションゲームに不可欠な部分は高水準で、完成度の高い作品です。
カメラワークやキー操作に関しては個人差はあるものの慣れだと思います。
一種の反射的なアクション部分はあるものの、突っ走ったプレイをせずに落ち着いて、カメラ調整する等の工夫でも難易度も変わると思います。
どのゲームでも操作に関しては難しい面や解りづらい面がありますが、このゲームは親切で解りやすい部類です。
アクションゲームに必須なエッセンスが詰まっており、クオリティは高いですから興味があればプレイしてみて下さい。

過去は美化されると言いますが…。

これは懐かしいですね。
64の超名作ゲームが携帯機で楽しめるようになるとは。今更ながら、すごい時代になったものです。
長い時間プレイしたのですが、基本的に64版とほとんど変わっていませんね。
64の3Dスティックは素晴らしすぎたので、DSの十字キーでは若干操作がしづらく感じましたが、まあ慣れればたいした問題ではありません。
かつて64のマリオに夢中になれたように、このゲームも入り込めて楽しくプレイすることができました。
タッチペンでの操作は、……これは正直微妙でしたがね。
しかし、懐かしいですね。何なんでしょう、この完成度の高さは。過去は美化されるとよく言われますが、このゲームに関しては美化でもなんでもない。
発売当時から鬼のような完成度を誇っていたのですね。
今の子どもたちにも、このゲームを遊んでほしいと思います。

操作の快適さはオリジナルに劣るが、

N64版をやった事があり、またやりたいと思いDS版をプレイ。
やはり箱庭空間を自由に動き回れるのは楽しいです。
多少の変更点もありますがオリジナルの内容はほぼそのまま入っており、
加えて追加要素も結構あるので、ボリュームには大満足。また、グラフィックも綺麗です。
操作性についてですが、
私はDSliteでプレイしてタッチストラップも無いので、全て十字キーで操作しました。
十字キーでの操作は完全に慣れるのにかなり時間がかかり、結構大変でした。
慣れた後は複雑なアクションなどもこなせるようになりました。
操作にはある程度慣れが必要ですが、DSで3Dアクションをやってみたい人にはお奨めのソフトです。

いや〜、面白い。 難しいですけどね♪

64版のマリオ。 その当時有る程度やっていてとても面白かったのですが、完全にやりつくすにはいたっていなかったのでDSを手にしたのを機会にやり直して見ようと思ってやってみました。 やっぱり楽しい。 どこかのサイトでどなたかが操作性に難があるようなことを書き込みしていたのをみていたのですが、実際に触って見て自分ではあまりそれは感じませんでした。 相変わらずカメラワークが不自然でちょっとプレイしづらい部分が多々あるのは仕方ないと思いますが、それも自分の工夫である程度こなせますし♪ とても楽しいです。 今時はTVの前に座っていなくてもこのレベルのクオリティのゲームができてしまうというのは良く考えるとすごいことですね♪ 難易度は高めのゲームだと個人的には思いますが、しっかりと骨のあるアクションをやりたい人や、マリオ好きな人だったら是非やって欲しい一本です。
星をひとつ減らした理由として個人的な好みの問題ですが、マリオ意外のサイドキャラがいないと攻略できない部分があることと、一番初めヨッシーしかいないという点で64では問題なく攻略できた部分がマリオの登場までできなかった点が気に食わなかったので星よっつです。(ただ、これはあくまでも個人的な好みですのでゲームそのものは本当に良くできているというのを付け加えたいです!!)

N64版と比べても遜色なし

N64と同時に発売されたスーパーマリオ64、そのDSでのリメイク版です。
N64と比べて難易度が低下した部分もありますが、グラフィックが強化されており、また各ステージのスターが1つ追加されたこと、かくれスターが30個に増えたことから、当時N64版をプレイした人でも十分に楽しめる出来になっていると思います。
ヨッシー、マリオ、ルイージ、ワリオの4人の能力の差も出ており、それを十分に生かしてもいます。
さすがに操作性は3DスティックがないためN64版に劣りますが、慣れれば自由に操作できるようになりますし、下画面を利用することで3Dスティックと同様の操作感を楽しむこともできます。
個人的には3Dアクションとしてはかなり上位のゲームだと思っているので、気軽に楽しめて非常にいいと思います。

N64版にはかなわない

携帯ゲーム機向けソフトとしては合格点。追加要素もあるので十分楽しめる。
でもN64版にはかなわない。
十字キーでの操作感覚はアナログ操作のN64版と異なる。
慣れると攻略は何とかなるレベルだが、操作の気持ちよさという点ではN64版に及ばない。
自由自在にとはいかない。
ペンでの操作はグラグラしてもっと難しかった。
グラフィックは色数も多く繊細になったが、拡大時にざらつきがあって、N64版のシンプルな絵の方が綺麗だった。
いつでもセーブが出来るのですぐにやめられるし、入りやすく奥が深い佳作だが、N64版の出来のよさばかりが目立ってしまった。

プレイヤーの腕しだいで難易度がはっきり分かれるゲーム

正直ゲームオンチの方にはお勧めできません。
いつまでたっても壁キックや幅跳びが出来るようにならず、それらを駆使した場面になるといき詰ってしまいます。
逆に、上のものがいとも簡単に出来てしまう方だと、すごく簡単にクリア出来てしまいます。
だからといってつまらないわけではなく、難しい事も違うキャラでそれぞれカバー出来ますし、アクションに自信があるのならば、かっこよくフィールド内を駆け回り、スターのコンプリートを目指したりとそれなりに楽しめます。
個人的にルイージが大好きなので、彼を操作出来るのが大変嬉しいです!
あと、十字キー操作がDSLiteだとものすごくやりずらいみたいです。DSだとさくさく楽しめます。
飽きる飽きないは、ほんと人それぞれですので。人がすぐ飽きるからといって、自分もそうとは限りませんよ!
まぁマリオ好きさんなら買って損はないと思います。

すごい時代になったもんだ…。

DSが発売され始めた、ひょんな事から自分もDSが手に入った時、初めて購入したのがこのソフトです。
最近スターを全部集めたので感想を書いてみます。
Nintendo64を持ってなったのでいじってみる程度しかマリオ64をやったこと無かったので丁度良いと選択したのですが…いやはや驚かされました。
前情報が自分の中に無かったから余計面白く感じたのもあるでしょうが、キャラが4人使えるのがまず得した気分でしたw
そして何よりグラフィックが上がってたのに驚かされました。
携帯ゲーム機で3Dが元気に動いてるだけでも感動だったのにポリゴンが64版より細かくなってるのはビックリでした。
スターの枚数も150枚になり、ミニゲームもあり、ダウンロードプレイの対戦もアリと、ボリュームもなかなかのものです。
携帯ゲーム機だと寝ながら気軽にできます。
TVの前に座ってプレイする状態を考えてみると、こんなゲームが布団でTV付けないでできるんだ〜!!と思って、贅沢な気分でした。
64版をやってる方には物足りなさを感じてしまう雰囲気が否めませんが、初購入の方は持っておいても損は無い一本じゃないでしょうか。
星が一つ減る理由は、スター全部集めたのに何も無かった所ですw
「前作ではヨッシーでてきたんだよな、じゃあ今作最初からヨッシーいるわけだからどうなるんだろう??」という探究心から全部集めたようなものなので、大きな動きが無かったのは寂しかったです。
しかしそれを差し引いても、それに至るまでのやり込みそのものが面白かったので僕的にはお勧めできる一本です。
ヨッシーアイランドDS
New スーパーマリオブラザーズ
マリオカートDS
マリオパーティDS