K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE [DVD]

K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2005/06/22
NumberOfItems : 1
Format : Color
ItemDimensions : 18
SeikodoProductCode : FHBL-1003
EANListElement : 4988027022020
Manufacturer : BMG JAPAN
RegionCode : 2
EANList : 4988027022020
Brand : ファンハウス
AspectRatio : 1.33:1
Artist : 小田和正
Label : BMG JAPAN
Studio : BMG JAPAN
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 5,184
Publisher : BMG JAPAN
Actor : 小田和正
NumberOfDiscs : 1
PictureFormat : Academy Ratio
PackageDimensions : 5871018542

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - 緑の街
2 - 風の坂道
3 - 風に吹かれて
4 - やさしさにさようなら
5 - 遠い海辺
6 - 秋の気配
7 - 思い出に変わるまで
8 - so long my love
9 - 愛を止めないで
10 - もっと近くに
11 - ラブ・ストーリーは突然に
12 - 僕の贈りもの
13 - そのままの君が好き
14 - 伝えたいことがあるんだ
15 - 君との思い出
16 - 風のように

小田和正ソロ初の映像

小田和正のライブ映像としては,『小田和正カウントダウン・
ライブ ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!』が出ています
が,これは,2000年12月収録のもの。この映像は,小田和正
ソロ初の映像といってよく,1998年2月3日の東京国際フォー
ラムでの最終公演の模様を収めたものです。ビデオが出ていました
が,今回はそのDVD版。
曲目も次のような構成になっています。
1,緑の街
2,風の坂道
3,風に吹かれて
4,やさしさにさようなら
5,遠い海辺
6,秋の気配
7,思い出に変わるまで
8,so long my love
9,愛を止めないで
10,もっと近くに
11,ラブ・ストーリーは突然に
12,僕の贈りもの
13,そのままの君が好き
14,伝えたいことがあるんだ
15,君との思い出
16,風のように

生のライブは100倍おもしろい

生でライブを何度もみている僕としては、小田和正はこんなもんじゃないといいたいです。これでは臨場感ゼロ。ビデオクリップ集をみているようだ。曲間のMCも最後におまけ程度に流すのではなく実際の進行どうりにやってほしかった。過度の編集は必要ないです。

編集が雑すぎ!

小田さんのライブは、生で観る機会がなかなかなくて、このDVDで初めてみましたが、曲ごとのアレンジなんかは素晴らしいのですが、あまりにも編集が雑で正直なところ、こんな編集なら私自身がやった方がまだ、マシといえる出来でした。
ライブを映像を商品化する場合は、個人的にはノ-カットを大前提に行なって欲しいものだが、もしこれが定番化するとなれば、ライブ会場まで足を運ばなくなるという事がプロモ-ションサイドで危惧されるという事になるのか?
日頃から、ライブDVDについて思う事があるのですが、この,K.ODA TOUR 1997-1998 THRU WINDOW LIVEを例にとると、編集したり、内容をカットしたりするということは、「同タイトルライブ」であって「同タイトルライブ」 ではない様でなりません。
発売元の方へ、編集やカットして販売しなくても、ライブはライブにしかない良さ、というのはDVDでは太刀打ちは出来ません!あくまでも、本当にライブが好きな人にとって元来DVDとは、当時を振り返る為のものとなりうるわけでそういう意味では非常に大切な物なんです。是非とも、これから先、ノ-カットで発売する事が定番化することを祈っています。

テレキャス抱えて歌う棟梁は元気です

実のところ、コンサートのライブ映像はあくまでも前ふりで、
一番最後に出てくる、小田さんの「御当地紀行」が一番の見どころ。
変なおじさん化した小田さんが出ている。
こんなおやじだったのか~と思う。
思わず、吹き出してしまった。ほほえましい。
ライブのほうは、うーん、、、いまいち音質悪し。
一緒に買ったオフコースの1987ツアーの方がよいくらいだ。
ソロ後の映像は、BSで小田特集の時に、コンサート映像をコマ切れで観たことがあったが、DVDでは初めてです。
特にテレキャスターを抱えるようになった小田氏の映像はカッコいいですネ。
昔の映像あるなら、ガンガン出してね。社長。

ご当地紀行がおもしろい

樹々の間から木漏れ日が輝いている場面のスライドが、とても美しくてよかったです。
また「やさしさにさようなら」と「風に吹かれて」の歌詞が、オフコース時代のものと一部違っていて、とても驚きました。
選曲は、今まで持っていたDVDとほとんど違う曲で、すべて気に入りました。
おまけとして、小田さん恒例のいろんな所での「ご当地紀行」が収録されていましたが、それがすごくおもしろかったです。
小田さんはごく普通にしておられるのですが、なぜか笑えました。
99分という収録時間も、私にとっては長すぎずちょうどよい時間でした。
「歌」と「旅」という二部構成はとても楽しめました。

ソロ過渡期における活動過程

最近ではテレビの露出も若干行い、またファンを大切にする姿を遠慮なくさらけだすことも多いが、オフコース時代はそういった姿は音楽の邪魔になるといわんばかりに、言葉も少ないステージだった印象があります。
その中でも、昔の曲を素直に受け止め、新しい気持ちで演奏をし、またフアンに向けて自分のしてきたことや、作り出してきたものを認めて、といった素直な感じを受けるステージです。
ボーカルについても不安定なところも、手直しをあまりしていないようですが、そこがまた人間臭くて好きです。
オフコースのストレートなノリから、現在のソロ作品の多くを占める横ノリの曲がちょうど入れ替わる時期でもあり、バラエティには富んでいます。

隠し味が効いてます

「クリスマスの約束2009」でもいろんな意味であの集団の、そして小田君の心の良きバランサーとして存在していたであろう山本潤子さんが、バックボーカルで参加しているライブです。 ちょっと贅沢な隠し味を楽しめます。

いつもの小田さん

自己ベストからファンになった10代ファンですが、小田さんのDVDはカウントダウンに続いて2作目です。
全体的に最近のコンサートと違った雰囲気で新鮮な感じがしました。
小田さんも若々しいし、サングラスかけてる所とか素敵ですね。
内容はもちろんいいです。
何度も繰り返しみれます。
総合的にみても買って損はしません。

ご当地紀行が面白い!

 ご当地紀行がとにかく面白いです。ステージ上ではかっこよい(?)小田さんですが、そのギャップには笑えます。
 曲は悪くないけど、編集が荒っぽいのは否めないですね。

ずっと小田さんのファンで良かった!!

全体的にセピア色の色調のアダルトな雰囲気のライブです。
小田さんの声にはオフコースの頃の透明感のある声に力強さが加わってきていて、更に魅力的です。こんなに素敵な50代って他にいないです・・・。
山本潤子さんや今滝真理子さんのバックコーラスもお洒落な大人のライブを演出しています。園山さんのサックスも切なくて心の中に染みわたります。
ずっと小田さんのファンで良かったと改めて感じさせてくれるライブです。
あと忘れてはならないのがおまけについている「ご当地紀行」です。これはファンにとってはたまりません!!でも、初心者の方はご注意下さい。素顔の小田さんを知るとますます小田ワールドから抜けられなくなりますから・・・
小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!! [DVD]
小田和正コンサート“どーもどーも"その日が来るまでin東京ドーム [DVD]
この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景
Off Course 1982・6・30 武道館コンサート [DVD]