金瓶梅 [DVD]

金瓶梅 [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2004/10/06
NumberOfItems : 1
AudioFormat : Mono
Format : Color
Format : Dolby
Format : Widescreen
SeikodoProductCode : KIBF-2520
Type : Subtitled
Type : Original Language
EANListElement : 4988003960643
Manufacturer : キングレコード
RegionCode : 2
EANList : 4988003960643
AspectRatio : 2.35:1
Director : リー・ハンシャン
IsEligibleForTradeIn : 1
TradeInValue : 574JPY¥ 574
Label : キングレコード
Studio : キングレコード
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 4,298
FormattedPrice : ¥ 574
Publisher : キングレコード
Language : 日本語Subtitled
Language : 北京語Original LanguageMono
Actor : ヤン・チュン
Actor : フー・チン
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5871018542
Languages : 日本語Subtitled北京語Original LanguageMono
Name : 日本語
Name : 北京語

広告タグの取得

   中国四大奇書のひとつで中国エロス文学の古典といわれる「金瓶梅」を、巨匠リー・ハンシャンが映画化。1974年の香港興行収入第6位に輝き、日本でも76年に劇場公開された。
   明の時代、山東省の豪族、西門慶は、街で妖艶な人妻、潘金蓮を見初め、関係を結ぶや、夫を亡き者にして第5夫人に迎える。しかし絶倫の西門慶の女漁りは止まらない。嫉妬に狂う潘金蓮は悪女と化していく…。
   稀代のプレイボーイが、纏足の美女と繰り広げる、愛と欲望のめくるめく官能絵巻。ヤン・チュン、フー・チン、タニー・ティエンら豪華キャストによるセックスシーンは、覗きあり、SMありで今みてもかなり刺激的。さらに注目なのが無名時代のジャッキー・チェン(当時の名は陳元龍)が、街のくだもの売り役で出演していること。当時まだ20歳。ファースト・シーンからいきなり登場、コミカルな演技をみせる。ちなみにジャッキー自身が演じるHシーンはありません、念のため。(望月美寿)

金瓶梅 [DVD]

中国四大奇書のひとつで中国エロス文学の古典といわれる「金瓶梅」を、巨匠リー・ハンシャンが映画化。1974年の香港興行収入第6位に輝き、日本でも76年に劇場公開された。
明の時代、山東省の豪族、西門慶は、街で妖艶な人妻、潘金蓮を見初め、関係を結ぶや、夫を亡き者にして第5夫人に迎える。しかし絶倫の西門慶の女漁りは止まらない。嫉妬に狂う潘金蓮は悪女と化していく…。
稀代のプレイボーイが、纏足の美女と繰り広げる、愛と欲望のめくるめく官能絵巻。ヤン・チュン、フー・チン、タニー・ティエンら豪華キャストによるセックスシーンは、覗きあり、SMありで今みてもかなり刺激的。さらに注目なのが無名時代のジャッキー・チェン(当時の名は陳元龍)が、街のくだもの売り役で出演していること。当時まだ20歳。ファースト・シーンからいきなり登場、コミカルな演技をみせる。ちなみにジャッキー自身が演じるHシーンはありません、念のため。(望月美寿)

原題は金瓶雙艶(金蓮と瓶児)

ジャッキー・チェン若っ!!
…一般の方が見ると以上の一言で終わりそうな気がします。
原題でお分かりのように、金瓶梅の邦題ですがメインは
潘金蓮、李瓶児の2人が西門慶の手に落ちるまでのいきさつと、
最後は西門慶がさっくり腹上死して終わります。
とは言っても金瓶梅の梅にあたる春梅もちゃんと出てきて、西門慶とのからみもあります。
不満を申せば、金蓮、瓶児共にあんまり美人でない…といいますか
時代を感じさせる顔立ちでおられるので、今の感覚からするとちょっと古いなーと思います。
春梅もなんか歳いきすぎな気が。
あと、原作では西門慶に嫁いでからは一気に悲劇のヒロインぽくなる
李瓶児(それゆえ人気もあると思うのですが)がこの話では
西門慶と結婚するまでに重点がいっているので、悪女全開です。
私の様に水滸伝から金瓶梅を読んだ人間にとっては武松が出ないのも不満かも知れません。
せめて最後には彼に金蓮を叩斬ってほしかった。
なんか文句ばかりになりましたが、映像化は不可能では?!!と思われた
葡萄園のシーンがあったので3点献上。

ポルノでない金瓶梅が見たい~♪

私がうーんと前にレンタルビデオ屋さんに行ったら、このビデオ(当時)は何故か?(当然か?)アダルトコーナーにあって、非常に借り辛かった記憶がある。で、観た感想「あ、これって武松のトラ退治が最初じゃないんだなあ~」って。確か西門慶が悪友たちと義兄弟の契りを結ぶシーンからだったと思う。で、がっかりした。後は・・・延々ポルノで(TT)。そりゃ金瓶梅は稀代のポルノですよ!でもね、それだけじゃない、明代の生活を事細かに書いてくれていて非常に興味深いのです。纏足一つにしても。また稀代の悪女潘金連や、本妻呉月娘や、他の妻妾たちとのいざこざも見てみたい。女性の私としては、そういう風俗も含めて、殿方が好きな(私も嫌いじゃないけど)ベッドシーンを上手に処理して、この四大奇書の一つを映画化してくれないかなーと思うのです。お金も時間もとてもかかると思うけど。☆2つはリーハンシャンに対する敬意。私の中ではホントは☆1個だな・・・。