Punch the Clock (Bonus CD) (Dlx)

Punch the Clock (Bonus CD) (Dlx)

Attributes

ReleaseDate : 2003/09/09
NumberOfItems : 1
Format : Box set
Format : Import
ItemDimensions : 5050025550
Type : Unknown
PublicationDate : 2003-09-09
EANListElement : 0081227391027
Manufacturer : Rhino / Wea
UPCListElement : 081227391027
EANList : 0081227391027
PackageQuantity : 1
Artist : Elvis Costello
Label : Rhino / Wea
Studio : Rhino / Wea
ProductGroup : Music
Publisher : Rhino / Wea
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 2
UPCList : 081227391027
PackageDimensions : 5455518497
UPC : 081227391027
Languages : 英語Unknown
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Let Them All Talk
2 - Everyday I Write The Book
3 - The Greatest Thing
4 - The Element Within Her
5 - Love Went Mad
6 - Shipbuilding
7 - TKO (Boxing Day)
8 - Charm School
9 - The Invisible Man
10 - Mouth Almighty
11 - King Of Thieves
12 - Pills And Soap
13 - The World And His Wife
14 - Everyday I Write The Book (Studio Merseybeat version)
15 - Baby Pictures
16 - Heathen Town
17 - The Flirting Kind
18 - Walking On Thin Ice
19 - Big Sister's Clothes/Stand Down Margaret (BBC session)
20 - Danger Zone (BBC session)
21 - Seconds Of Pleasure
22 - The Town Where Time Stood Still
23 - The World And His Wife (solo version)
24 - Shatterproof
25 - Heathen Town (demo)
26 - The Flirting Kind (demo)
27 - Let Them All Talk (demo)
28 - King Of Thieves (demo)
29 - The Invisible Man (demo)
30 - The Element Within Her (demo)
31 - Love Went Mad (demo)
32 - The Greatest Thing (demo)
33 - Mouth Almighty (demo)
34 - Charm School (demo)
35 - Possession (live)
36 - Secondary Modern (live)
37 - The Bells (live)
38 - Watch Your Step (live)
39 - Back Stabbers/King Horse (live)

今度のリィシューはパンチが効いてる!!

長い間コステロ本人の評価が低かったアルバム。以前リィシューされた時も肝心のボーナストラックが少なめだったが、今回は違います!収録曲の別テイクや、自身の弾き語り(と思われる)によるデモテイク、ライヴ等、なんと計26曲にも及ぶボーナスディスク付!「Let Them All Talk」のデモや、ライヴならではの「Back Stabbers(
オージェイズのクラシックヒッツ)」から「King Horse」へのメドレー等、聴き所満載!リマスターによりホーンの音圧も迫力あり。欲を言えば名曲「Shipbuilding」のデモが聴きたかったが、とにかくボーナスディスクだけでも(笑)聴く価値あり!決定盤と言えるでしょう。

多彩な80年代

エルビスコステロは現在も優れたソングライターですが、80年代の頃のとてもポップで多彩なメロディラインが最も顕著に表れているのが本作「パンチ・ザ・クロック」だと思います。
ニック・ホーンビィの小説「ハイ・フィデリティ」の中で音楽オタクの主人公がエルビスコステロのベストファイブの1曲と挙げていたのが、ボーナスディスク<1>の「エブリデイ・アイ・ライト・ザ・ブック」のマージービートバージョンです。この曲はずっとCDに収録されるのを待ち望んでいましたが、ようやくの登場です。
ボーナスディスクにはオリジナルディスクの各曲のデモ版とか、「ゲットハッピー」収録曲の何曲かのライブ演奏などが収められており、原曲と比較してのアレンジの違いなどがかなり楽しめると思いま??。

ボーナストラックだけでも…

だいたいがランガー&ウィンスタンレーによるオーバープロデュースな作品。マッドネスなどで素晴らしい仕事を残した人たちだけど、コステロとのコラボは失敗とはいえないまでも、それほどプラスには働かなかったよう。
 とはいえ楽曲の良さでは数多いコステロの作品中でも指折り。それを証明するのが、ボーナストラックのデモバージョン。同時代的にこのアルバムを聴いて違和感を感じていた人も、これらを聞けば納得できるのでは…
Armed Forces (Dig) (Spkg)
Blood & Chocolate
Imperial Bedroom
Almost Blue (Dig) (Spkg)