スチームボーイ スターターキット [DVD]

スチームボーイ スターターキット [DVD]

Attributes

Director : 大友克洋
Director : りんたろう
ReleaseDate : 2004/06/25
NumberOfItems : 1
Label : バンダイビジュアル
Format : Color
Format : Dolby
Format : Limited Edition
Studio : バンダイビジュアル
SeikodoProductCode : BCBA-1966
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 4,104
EANListElement : 4934569619662
Manufacturer : バンダイビジュアル
Publisher : バンダイビジュアル
RegionCode : 2
EANList : 4934569619662
NumberOfDiscs : 1
Brand : バンダイビジュアル
PackageDimensions : 26877288567
AspectRatio : 1.37:1

広告タグの取得

この作品から得られたこと。

「科学・発明は何のためにあるのか?」をテーマに科学を守る者と戦争に使う者の戦いを描いた。
大友克洋監督作品なので構えていたのだがわかりやすかった。
主人公レイ役の鈴木杏は何をやっても天才的、声質はピッタリだし声優としてのテクニックも高度、素晴らしい。
スカーレット役の小西真奈美はちょっと残念、高い声を出さないといけないのでかなり難しい役だが、怒鳴るシーンは画と若干合わない。
児玉清は最初から最後まで違和感が取れなかったな。

絵だけにごまかされてる

絵は確かにすごい分量のアニメをこなしたと思う。
しかしながら、脚本家である大友克洋の人間的表現力に疑問を感じる。以前、メトロポリスでもヒューマンドラマでありながら、なんともあっけないエンディングにしてしまった失敗を、また繰り返している。
今回も、ここぞと言う場面でひいてしまい、感情の躍動を表現し切れなかった。大友克洋に全責任がある。
これに関連した、全ての玩具やグッズが大量に売れ残ってしまっているのが、この映画の失敗を裏付けている。
ほとんどの人が、大友克洋のネームバリューにだまされている。彼は、3流の脚本家だ。大友克洋と騒いでいるのは、世界を知らない、日本人だけだ。彼の絵は、外国の漫画家メビウスの真似で、褒められたクオリティーではない。

この作品から得られたこと。

世界中を驚かせた前作「AKIRA」では、
人類が自分たちでもコントロールできない「巨大エネルギー」に、魅了され、翻弄される姿を描きました。
いわば、原子力。核兵器にとりつかれた時代のころの風刺です。
今回のスチームボーイでは、イギリスで起こった産業革命の時代と、現代を重ね合わせ、
商業主義と倫理の狭間で揺れ動く、科学者達の葛藤を描いています。
現代の科学水準に照らし合わせてみれば、生体科学、DNA、や遺伝子組み換え、「事前遺伝子調査による中絶」、受精卵のEN細胞などに該当します。
スチムボーイこと、レイが最後に語ったセリフ
「これからは科学の時代なんだ」で、
将来に希望を持たせたような感じにはしていますが、
エンディングとは、真っ向から対峙しており、
まさに科学の発展がもたらす、功と罪の二面性を描いています。

動物イジメちゃいかんだろ!

どんな作品を作るのも勝手なんだけど動物を虐待する映画だけは許せない!個人的にね。大友ファンは頑として認めない様だけどこの映画は誰がどう見たってラピュタへのアンサー映画だって。スチームパンク自体宮崎駿の専売特許みたいなもんだし製作前のスタッフ向けの覚書も宮崎駿がやり始めた事だしコンテの書き方も宮崎以降の演出家が真似た事だしそれ以前はあんな細かいコンテなんか誰も描かなかったしね。手塚信者の大友が手塚批判をしてた宮崎を真似る筈がないという人はあまりにも理解が足りない。何故なら漫画家手塚を誰よりも深く理解し尊敬してるのは他でもない宮崎駿だからさ。ハッキリ言って大友の比じゃないんだ。宮崎が批判してたのはあくまでもアニメ作家としての手塚だからさそれすら理解してなかったとするならそれだけで大友は三流だって事。一流は一流を認めるもんだよ。大友が一流ならの話だけどね。宮崎はあぁ見えて物凄いマンガ読んでるからね。昔のじゃないよ今のだよ。どんな若い作家でもバカにしないんだ。良いと思ったらちゃんと認めるんだ。宮崎駿ってそういう作家だから。 このスチームボーイという作品自体大友の作家としての限界を超えてたんだと思う。子供向けに作品を作るってそんな簡単な事じゃないんだよ。この映画は所詮子供騙しにしかなってないもの。

また違う大友さんを観た!

この作品を見て、大友さんの世界の広さを改めて感じました。
本当に凄いわ。いろんな世界を持っている方だ・・・
AKIRAの様な未来物だけでなく、
まったく舞台の異なる19世紀のロンドンを舞台とした
今までの大友さんのイメージをグルリと変える新鮮な作品でした。
映像技術も凄いし、
テーマに科学という難しいテーマできたのが凄い。
これが正しいんだ、という答えを観た人に押しつけるのではなく、
いろんな人の「科学」の考え方が出てきて、
自分にとっての科学はどうなのかと考えさせられました。
特にエンドロームは映画のその後というか、
科学の行方というか、一番テーマとして大切なことが沢山つまっていて
良かったと思います。

大友監督・・

この映画をスクリーンで観なくてよかったと思っています。だってとても退屈だからです。
テーマがはっきりしてる分、個々の登場人物の描写がイマイチでした。
エンドクレジットのストーリーの方が面白く感じました。
脚本さえ良かったらなぁ・・勿体無いですよ。
スチームボーイ メモリアルBOX [DVD]