BUFFALO 有線BBルータ ハイエンドセキュリティモデル [BBR-4HG]

BUFFALO 有線BBルータ ハイエンドセキュリティモデル [BBR-4HG]

Attributes

ReleaseDate : 2003/12/20
Platform : Not Machine Specific
Model : BBR-4HG
Format : Unknown format
ItemDimensions : 168
Manufacturer : バッファロー
EANListElement : 4981254647110
LegalDisclaimer : 動作保障は メーカーの動作対応端末に限ります。
EANList : 4981254647110
CatalogNumberList : 4981254647110
Brand : バッファロー
PackageQuantity : 1
Label : バッファロー
PartNumber : BBR-4HG
Studio : バッファロー
ProductGroup : Personal Computer
FormattedPrice : ¥ 3,672
CatalogNumberListElement : 4981254647110
MPN : BBR-4HG
Publisher : バッファロー
PackageDimensions : 252882168677
OperatingSystem : not_machine_specific

広告タグの取得

◆最大98.7Mbps(SmartBits2000測定値)の高速スループットで、快適なブロードバンド環境を実現。スピード重視のハイエンドモデル。 /

BUFFALO 有線BBルータ ハイエンドセキュリティモデル [BBR-4HG]

FTTHにも対応、実効スループット96.5Mbps(最大98.7Mbps)実現! /

有線ブロードバンドルーターの標準機種としておすすめ。


BUFFALO BBR-4HG は個人ユーザーがセキュリティー上ケーブルモデムやADSLモデム直結を避ける目的で使用するには最適の機種だと思います。内蔵されたファイアーウォール機能は必要十分なものですし、それらを設定するブラウザベースの設定ツールも親切でわかりやすく使いやすいものです。
各自のスキルに応じてかなり高度な設定も可能ですから個人利用については文句のない機種だと思います。ただ、ちまたでよく言われるとおり、この種の機器としてはけっこう発熱量が大きい方なので風通しの良い場所に設置するなどして、クーリングに気を遣ってやると良いかもしれません。
セキュリティーレベルを「高」に設定してパケットフィルターも設定してCATV回線(20MBコース契約)に接続しているのですが、ルーターをかませたことによる通信速度の低下はほとんど無く常時15MB〜23MBでています。ただし、回線種類や速度やその他の環境によってこれは異なってくるので、あくまでも私の環境の場合と言うことですが。
いずれにしても、どれにするか迷ったらまずは検討する価値のある機種だと思います。
発熱量をもうちょっと少なくしてくれれば「星5つ」なのですが、現状でも大変満足しています。おすすめです。

安定

別サイトを見ると、
一番売れているシリーズらしいと分かり、検討しました。
BBR-4MGと悩みましたが、
値下げのお得感でこちらを選択しました。
レビュー数も多いですし。
設定も付属CD使うだけでラクチン。接続も安定してます。
ただ問題点が・・・。
フレッツスクウェアv6に何故かつながらないのです。
通常のスクウェアには繋がるのですが・・・。
v6のパススルー機能には対応しており、ONにしているので、
謎です。
サポートに問い合わせても、機器の設定はそれで全てです。
と・・・。
NTT東日本のモデムにはルーター機能がないので、
これから買う人で、v6使いたい人は
NTTが動作確認している会社の製品を買ったほうがいいかもしれません。
追記
原因はIPv6リゾルバ(NTTから配布される専用プログラム)
をオンにしていないことにありました。
アイコンが出ているので起動していると思っていたのですが、右クリック→有効化という操作が必要なようです。
というわけで、IPv6は利用可能です。
尚、このシリーズでIPv6に対応しているのは
このモデルだけなので、注意しましょう。詳しくはバッファロー公式HPで。

スループットに大満足

~eoホームファイバーを導入して、AirMacEXBSを介して有線直結していましたが、リンク速度が20Mを下回る程度でしたので、この製品を購入してみたところ、軒並み60Mを超える速度が出るようになりました。これは、ルータを使わずコンバータに直結した速度とほぼ同等で、この製品のスループットの高さは、うたい文句に偽り無しといった感じです。設定もブラウザから簡単~~に出来ましたので、私個人としては、おすすめの製品です。~

ローカルルータとしても使えます

マニュアルにもWebにも書いてありませんが、箱に小さく「NAT機能ON/OFFが可能。OFF時にはローカルルータとして動作します」と書いてあります。予算¥5000以下でIPフィルタ付きローカルルータとして使えます。ファイアーウオールを構築するならPC-UNIXでNICを2枚挿してか、L3スイッチを使うのが定番なのですが、このルータも同等の事ができます。低価格にDMZを作ってLANはファイアウオールで固めたいという時には大変リーズナブルな製品だと思います。IPフィルタのルール設定は非常に癖があり、暗黙に全てのプロトコルが許可された状態なので基本的にLAN,WAN全てのプロトコルを拒否した上で追加で許可のルールを書き足すという方法しか取れない模様です。あとIPフィルターを有効にするとスループットが40Mbpsに低下します。10Mbps ¥1000と諦めるか、もっと高価なL3スイッチを買うかは判断の別れる所ではないかと思います。

価格について

どうも一個前の価格に関する意見に対し、参考にならないとの意見が多数のようなので、考察してみる。
(とはいえ、有線と書いてあるものを、無線と勘違いしたことによる星2評価は、メーカにも酷な話しではあるが。)
BBR-4HGはBBR-4MGというエントリーモデルの上位にあたり、2000円の差がある。
マニュアルを比較してみると、両機種の差異は非常に軽微であり、機能差は正直わかりかねる。
スループットがBBR-4MGがSmartBits2000測定で83.5Mbpsとかいてあり、BBR-4HGには98.7Mbpsとなっている。
他にはBBR-4HGにはアタックブロック等という機能があるようで、WEBの情報ではBBR-4MGにはついていない。この機能はDoS攻撃の際にメールで通知し、コンピュータ−には被害がでないとのことだが、基本的なルーターであればコンピュータ−に被害がでない仕組みは当然であり、逆にBBR-4MGでは被害がでるのかと突っ込みたくなる記載である。もちろん、BBR-4MGでも防ぐ事はできる。
ここはさすがにバッファロー社という褒めるポイントではあるのだが、それ故に価格差の説明が難しい訳である。
上記により、この不正アクセス発生時のメール通知機能と、15.2Mbpsの速度差のみが購入前の調査から分かる範囲であり、この2項目に対して2000円の価値を見いだすことができなければ、高いという評価は妥当ではなかろうか。
差が15.2Mbpsでは、例えば家庭が100M完全に出る場合の理論値においても、100MByteの動画をダウンロードした場合に1.47秒程度の差が発生するに過ぎない。
なおPPPoEの理論値で比較をした場合は差は2.43秒と広がるが。(MTUやらヘッダサイズ等の難しい理屈は省いた単純な計算であるが。)
不正アクセス発生時にメールを確認した場合でも、実際にユーザーが何らかのアクションをするわけでもないので、私的には家庭用ルータに必要なのかどうかの判断は難しい。
以上のように、これらの差異に価値が見いだす事ができる人には本製品を推奨するが、よくわからないと言った場合には素直にBBR-4MG、もしくは他社製品をお勧めする。

はやい、やすい、うまい かな(^^ゞ

とにかく、安いです。
この値段で、これだけの スピードとセキュリティであれば、衝撃的です。
今まで、同社の BLR3-TX4Lから乗り換えです。
高速サービスに進むため、高性能の物を探していました。
通常は、セットアップも、特に問題はなくできます。
だだ、一つだけ、問題を発見しました。
それは、LAN側のIPアドレスを設定する項目で、
サブネットマスクが "255.255.255.*" から、
"255.0.0.0”などに、変更できません。
仕方なく、255.255.255.0に すべてのネットワークを変更。
無線LANもセットアップしなおしました。
これには、参りました。BLR3-TX4Lでは、出来ていた機能であり 改善を望みます。
ファームウェアの更新に、熱心なメーカーであり 今後に 期待です。。
 

設定を確認して使いましょう

フレッツ・セーフティからの乗換えで購入しました。確かに、セキュリティも含めて機能は充実していると思うのですが、デフォルトの設定ではセキュリティレベルが「低」になっています。(このあたりが気にくわないので星1つ減らしました)また、フレッツ・セーフティ対応機器のデフォルトでは無効になっていたUPnP(ユニバーサルプラグアンドプレイ)機能とIPv6サービス対応機能が、この商品ではデフォルトで有効になっています。きちんと設定を確認して使いましょう。設定に注意して使えば、良い商品だと思います。ちなみに、セキュリティレベルを「高」にして、UPnP機能を無効にしても、オンラインゲームはできます。また、オンラインゲームの露店寝放置にも耐えているので、安定性も悪くないと思います。
蛇足ですが、フレッツ・セーフティからの乗換えの方へ・・・このルータにはウイルスチェック機能は付いていないので、パソコンにインストールするタイプのウイルス対策ソフトを導入していない場合は、導入することをおすすめしますが、親切なことに、付属のCDに「ウイルスバスター」の90日体験版も入っているので、それをインストールすれば良いと思います。私も、前にパソコンを買い換えたときに、それが付いていたので、愛用しています。

Bフレッツにしてもこれなら安心

昨年の11月にADSLからBフレッツに乗りかえたのですが、7Mほどの速度しか出ず、原因を探ってみたところ、ルーターの内部スループットが低いせいだと判明しました。「Bフレッツ対応」を謳っているルーターだったのですが、「Bフレッツ対応」とはBフレッツで使えるがBフレッツの速度を生かせるとは限らないと言う意味だと、その時初めて気づきました。早速このルータを導入したら、ルーターを介さないときと同様の50~60Mと言う速さがコンスタントに出ています。この値段でこれだけ快適な環境が得られるとは、良い時代になったものです。

負荷が高いと落ちる

長年この製品を使ってきましたが、今回「NetGenesis SuperOPT100E」に買い換える事にしました。
理由は最近P2Pを始めるようになり、同時接続先が増えたりして負荷が高まると4HGがダウンしてしまい、アダプタ抜き差ししてリセットしないと復旧しないからです。他のサイトの評価でも同じ現象が起きているようです。
ただ、値段が安い(OPT100Eの3分の1)、その割に高性能、通常使用では問題なし。なので、一般の方が使うには十分オススメだと思います。

コストパフォーマンスが高い製品

Buffaloの初期の無線LAN/ルーター系の製品は、説明書が多く、読むのも理解するのも大変で、接続するのは一苦労だった。しかし、製品が普及し、世の中の多数の人の意見を取り入れて頂いたのか、説明書が少なくなり、読むものが減った事、接続の容易さなと、かなり使いやすくなってきた。また、驚くほど機能が充実し、特にセキュリティ機能が強化されているように見える。アタックブロック、SPI(ステートフル パケット インスペクション)、パケットフィルタリング、ログ機能のようなものがあるだけでなく、VPNパススルー、ダイナミックDNSなどの機能もあり、スペック的には値段から考えて何の問題もないように思えた。
また、インタフェース的にも簡単操作が前面に出て、複雑な設定を見えなくしていて、初心者には分かりやすい。しかし、細かい設定をしたい中級以上の人にはどうして良いか分からず、以前とのあまりのインタフェースの違いに少しとまどった。スマートに見せるのではなく、分かりやすく見せてほしかった。
これ以外にも、Linuxサーバーにデータを受け渡すために、アドレス変換の設定をしたのだが、これに驚くほど時間がかかる。数十秒では収まらないほど待たされる。製品の化粧箱の裏の機能(スペック表)を見ていては分からないが、こんなに時間がかかるのはおかしい。あげくのはてにうまく設定できないことがあった。何となくバグが潜んでいそうな気がする。
しかしながら、値段の安さ、筐体の小ささ(電源アダプタはまだ大きい)とつなぎ安さ、実効速度の速さ、機能の豊富さを併せて考えれば、満足が行く商品だと言える。

特徴

仕様:有線ブロードバンドルーター

特徴

カラー:ホワイト

特徴

外形寸法・重量:(幅)145mm x (奥行)33mm x (高)124mm / 270g
BUFFALO ブロードステーション リモートアクセス&Giga対応 有線LANルーター BHR-4GRV2
エレコム LANケーブル 5m スーパーフラット CAT6準拠 ブラック LD-GF/BK5
BUFFALO 有線ルータ BBR-4MG BroadStation エントリーモデル
BUFFALO 法人向け 管理者機能搭載 無線アクセスポイント WAPM-1266R