OLYMPUS コネクティングコード ボイスレコーダー用 KA333

OLYMPUS コネクティングコード ボイスレコーダー用 KA333

Attributes

ReleaseDate : 2004/04/16
PackageQuantity : 1
Platform : Not Machine Specific
Label : オリンパス
Model : KA333
Color : ブラック
Format : Unknown format
PartNumber : KA333
Studio : オリンパス
ProductGroup : Home Theater
EANListElement : 4953170177309
Manufacturer : オリンパス
MPN : KA333
CatalogNumberListElement : 4953170177309
Publisher : オリンパス
EANList : 4953170177309
Brand : オリンパス
CatalogNumberList : 4953170177309
PackageDimensions : 874969197
OperatingSystem : not_machine_specific

広告タグの取得

◆イヤホンジャックとマイクジャックをつなぎます◆ステレオ→モノラル変換プラグ付 /  /

OLYMPUS KA333

イヤホンジャックとマイクジャックをつなぎます。ステレオ→モノラル変換プラグ付。 /  /

ポータブルのヘッドホン出力からの入力にはちょうど良い

以前購入したオリンパスのICレコーダーにこのKA333が標準で付属していたので、そのレビューです。
オリンパスのICレコーダーは、リニアPCMレコーダーであるハイエンドの機種を除きライン入力専用もしくは兼用の端子が無く、マイク入力専用端子しかありません。
そのためCDプレーヤー等外部機器からケーブルを介して直接録音する場合は、このKA333のような抵抗入りのケーブルが必要になります。
抵抗入りでないケーブルを使うと、実際マイク入力の感度設定に関わらず録音レベルがオーバーとなって音が割れます。
マイクの入力感度切り替え(感度設定)は内蔵マイクに対してのみ有効なのではなく、外部のマイクに対しても有効です。従い、外部機器との接続でも送り手側の出力によっては切り替えは有効に使えるケースもあります。
しかし、抵抗入りケーブルで信号を減衰させておいてから受け手(ICレコーダー)側で感度を稼ぐ場合は、言ってみれば無駄な上げ下げをしているわけで、耳につくノイズも増えます。
ノイズの少ない音にするためには、ICレコーダーのマイク感度設定を低くします。(例えば、「低」とか「口述」とか「LO」)
V−22での例を挙げると、
・ポータブルCDプレーヤーなどのヘッドホン出力と繋げた場合、CDプレーヤーのボリュームはMAX付近にし、ICレコーダーの感度設定をLO(口述)にするとノイズが少なくかつちょうどよい録音レベルになります。
・据置型CDプレーヤー等のライン出力(出力固定)と繋げた場合、ICレコーダーの感度設定をLO(口述)にすると録音レベルが低すぎます。再生音は、聞きやすいレベルにボリュームを上げるとノイズが目立つようになります。
・同据置型と繋げて、ICレコーダーの感度設定をHI(会議)にすると録音レベルはちょうどよくなりますが、ノイズは増えます。
このように、このケーブルはヘッドホン出力と繋げた時にベストなパフォーマンスとなります。
このことは、ICレコーダーの出力の小さいスピーカーで聞く場合にも適度な音量が得やすい結果になります。
モノラル変換プラグが標準で付属していますが、それが必要ないなら安い他社の同等抵抗入りケーブルでもいいかもしれません。
ライン出力と繋げる場合は、他メーカーの抵抗入りケーブルで相性の良いのを探した方が良いでしょう。
実際、Amazonで扱いのあるArvelのMA115PSRはライン接続に適正があり録音レベルは適度になります。

満足しています。

欲しかったものが、手にできてありがとうございました。

特徴

4953170177309
コニーエレクトロニクスサービス コンクリートマイク 録音 フラット ダブル リバーシブル 高感度 FL-330
OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek 4GB MicroSD対応 V-842 シルバー V-842 SLV
OLYMPUS ICレコーダー Voice-Trek V-863 シャンパンゴールド V-863 GLD
OLYMPUS Voice Trek ICレコーダー シルバー V-862 SLV