METAL GEAR ACID - PSP

METAL GEAR ACID - PSP

Attributes

ReleaseDate : 2004/12/16
PackageQuantity : 1
Platform : Sony PSP
ESRBAgeRating : Teen
Label : コナミ
ItemDimensions : 4770133402
PartNumber : ULJM-05001
Studio : コナミ
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 5,184
EANListElement : 4582114080414
Manufacturer : コナミ
CatalogNumberListElement : VP002-J1
CatalogNumberListElement : ULJM-05001
MPN : ULJM-05001
Publisher : コナミ
EANList : 4582114080414
Brand : コナミ
CatalogNumberList : VP002-J1ULJM-05001
PackageDimensions : 4770126402

広告タグの取得

   「メタルギア」の新しい形として「カード」を採用した本作。プレイヤーの能力・戦略のカスタマイズをカードによって編集し、そのステージにあった戦いを行っていくことになる。

   もちろん、プレイヤーの最大の目的は敵地への潜入となっており、オリジナルのストーリーが待ち受けている。

   2016年。合衆国。上空35000フィートを飛ぶジャンボ旅客機326便は、姿なき何者かによってハイジャックされてしまう。乗員乗客の中には次期大統領とも噂されるハッチ上院議員も含まれていた…。所変わって南アのテジャン共和国領、ロビト島。謎の武装集団が警護するロビト理化学研究所敷地に、ただひとり立つ男の姿があった。…男の名は、ソリッド・スネーク。

   戦闘パートはプレイヤーと敵兵士のターンに分かれており、カードを使って攻撃などの行動を指定していく。カードの絵柄には、メタルギアシリーズに登場するキャラクターが多数登場。ファンにとっては収集の楽しみもあるのでは。

METAL GEAR ACID

「メタルギア」の新しい形として「カード」を採用した本作。プレイヤーの能力・戦略のカスタマイズをカードによって編集し、そのステージにあった戦いを行っていくことになる。

もちろん、プレイヤーの最大の目的は敵地への潜入となっており、オリジナルのストーリーが待ち受けている。

2016年。合衆国。上空35000フィートを飛ぶジャンボ旅客機326便は、姿なき何者かによってハイジャックされてしまう。乗員乗客の中には次期大統領とも噂されるハッチ上院議員も含まれていた…。所変わって南アのテジャン共和国領、ロビト島。謎の武装集団が警護するロビト理化学研究所敷地に、ただひとり立つ男の姿があった。…男の名は、ソリッド・スネーク。

戦闘パートはプレイヤーと敵兵士のターンに分かれており、カードを使って攻撃などの行動を指定していく。カードの絵柄には、メタルギアシリーズに登場するキャラクターが多数登場。ファンにとっては収集の楽しみもあるのでは。

メタルギアだ!!!

アクションではなくカードを使ったシュミレーションゲームということで、
メタルギアの緊張感などがなくなっているんじゃないのか?などと最初
は思っていたのですが、やってすぐに考えが変わりました。
敵に見つからずに進む緊張感があり、まさにメタルギアだ!と思いました。
またデッキ構成と戦略によっては銃撃戦で敵を蹴散らしながら突破したりなどのプレイも可能です。
「メタルギアはアクションだろ」と思いプレイしてもいないのに低い点を
つけているひとがいますが、先入観を捨ててやってみてください。
きっと考えが変わりますから。

これはメタルギアだッ!!

簡単に言えば、カードでミッションを進めていくと言うだけです。他はなんら変わりません!
確かに皆さんのおっしゃる通り、カードで行動を決めるため自由に動きまわるとか、緊張感など従来のアクションほどではありませんが、敵の動きを把握して移動したり攻撃したりなど、まさしくこれはメタルギアです!!
最初は全然操作が分からず『なんだこれ!』って感じましたが、慣れてくるにつれて『おもしれぇ〜』と思うようになりましたよ。
メタルギアファンなら、絶対買うべきです!!
アクションゲームだけがメタルギアじゃないぞ!と教えてくれる作品ですね。

戦略性と隠密性

まず、最初にこのゲームをやる上で頭に留めておいて頂きたいのは、このゲームが「メタルギア」の流れは汲んでいるものの、現在浸透している「メタルギアソリッド」とはまったく別のものであると割り切った上でプレイして頂きたいという事です。「メタルギアソリッド」のPSP版という意識で購入を考えていらっしゃる方にはお勧めできるソフトではありません。
AC!D本編についてですが、カード使用ということでアクション要素はありませんが、十分に隠密性は楽しめると思います。カード使用の際、各カードに「コスト」の概念があり、カードを使うことによってキャラクターにコストが発生します。このコストが少ない順からキャラの進行順が変わっていくというシステムなので、コストを調整し、順番を操作することも可能です。また、本家メタルギアと違い、動きがリアルタイムではないという点と移動や敵の視認範囲がマス目という点を活かし、敵のすぐ横にいながら見つからずに逃げるというスリルがあることまで出来ます。今までとは違うシステムでも十分楽しめます。まとめると、プレイヤーのカードの使い方・戦略の組み立て方によってどのようにでも楽しめるゲームなのです。ただ、メタルギアソリッドでは取得した武器は(一部の条件を除いて)いつでも使えたのですが、メタルギアアシッドは手札にある武器のみしか使うことができず、その場面で必要な武器が手札にない場合はそのカードがでるまでカードを捨て続けなければなりません。つまり、必要な行動はわかっているのに、その行動が実行できないというジレンマが起きてしまうのです。このジレンマをゲームシステムとして必要なものであると割り切ってしまえばAC!Dは良いゲームと評価できますが、必要ないものと思っている方には「悪い」ゲームと認識されることも十分に考えられます。つまり、自分の好きなゲームの傾向などをよく考えた上で、購入するかを考えて欲しいのです。自分の個人的な意見ですが、下の3点に当てはまる方が結構お勧めではないでしょうか
・将棋とかチェスとかが好き
・カードゲームの緊張感と焦燥感が好き
・メタルギアは好きだけどリアルタイムアクションは苦手である
お勧めのポイントはカードが初代メタルギア~メタルギアソリッド3(GB版メタルギア ゴーストバベルも入っています)+小島秀夫監督作品で構成されていることです。キャラクターから武器に至るまで、ほとんど網羅されています。ゲーム本編でムービー画像がある場合は、そのキャラクターのカードを使用することによって懐かしのキャラクターを映像で見ることが出来ます。中には製作者のこだわりが感じられるカードも…
マイナスポイントとしてはカード操作を複雑にしすぎたところです。様々な動作にカードを干渉させてしまうために、直感的な操作が難しく、フラストレーションが溜まってしまう側面があることは否定できません。

前評判に反してかなり面白い

まぎれもなく「メタルギア」。
このシステムでここまで再現してくるとは思わなかった。
カードゲームというよりは、スパロボのような戦略シミュとメタルギアを合わせた感じ。
カード要素もそこまで運任せではなく、また捨てカードが無いに等しいのでデッキ組みが非常に楽しい。
システムも一見、難解だが思ったより簡単ですぐ理解できると思う。
また、グラフィックも合格点。PS2にやや劣るぐらいで結構キレイ。
MGS3との連動もあるようだし、買って損をするゲームではない事は確か。
ただ、ソリッドシリーズの「何でも出来る」要素はあまりないので、
敵兵をいたぶったり狙って撃ったりするのが楽しい人の期待にはそえないだろう

問題なく面白かったです

これはカードを使ったシミュレーションゲームです。アクションゲームではありません。
地形や敵の配置などを考えカードを組、制限された行動の中で敵に見つかることなく目的を達成するゲームです。
敵に見つからないようにする為、敵の視野ぎりぎりに立ったり、壁を叩いたりして敵をおびき寄せ、
ダンボールや机の下などの死角に隠れてやり過ごし、目的地を目指して全力疾走。
「缶けりの感覚に近い」のですが、武器は多才なので人によっては正面突破でクリアをしているようです。
ライフルや手榴弾、ミサイル、火炎放射器、地雷etc沢山の武器があるのでそドッカンドッカンふっとばし、敵の増援もミサイルで
ふっとばす。ランボーみたいにクリアもできます(点数は低くなりますけど)。
是非、ダンボール2個と催眠銃、催眠、スリーパーホールドなどで殺さずにクリアを目指してください。〔僕は無理だけどw〕

おもしろいじゃん

MPOと同時購入しました
カードシステムが融合してるので正直不安でしたがやってみたら面白いw
最初はシステムがやや複雑なのでとっつきにくいですがストーリーに練習ステージが組み込まれていたのでやりやすかったです
しかしこのゲームを本当に楽しみたいのなら説明書の隅から隅まで読んだほうが○
序盤でランニングマン(阿呆)のカードが見れて興奮しました

なかなかです

他の方々が仰っているように、このゲームは、アクションではなく、シュミレーションです。
いままでのメタルギアと違い、移動もカードで行うものなので、操作がどうしても制限されてしまいます。そのため、アクションを目的にするのならお勧めは出来ません。
ただ、シュミレーションとしてならかなりよくできていると思います。
他にも潜入のスリルも独自の形で表現されていますし、これまでのメタルギアの作品のショートムービーなんかもあったりします。
あとネタばれになるので、詳しくは言えませんが、メタルギアソリッド3とリンクすることもできます。それによりあるアイテムが3で手に入るのですが・・・。それが素晴らしいものでして・・・。苦戦してる人は欲しいでしょうね。3とアシッド買った方はぜひUSBケーブルもお勧めします。

まあまあ・・・

あまり評判はよくないようでしたが、メタルギアなので買いました。
カードを使うと聞き、不安になっていましたが、何時間かやってみたら結構ハマりました。
メタルギアを知らない人は少し厳しいかもしれません。

メタルギアじゃない

皆さん書いているように、これはメタルギアではないです。
カードですし、動きはターン制(コスト制?)
アクションのメタルギアではないですが
私はとても楽しめたと思います。
歴代の作品のカードは胸くすぐるものがあります。
イラスト描いてる方が某アヌビスの絵師なので個人的に大好きだったり。
お話も別に駄目だったわけでもない。
動きや音はメタルギアのもので、ちょっと嬉しかったり。
ばたばたしていないので携帯機のゲームらしいです。
メタルギアではないですが、十分面白ゲームだと思います。
メタルギアのかくれんぼではなく、戦略を楽しめ良いと思います。

脳トレメタルギア

これはまさに、脳トレゲームのメタルギアと言うべき存在でしょう。原作通りの隠密行動ゲームという地位を維持しながらも、そこに戦略という新たな分野を取り入れた、斬新かつ突飛なゲームだと思います。
ただ残念なのが、原作でも好評なアクション性が皆無です。ただ力押しで突き進む猛将タイプの人には、これはお勧めできません。
加えて、このアシッドは原作と比べて恐怖感を煽るシーンが多く、伝奇物のノベルゲームをやっている気にもなります。
その辺りを考慮してプレイして頂けると幸いだと思います。
METAL GEAR AC!D 2 - PSP
メタルギア ソリッド バンドデシネ - PSP
メタル ギア ソリッド ポータブル オプス - PSP
メタル ギア ソリッド ポータブル オプス + - PSP