Les Miserables Original London Cast / O.L.C.

Les Miserables Original London Cast / O.L.C.

Attributes

ReleaseDate : 2004/06/01
NumberOfItems : 1
Format : Cast Recording
Format : Soundtrack
Format : Import
ItemDimensions : 10052539600
Type : Unknown
EANListElement : 0766927336225
Manufacturer : First Night (Red)
UPCListElement : 766927336225
EANList : 0766927336225
PackageQuantity : 1
Label : First Night (Red)
Studio : First Night (Red)
ProductGroup : Music
Publisher : First Night (Red)
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 2
UPCList : 766927336225
PackageDimensions : 9456740488
UPC : 766927336225
Languages : 英語Unknown
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Prologue: Work Song
2 - Prologue: Valijean Arrested/Valijean Forgiven
3 - Prologue: What Have I Done?
4 - At The End Of The Day
5 - I Dreamed A Dream
6 - Lovely Ladies
7 - Who Am I?
8 - Fantine's Death: Come To Me
9 - Fantine's Death: Confrontation
10 - Castle On A Cloud
11 - Master Of The House
12 - Thenardier Waltz
13 - Stars
14 - Look Down
15 - Little People
16 - Red & Black
17 - Do You Hear The People Sing?

Disc 2 / Track

1 - Love Montage: I Saw Him Once/In My Life/A Heart Full Of Love
2 - Plumet Attack
3 - One Day More!
4 - On My Own
5 - The Attack
6 - A Little Fall Of Rain
7 - Drink With Me
8 - Bring Him Home
9 - Dog Eat Dog
10 - Soliloquy
11 - Turning
12 - Empty Chairs At Empty Tables
13 - Beggar At The Feast
14 - Finale

Les Miserables Original London Cast / O.L.C.

革命直前のフランスの姿を描いたヴィクトル・ユゴーの大作小説に基づいたフランス生まれの無名のミュージカル。本作に収録された1985年のロンドン・キャスト版は、このミュージカルを80年代後半から90年代にかけて世界的イベントに変え、時代を代表する大ヒットミュージカルのひとつにした。たしかに、アラン・ブーブリルとクロード=ミシェル・シェーンベルクによるスコアは、同じテーマ曲を何度となく再利用しているが、その美しいメロディーと心揺さぶる聖歌に心を奪われない観客はめったにいない。そして、コルム・ウィルキンソン(主人公のヴァルジャン)、パティ・ルポーン(悲劇のファンティーヌ)、マイケル・ボール(愛に悩むマリユス)、フランシス・ラッフェル(失意のエポニーヌ)、ロジャー・アラム(ジャヴェール)、アラン・アームストロングとスー・ジェーン・タナー(女将)、レベッカ・ケイン(成人後のコゼット)、デイヴィッド・バート(アンジョルラス)といったすばらしいキャストが名を連ねている。ファンなら、このミュージカルが海を渡ってブロードウェイで上演された際に手直しされた歌曲が、本作に収録されていることに気づくはずだ。ブロードウェイ版では、「Little People」はそっくり消え、「Love Montage」は大幅に書き直されていた。本作は、サウンドが1998年のリマスタリングで一層鮮明になり、ストーリーの要約と全歌詞も付いている。(David Horiuchi, Amazon.com)

こちらもなかなか…

 レミゼのCDというとどうしても10周年のほうが名盤扱いされていて私もそう思うのですが、ロンドンで実際の舞台を見てから目を閉じて舞台を再現しながら聞比べると、やはり、というかこちらの方が感慨深かったです。派手でスケールの大きな10周年盤に対してこぢんまりした印象は否めないのですが、役者が見えると言うか…実際に動いて歌っている姿が映るというか…個人的には"One Day More"は大合唱の10周年盤よりこちらの方が役者の個性が目立っていて好きです。あ、因みにワタシは10周年盤には星5つをつけています。
Les Miserables 10th Anniversary Concert
Les Miserables Complete Symphonic Recordings
Les Miserables Live! The 2010 Cast Album
劇団四季ミュージカル「ノートルダムの鐘」オリジナル・サウンドトラック [海宝ver] (仮)