Measure of a Man

Measure of a Man

Attributes

ReleaseDate : 2003/10/20
NumberOfItems : 1
Format : Import
ItemDimensions : 33562492
Type : Unknown
PublicationDate : 2003-10-14
EANListElement : 0828765463829
Manufacturer : RCA
UPCListElement : 828765463829
EANList : 0828765463829
Brand : Rca
CatalogNumberList : 82876546382RCA 82876
PackageQuantity : 1
Artist : Clay Aiken
Label : RCA
PartNumber : MFR828765463829#N
Studio : RCA
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 82876546382
CatalogNumberListElement : RCA 82876
MPN : MFR828765463829#N
Publisher : RCA
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 828765463829
PackageDimensions : 4056020490
UPC : 828765463829
Languages : 英語Unknown
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Invisible
2 - I Will Carry You
3 - The Way
4 - When You Say You Love Me
5 - No More Sad Songs
6 - Run To Me
7 - Shine
8 - I Survived You
9 - Solitaire (Bonus Cut)
10 - Perfect Day
11 - Measure of a Man
Clay Aiken - Measure Of A Man - Cd

Measure of a Man

ボーイズ・バンドのブームは去ったが、誰もそれを嘆こうとはしない。そんな中、人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」の準優勝者クレイ・エイケンがファースト・アルバム『Measure of a Man』をリリースした。エイケンは、かつてイン・シンクやバックストリート・ボーイズが目指した道を引き継いでいる。それは、彼らの代表曲のいくつかを書いたスウェーデン人作曲家アンドレアス・カールソンが起用されているからというだけではない(他にも、デズモンド・チャイルドやキャシー・デニスといったポップの名手たちが参加)。スキのないオーバー・プロデュースぶりが、ミレニアム初頭にチャートをにぎわせたオーランドのポップ・マフィアたちに酷似しているのだ。新世紀を迎えて数年が経過した現在でも、あの時の気分は少しばかり残っているらしい。だからこそ本作はビルボード・チャートで初登場1位を飾ることができた。

よく練り上げられ、よく歌われていると同時に、目立った個性や愛すべきケレン味に欠ける内容だ。エイケンのチューンはどれも似たり寄ったりで、愛のない人生を嘆こうと(「Invisible」)、愛を誇示しようと(「Perfect Day」)、友人に声援を送ろうと(「I Will Carry You」)、結果は同じようなもの。テレビのポップ・スターのために制作された本作が、数年後どのように評価されるのか興味深いところである。(Jaan Uhelszki, Amazon.com)

He is incredible!

言わずと知れた(?)American Idol 2nd seasonの準優勝者。実は地方予選でも本予選でも落選しながらその都度敗者復活で這い上がって来たというタフな経歴の持ち主!そのかいもあって、デビューシングルはビルボードシングルで初登場1位だった!私的には優勝者のRuben Studdardにも引けを取らない…寧ろ俺はClayの方が好き。American Idol出始めの頃から知っていたけど…今は結構格好よくなったけど出始めの頃は本当に(ちょっと失礼かも知れないが)『マニアック代表?!』みたいなルックスだったんですよ。(苦笑)多くのサイトにClayの出始めの頃の写真は載ってるんで詳しくはそちらを参照…。
"Invisible"などのPOPナンバーから"This Is The Night"などのバラードまでを歌い上げる歌唱力は抜群。そのせいか英語の発音も凄く聞き取りやすくて洋楽初心者の人にもお勧めだと思います。"Invisible"のサビ…"If I was invisible, then I could just watch you in your room(俺の乏しい耳にはそう聞こえる)"を和訳すると『ちょっとえっちぃ…』と思うのは俺だけか?これからの成長が非常に楽しみなNew Singer!!

天性の歌声の持ち主!

Clayは人間としても、歌手としても、素晴らしい人です。アメリカン・アイドルで歌手デビューを果たす前まで、彼は大学へ通い、自閉症の子供のために日々勉強をしていました。歌手になった今も、その活動は衰えず続いています。その行動あってか、彼は社会的にも名誉ある歌手として、多くの人に認められているのではないでしょうか。
もちろん、彼の声の魅力は、はかり知れないものです。背筋に震えが走るほど、彼の歌声は優しく、そして透き通った、まさに天性の歌声です。
優しくなりたい人には、是非聴いて欲しいです!

☆期待大です!!☆

デビューシングルのThis Is The NightはRubbinを抑えて初登場でいきなりの1位になったクレイの1stアルバム!!Bridge Over Troubled Waterのカバーでは、後ろのコーラスがあまりに強すぎた気がしますので、アルバムではクレイの声をどこまで生かせているかに大きく期待します!ケリーの方はようやく今月日本デビューなので、クレイの方も当分先かもしれないですね。発売日が今から大変楽しみです!!

ただのアイドルじゃなくて

"American Idol"という番組(アイドル版サバイバー?)で最後の最後に負けたClay Aikenのファーストアルバム。本当は優勝者しかデビューの話はなかったそうだけど、僅差での負けのため、急遽デビューしたのだとか(間違ってたらごめんなさい)。さすがに伸びのある声で、Richard Marxなんかを渋くしたような声質。メロディはBB Makの甘い部分だけを取り出したような感じ。唯一の問題は、歌の歌詞が全般的にベタでいまいち…。そんなことを気にしなければ、聴きやすいし、ただのアイドルではない歌唱力。これからが楽しみ!

輸入盤で・・・・・・

輸入盤でこのCDを買いました!!!!!!!
本当にいい曲ばっかりはいってます★☆
声もいいですっ(*^▽^*)
早く、日本に来日して歌ってほしーo(>▽<)o
特にinvisible&This is nightが好きです★

★文句なしの傑作です!!★

1曲目の「Invisible」はまさに名曲!さらに2曲目からも良い曲づくめで、文句などつけようがありませんでした。特に先に書いた「Invisible」は、あのボン・ジョビの名曲「Livin' on A Prayer」のプロデューサーである、Desmond Childのプロデュースで、とても細かいところまでこだわっていて、今回ボーナス・カットとしてアルバム収録でデビューシングルとなった「This is The Night」よりもずっといいです!ちなみにアマゾンさんの記述では11曲となっていますが、実際は全12曲で、10曲目に「Perfect Day」という曲が入っています。超オススメですので、是非是非聴いてみて下さい!

彼は何を歌っても最高!

ハワイの空港でClayが表紙のTeenPeopleという雑誌を買ったとき、レジのおばさんが表紙をみて「私もClayのファンなのよ!」と言ってました。彼はAmerican Idolに出る前は学校の先生だったということのあっておばさんうけがよく、ちょっと真面目な感じですが、その歌唱力は抜群です。数曲にあのDesmond Childが参加している他、4曲目のWhen You Say You Love MeにはSavage GardenのDarren Hayesも参加しています。サウンドは日本人には受け入れられやすいんじゃないでしょうか?彼はAmerican Idolに出始めた頃は、結構ルックスもいけてなかった(失礼)けれど、だんだん回を重ねるごとにかっこよくなってきたので、これからますます進化していきそうな期待の新人だと思います。

最高!!

このCDを買ってから毎日聴いています♪
特に1曲目の「invisible」は聴いていて元気が出てくるので
落ち込んだときなどによく聴いています。
このアルバムは絶対買っても損はないと思います♪
かなりお勧めの1枚です!!

一番のお気に入り☆

このアルバムの完成度といったらすごい!
新人アーティストとは思えない迫力!ブロードウエイでも
歌える歌唱力があるとの事!ぜひ聴いてみてください!
ルックスも彼の人生もすばらしいんですよ!
とにかく、オススメです♪

もう少しかな?

アメリカンアイドルの第2シーズン準優勝者のClay Aikenです。
初めてオーディションに登場したときは普通の痩せた眼鏡の青年で、声のイメージとは違ったルックスだったのですが、勝ち上がって行くにつれお洒落になってきました。今では別人です。
キャシャなルックスとは異なる厚い声で決勝まで勝ち上り、Bridge over trouble waterもみごとに歌い上げ観客を魅了しました。
このCDについては、多少辛口になります。と、言うのは楽曲が全体に軽めで、Clay Aiken の歌唱力を生かせていないのではないかという気がしたためです。もう少し荘厳な曲が有っても良かったのではないかなと思います。
8曲目のI suevived youが彼の持ち味を生かせているかなと思いましたが、他については音作りからも平凡な印象を受けました。
1曲目のInvisible,9曲目のThis is The nightについては結構好きな方も多いようです。
第5シーズンでは彼の物真似師も登場し盛り上がっていました。当時は2位と言うことでそれ程CDのプロデュースに力を入れていなかったのかもしれませんが、彼の人気は結構なものですので、次回作はもっと良いものを作ってくるのではないでしょうか。
Merry Christmas With Love