Playing With Fire

Playing With Fire

Attributes

ReleaseDate : 2003/09/23
NumberOfItems : 1
Model : 2190430
Format : Import
ItemDimensions : 5047525500
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 2003-08-12
EANListElement : 0825947122628
EANListElement : 0082594712262
Manufacturer : Space Age Recordings
UPCListElement : 825947122628
UPCListElement : 082594712262
EANList : 08259471226280082594712262
Brand : United States Of Dis
PackageQuantity : 1
Artist : Spacemen 3
Label : Space Age Recordings
PartNumber : 255
Studio : Space Age Recordings
ProductGroup : Music
MPN : 255
Publisher : Space Age Recordings
Language : 英語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 825947122628082594712262
PackageDimensions : 5455518497
UPC : 825947122628
Languages : 英語Published英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Honey
2 - Come Down Softly to My Soul
3 - How Does It Feel?
4 - I Believe It
5 - Revolution
6 - Let Me Down Gently
7 - So Hot (Wash Away All of My Tears)
8 - Suicide
9 - Lord Can You Hear Me?
10 - Suicide [Live]
11 - Repeater (How Does It Feel) [Live]
12 - Che
13 - May the Circle Be Unbroken

火遊び

スペースメン3の三作目ですが、ジェイソン・ピアースとピート・ケンバーの音楽性の相違が浮きぼりになった作品。共作は8「suicide」のみです。
ジェイソンは主にギターを主体とした、シンプルでメロディアスな曲で、ピートはアナログシンセ主体の浮遊感あふれる曲を提出しています。
個人的にこの作品に関しては3「How does it feel?」、5「Revolution」、12「Che」などのピートの曲が好きですが、シンプルな歌ものが好きな方にはジェイソンのほうがしっくりくるでしょう。スピリチュアライズドの最新作「Let It Come Down」においてセルフカヴァーされた「Lord, can you hear me?」もあのような大仰なアレンジではなくシンプルな楽曲として演奏されています。個人的にはこちらのほうが好きなのですが…。
とにかくスペースメン3の持つ楽曲の幅広さ、深さをまざまざと見せつけられる作品です。

犬猿の仲でもこのアンサンブル。

彼らのベスト・アルバムを一枚挙げるとしたら、人によって千差万別あると思うのですが、はっきりいって粗削りで未完成としか言いようの無い初期の作品2枚やLIVE、このアルバムの後にリリースされたハウス・アプローチが顕著な「RECURRING」、全てのアルバムと比較しても、SPACEMEN3というバンドの作品として考慮すれば、答えはこのアルバムになるのでは、と個人的には思います。異なる個性のぶつかり合いで生まれるスリリングなサウンドには魅力を多々感じますが、ただ仲が悪いだけのいがみ合いとエゴから生まれたサウンドには魅力は感じ得ないと思いますからね。バンド的にはですが。さて、こちらは彼らの4枚目のアルバムですね。ノイズギターに彩られた激しいサウンドがレトロ'!''!!サイケの一つの固定形だとすれば、このアルバムで提示されるのは、そんな既存のカテゴリーを破壊した、抑揚の効いた美しく幻想的、かつ浮遊感のあるサウンド。そんな中に織り交ぜられる、激しくかき鳴らされながらも一歩退いたスタンスのクールなギター、妙なる響きの美しいキーボード、突き放すヴォーカル、そんなバンド・アンサンブル(でも犬猿の仲)によって結実される包み込まれるような浮遊感、覚醒感。例え感情を表出しなくても、裏に感じるこの熱情ト叫び。それすらも、この純粋な美しいサウンドに溶け込んでいる。ただ身を任せていたくなるサウンドですね。素晴らしいです。

お得仕様再発盤

89年にリリースされた3rd「Playing With Fire」を、99年にSpace Age(ソニック・ブームのレーベル)が、ジャケットを変え2枚組に新装して再発したものが本作である。サイケデリック・ロックの頂点ともいえる傑作であるオリジナル収録曲にライブテイク等4曲のボーナストラックを加えたDisc1と、デモバージョンや別ミックスの計9曲を収録したDisc2という充実の内容になっている。

素晴らしい!

スペースメン3はたくさんアルバムが出ているけど、スタジオ盤ではこれが良い。このアルバムはジェイソンとソニックの志向性の違いがはっきり現れている。ジェイソンはソングライティングへのこだわりが感じられる。反対にソニックは電子音やファズのドローンというか、サイケデリックな音響効果を意識した仕上がり。それぞれ屈指の完成度だと思う。おすすめ。

SP3!

1¢ 'ä'¨-äoo£ä\¨§ ̄££2-§a¨-訡ä"'¬¶\"¢ aa11¢-é¡è'-a2\£μ22§...¨¢ ¨ ̄"è-3°¡£\\"¨3ä"¨-è...°" ̄"¢ a§ ̄¨äoo ̄°a§¶§"1aa3°aμ3 ̄é...'... ä2a '¿¨¨'"μ3 ̄é... ̄-a¨3 ̄§"¡ ̄"¢ §o¿¿-μ3¬!!!μ±äo¢ ¨°"¢ §o ̄"a-¢'a' '£-'1-13μéμ3"aä1"äo¿-é3'aäé1¿31 ̄a¿aé¿-a"'"a3¢3μ3-£μ...¿èaμéèé'ä...'表o-aè£"±...3"'"2a-μ3o¶'è"§ èo'äaμ3§' '-§
RECURRING
Sound of Confusion
Evening of Contemporary Sitar Music
Mbv