ドニゼッティ:歌劇「ルチア」全曲 [DVD]

ドニゼッティ:歌劇「ルチア」全曲 [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2003/12/26
NumberOfItems : 1
Format : 色
ItemDimensions : 0
SeikodoProductCode : KIBM-1018
Manufacturer : キングレコード
EANListElement : 4988003958152
RegionCode : 2
EANList : 4988003958152
Brand : キングレコード
AspectRatio : 1.33:1
Artist : ザナーシ(マリオ)
Artist : スコット(レナータ)
Artist : ベルゴンツィ(カルロ)
Label : キングレコード
Studio : キングレコード
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 4,860
Publisher : キングレコード
Actor : ザナーシ(マリオ)
NumberOfDiscs : 1
PictureFormat : Academy Ratio
PackageDimensions : 5871018542

広告タグの取得

ベルカントの真髄

もう、どこをとっても素晴らしいの一言です。しかしやはり主役の歌手陣が光っている。まずはルチア役のスコットである。たっぷりとした声量と透き通った声は聞く者を彼女の世界へと連れて行く。そして何よりも凄かったのが、[狂乱の場]でのコロラトゥーラである。コロラトゥーラというとカラスやグルヴェローヴァを思い浮かべるが。スコットも素晴らしい超絶技巧の持ち主だったことを再認識させられる。
そしてエドガルド役のベルゴンツィがまた素晴らしい。ドラマティックかつ甘いその美声はどんな役でもこなしてしまう。エドガルドのハイライトはもちろん最後の「わが祖先の墓よ・・おまえは昇天の翼をひろげた」であるがこの10分以上ある長い部分を完璧に歌いきる。高音域もしっかりしていうことがない。「わが祖先の墓よ」後のブラヴォーと拍手の嵐は印象深い。
ところが今回一番共感したのはエンリーコ役のマリオ・ザナーシである。これまで名前も聞いたことがなかったので、彼の歌唱には驚いた。何一つとして傷がなく、正統派ベルカントと言ったところであろう。容姿もよく、全てにおいて完璧である。バスティアニーニにも引けをとらないとおもう。録音が少ないのが惜しまれる。
舞台のセットも気に入りました。本当に非の打ち所がない舞台です。
まぁ、非があるとすればスコットの顔ぐらいか?

スコットがすばらしい!

なんといってもスコットの歌と演技がすばらしいです。
決して美人ではないのですが、役を見事に体現しています。
本当に説得力があるし、存在感があります。実に魅力的です。

ベスト盤でしょう

ソリスト全員がベストのパフォーマンスを見せてくれています。歌唱の見事さはいちいち言うまでもありません。古今東西の名ソプラノ、名テノール、名バリトンが持てる力と技術の粋を尽くして演じてきた名曲なので、ちょっと見回しても、出回っているCD,DVDは星の数ほど。ただ、メインのソリストの「すべて」に満足できるのは今のところこれ1点です。
合唱団の「小芝居」がまた、なかなかいい味、演出面もオーソドックスで安心してみていられます。
私自身にとっての「ルチア」入門となった盤ですが、素晴らしいものにめぐり合えたと思っています。余談ですが、この公演のCDも出ていますが、耳だけで集中して聴いてみても、その水準の高さがよくわかります。
アンドレア=シェニエ*歌劇 [DVD]
アイーダ*歌劇 [DVD]
オテロ*歌劇 [DVD]
J.シュトラウス 喜歌劇《こうもり》全曲 [DVD]