コンプリート・ヴォリューメン 1993-2003 グレイテスト・ヒッツ [DVD]

コンプリート・ヴォリューメン 1993-2003 グレイテスト・ヒッツ [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2003/11/01
NumberOfItems : 1
Format : Color
Format : Dolby
Format : Limited Edition
SeikodoProductCode : UIBP-9010
EANListElement : 4988005346650
Manufacturer : ユニバーサル インターナショナル
RegionCode : 2
EANList : 4988005346650
AspectRatio : 1.33:1
Artist : ビョーク
Label : ユニバーサル インターナショナル
Studio : ユニバーサル インターナショナル
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 3,456
Publisher : ユニバーサル インターナショナル
Actor : ビョーク
NumberOfDiscs : 1
PictureFormat : Academy Ratio
PackageDimensions : 4774044567

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - ヒューマン・ビヘイヴィアー
2 - 少年ヴィーナス
3 - プレイ・デッド
4 - ビッグ・タイム・センシュアリティ
5 - ヴァイオレントリー・ハッピー
6 - アーミー・オブ・ミー
7 - イゾベル
8 - イッツ・オー・ソー・クワイエット
9 - ハイパーバラッド
10 - ポッシブリー・メイビー
11 - アイ・ミス・ユー
12 - ヨーガ
13 - バチェラレット
14 - ハンター
15 - アラーム・コール
16 - オール・イズ・フル・オブ・ラヴ
17 - ヒドゥン・プレイス
18 - ペイガン・ポエトリー
19 - コクーン
20 - イッツ・イン・アワ・ハンズ
21 - ネイチャー・イズ・エインシャント
   ビョークのソロ・デビューから03年までの全ビデオ・クリップを集めた作品で、00年に出た『ヴォリューメン』を全21曲に拡大させた完全版。
   ビョークのビデオ・クリップは、アルバムやライヴと同様に彼女の重要な表現方法といえるもので、単なるプロモーション映像ではなくアート作品と呼べるほど完成度が高い。カラフルな映像の初期作品もいいが、やはりサード・アルバム『ホモジェニック』以降の曲がすごい。斬新でぶっ飛んだアイデアが次々に出てきて、ひたすら圧倒される。「ハンター」ではスキンヘッドのビョークが突如としてアザラシ(?)に変容し、「オール・イズ・フル・オブ・ラヴ」ではサイバー・パンク的なサイボーグ姿になり、「ヒドゥン・プレイス」では超どアップの彼女の顔に絵の具のような物体がうごめき、どんどんエスカレートしていく。
   どれもビョークらしくキッチュすれすれのセンスなのだが、表現者としての欲求を極限まで突き詰めているかのようで、息を呑むほどの迫力だ。彼女の音楽同様、映像も完全に独自の世界を築いている。(小山 守)

コンプリート・ヴォリューメン 1993-2003 グレイテスト・ヒッツ [DVD]

ビョークのソロ・デビューから03年までの全ビデオ・クリップを集めた作品で、00年に出た『ヴォリューメン』を全21曲に拡大させた完全版。
ビョークのビデオ・クリップは、アルバムやライヴと同様に彼女の重要な表現方法といえるもので、単なるプロモーション映像ではなくアート作品と呼べるほど完成度が高い。カラフルな映像の初期作品もいいが、やはりサード・アルバム『ホモジェニック』以降の曲がすごい。斬新でぶっ飛んだアイデアが次々に出てきて、ひたすら圧倒される。「ハンター」ではスキンヘッドのビョークが突如としてアザラシ(?)に変容し、「オール・イズ・フル・オブ・ラヴ」ではサイバー・パンク的なサイボーグ姿になり、「ヒドゥン・プレイス」では超どアップの彼女の顔に絵の具のような物体がうごめき、どんどんエスカレートしていく。
どれもビョークらしくキッチュすれすれのセンスなのだが、表現者としての欲求を極限まで突き詰めているかのようで、息を呑むほどの迫力だ。彼女の音楽同様、映像も完全に独自の世界を築いている。(小山 守)

アートの領域に入った映像作品群

私が最初に買ったビョークのDVD。
彼女の存在感もデビュー当時からVespertineまでスピードを落とさない。
監督の面々もすばらしい。スパイク・ジョーンズ、ミシェル・ゴンドリー、そして、クリス・カニンガム。クリスの作品のAll is full of loveは賞を受賞したほどの出来。
私的にPagan Poetryがお気に入り。

いってる(笑)

ビョークのPVはこれを買ってはじめて見た。
一生忘れられないだろうってくらいの衝撃度だった…
とくにコクーン…
ぱっと見笑ってしまう…
しかし味はある(んだろう…きっと…自信ないけど)
とにかくビョークのいってる感は全編を通してズガーんって伝わった!
買って損なし!

不思議に気になっていて・・・

何となく買ってみたのですが・・・買いで正解!
過去に観た記憶があるPVも、見た事のないPVも、共に沢山入っていましたが、改めて見てもインパクトのあるPVばかりでした。というかビヨークのPVには一度観たら忘れられないシュールな作品が多いので、見終わった後はなんとなく不安な気分になるかもしれません。その不安感がまた心地良いんですけどね。もしも、自分の記憶にあるビヨークのPVが好きだと言える人は、買って損はないと思います。少なくとも自分はそうだったので。

楽しいです。

ビョークのデビューからヴェスパタインまでのビデオクリップ集ですが、価格も安いし、ボリュームもたっぷり、なにも文句がつけられません。 それに、昔はプロモーション・ビデオと言うと取って付けたような、あるいは音楽そのものを踏みにじったようなものが多かったですが、これは両者がうまく共存しており、あるものはドラマ性、あるものは芸術性においてのコラボレーション作品と捉えられるようなハイクオリティーかつ面白み(ユーモア)にとんだ傑作と言えます。 曲だけでは表現できないものを映像が補っている、そして共存している、まことに稀有な例と言えるでしょう。
ダンサー・イン・ザ・ダーク [DVD]
Biophilia Live(2CD+Blu-ray)
グレイテスト・ヒッツ
バイオフィリア・ライヴ [Blu-ray]