ザ・グレイテスト・ヒッツ [DVD]

ザ・グレイテスト・ヒッツ [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2003/10/22
NumberOfItems : 1
Format : Color
Format : Dolby
Format : Limited Edition
SeikodoProductCode : BVBA-21022
EANListElement : 4988017221327
Manufacturer : BMG JAPAN
EANList : 4988017221327
AspectRatio : 1.33:1
PackageQuantity : 1
Artist : ホイットニー・ヒューストン
Label : BMG JAPAN
Studio : BMG JAPAN
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 3,024
Publisher : BMG JAPAN
Actor : ホイットニー・ヒューストン
NumberOfDiscs : 1
PictureFormat : Academy Ratio
PackageDimensions : 5871018542

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - そよ風の贈りもの
2 - すべてをあなたに
3 - 恋は手さぐり
4 - グレイテスト・ラヴ・オブ・オール
5 - すてきなSomebody
6 - 恋のアドバイス
7 - やさしくエモーション
8 - ブロークン・ハーツ
9 - アイム・ユア・ベイビー・トゥナイト
10 - この愛にかけて
11 - 星条旗よ永遠なれ
12 - オールウェイズ・ラヴ・ユー
13 - ため息つかせて
14 - アイ・ビリーヴ・イン・ユー・アンド・ミー
15 - アイム・エヴリ・ウーマン
16 - アイ・ハヴ・ナッシング
17 - ラン・トゥ・ユー
18 - クイーン・オブ・ザ・ナイト
19 - ステップ・バイ・ステップ
20 - ハート・ブレイク・ホテル
21 - マイ・ラヴ・イズ・ユア・ラヴ
22 - イッツ・ノット・ライト・バット・イッツ・オーケイ
23 - アイ・ラーンド・フロム・ザ・ベスト

ザ・グレイテスト・ヒッツ [DVD]

ビョークのソロ・デビューから03年までの全ビデオ・クリップを集めた作品で、00年に出た『ヴォリューメン』を全21曲に拡大させた完全版。
ビョークのビデオ・クリップは、アルバムやライヴと同様に彼女の重要な表現方法といえるもので、単なるプロモーション映像ではなくアート作品と呼べるほど完成度が高い。カラフルな映像の初期作品もいいが、やはりサード・アルバム『ホモジェニック』以降の曲がすごい。斬新でぶっ飛んだアイデアが次々に出てきて、ひたすら圧倒される。「ハンター」ではスキンヘッドのビョークが突如としてアザラシ(?)に変容し、「オール・イズ・フル・オブ・ラヴ」ではサイバー・パンク的なサイボーグ姿になり、「ヒドゥン・プレイス」では超どアップの彼女の顔に絵の具のような物体がうごめき、どんどんエスカレートしていく。
どれもビョークらしくキッチュすれすれのセンスなのだが、表現者としての欲求を極限まで突き詰めているかのようで、息を呑むほどの迫力だ。彼女の音楽同様、映像も完全に独自の世界を築いている。(小山 守)

「星条旗よ永遠なれは」一見の価値あり

ホイットニーの豪快な歌声とチャーミングな容姿が思う存分楽しめる。
ホイットニー・ヒューストンのデビューの頃、MTVも開局され、音楽と映像の結びつきは一層促進されていた。
一つ一つのミュージック・クリップは、考え抜かれた作品であり、おもしろい。
このビデオの中で、特筆すべきは、スーパーボウルの開会式で歌う「星条旗よ永遠なれ」だろう。彼女の、超絶とも思える音域と歌唱力に、しばし呆然となるくらいだ。ワールドカップで、どこかの国の国家独唱で真似ようとした歌手が批判を浴びたが、ホイットニーの真似をしようとして追いつかなかったのじゃないか?
ヒット曲はすべておさめられて、尚且つ、スーパーボール開会式の超絶な独唱があり、ジャケットカバー撮影風景をうつしたビデオも納められていて、ファンには見逃せない内容だ!

アラベスク グレイテイストヒッツ DVDのこと

言わせてねー。上記のDVD紹介説明に20曲とありますが、うそですー、16曲しかありません。「ハローミスターモンキー」は映像なしの音源のみ。「バーベキュー」「ペパーミントジャック」「恋のメリーゴーランド」の3つは、曲の真ん中位に写真画像が挿入されていて、彼女らの踊る姿がその分見られないです。すべて見たかったのに、すごく残念(星4つはこのため)。私はサンドラが好きです、「フライハイ」「フライディナイト」のノリもよくて、なんせ仕草がかわいいのです。この貴重な高画質の踊るアラベスクのDVDは好きな人は、即買い!です。

ゴージャス、SEXY、80年代洋楽歌謡曲

80年代前半に洋楽アーティストとして、時にはアバをも上回るレコード・セールスを記録した西ドイツ(当時)の3人娘アラベスクが、ミュージック・フェアっぽいスタジオ・セットで歌い(口パク)踊ります。これといった奇抜な視覚的演出がある訳ではないので、ブリットニーやマドンナのショー、MTVを見慣れた目には少し物足りなく感じられるかもしれないが、それを補って余りあるアラベスクの存在感は素晴らしい。ダイアナ妃にそっくりの金髪ナイス・バディなジャスミンはグループのベスト・ダンサー、歌唱力ではミッシェ-ラ、アラベスク解散後もソロで大成功を収めた出世頭はサンドラ。あらためて聴くと良質なポップ・ソングにビックリ。セクシーなダンスも良い。お勧めです。

絶対に買い!!です

収録曲がとても多いことに加えて、特典映像もすばらしいものばかりです。
特にホイットニーのデビュー当時の映像やNFLでのアメリカ国歌斉唱などは必見!です。
またインタビューの対訳も付録でついていて当時のエピソード等を知ることが出来ます。
これほど買ってよかった!と思ったDVDは今までありません。
自信をもってオススメします!

隠しトラック3曲

代表曲はほぼ網羅されていて音質もとてもいいのですが「The caterpillar」未収録なんですね?
と思ったら隠しトラックで収録されてました♪
はい、文句なしです。
ちなみに隠しトラックは曲選択画面でそれぞれの場所で方向キー操作する事で以下の3曲が再生されます。
「The caterpillar」(The walkで↓→→)
「Close to me (closer mix)」(Close to meで↑↑↑)
「Pictures of you」(Friday I'm in loveで↓↓↓)

アラベスク〜

動くアラベスクを見たくて、買いました!
振り付けGoodなノーランズと比べると振り付けがややバラバラで、当時としても古い感じのもアリ、少しヘタかな(^^;)と思ってしまいますが、そこらへんの中途半端さも面白く(笑)彼女たちの魅力です。
でも、曲や歌声、彼女たちがいいのでそんなのもあまり気になりません!
ディスコのようなスタジオで歌っている姿もありキラキラしてます!
第二弾の発売も期待したいです!

古さを感じさせません

Thin Lizzyのベストアルバムの映像版といった感のあるこのDVD。  PVとTV出演から集められた全19曲収録。  
70年代初頭の白黒映像の‘Whiskey in the Jar'(ギターはEric Bell)、70年代後半の‘The Boys Are Back in Town’などのお馴染みの曲(Brian RobertsonとScott Gorhamの黄金時代)とBlack Roseから2曲(Gary Moore在籍時)、80年代に入ってからの‘Chinatown’(Snowy White在籍時)や‘Thunder and Lightning’(John Sykes在籍時)など歴代のギタリストの姿を確認できるのがいいです。  またDire StraitsのMark Knopflerが出演している‘King's Call’や、なぜかScottとSnowyがギターを弾いている‘Dear Miss Lonely Hearts’などPhil Lynottのソロ曲も映像に含まれています。 ‘The Rocker’や‘Johnny the Fox’‘Wild One’などの曲の演奏映像はレア物かと思います。  
70年代から80年代半ばまでの期間活動だったので、曲やPVの作りも古いはずなのになぜか古さはそんなに感じさせない内容です。  私のように昔からのファンで懐かしさだけで購入するだけでなく、当時生まれていなかったような若い人たちにも見てもらいたいです。  「こんなかっこいいバンドがいたんだ!」とThin Lizzyのよさを認識できるのではないでしょうか。

大感激!

英語版が出ていたのは知っていたので、ずーっと心待ちにしていたDVDです。中米にしばらく住んでいた頃、音楽番組ばかり見ていましたが、中でもThaliaは大好きなアーティストでした。懐かしい「イケてる」映像満載で感激です。最近のPVでは、音楽のみならず映像まで、アメリカのどこにでもいるヒップホップ系アーティストのようになってしまい、私個人はつまらないのですが、そういうイメージでこのDVDを見ると当てがはずれるかも。映像自体ラテン色丸出しなので、苦手な人がいるかも知れません。また、DVDのインターフェースはスペイン語のままです。すぐ慣れるとは思いますが…。歌詞を含めた親切な解説書(DVDの内容を翻訳したものらしい)が付いています。

ファンなら買い

GREEN DAYの3人が動いてるところを見られる
今のところ唯一の公式DVDです。
このDVD見てると「ビリー目力すげぇな」と思わずには
いられませんね~。特にバスケット・ケースのPVでは
見開かれたビリーの目に圧倒されました。すごい。
バスケット・ケースのPVのビリーが
2005年現在のビリーに一番近い感じがしたのも面白いです。
痩せてて黒髪だからっていうのが一番の理由だけど
バスケット・ケースでの元気で生き生きした表情が
アメリカン・イディオットのPVのビリーに
重なるからっていうのもあって。どちらも最高に輝いてます。
あとマイクって全然変わんないな~。
髪型は変わってても体型変わんないし、何年も前の映像でも
古臭い感じが全然しないんですよ。クールだ!
トレはまだノーメイクだし(笑)髪の毛緑になっちゃったりして。
今の方が痩せてるかも。でもトレもあんまり変わってないな。
え~、そんな所でGREEN DAYの歴史を感じましたね(笑)

良かったです!

海外盤を一足早く見たのでその感想を。
Atomic Kittenはデビュー曲の"Right Now"で知りました。
元気いっぱいのノリと高揚感で好きな曲でしたが、
その後のシングルがティーンアイドル路線だったので離れていました。
メンバーの交代劇があったことは知っていましたが、ここ近年の
楽曲のクオリティーの高さを知るまでは興味が沸かなかったのが本音です。
メンバー個々の恋愛や出産などを経て素敵な女性グループになりましたね。
今年の春から活動休止(事実上の解散?)とは残念で仕方ありません。
DVDには今年2月末に行われたライブの模様と、デビュー時からの
各ミュージックビデオが収録されていて、とってもお買い得だと思います。
ライブではダンス・チューンの"Be With Me"でその幕が上がります。
いきなり客席後方からダンサーを伴って登場するとは・・・
このライブのタイトル通りヒット曲満載です。
個人的には"Feels So Good / Holiday"のディスコチックな流れがお気に入りです。
"Whole Again"での客席の大合唱、そして曲の終わりでジェニーが演出の流れの
カウントを忘れてメンバーが笑う部分なんか微笑ましいです。
ライブの最後にLizが言った一言も素敵でした。
ライブの内容が良い割に、観客のノリが弱い感じがしたのが残念。
ミュージックビデオは全18曲。
デビュー曲からメンバーの成長の様子が見れます。
"Whole Again"はメンバーの交代もあって2バージョン収録されています。
個人的には"You Are"と"Right Now 2004"がお気に入りです。
Lizは本当にキレイになったなぁと実感しました。
とにかく集大成!といった感じのDVDです。
夏にはジェニーがソロデビューするらしいのでそちらも期待です。
活動再開を首を長くして待っています。
ホイットニー・ヒューストン「オールウェイズ・ラヴ・ユー~歌姫よ永遠に~」[DVD]
マライア・キャリー [DVD]
ボディガード [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ホイットニー・ヒューストン・ライヴ [DVD]