ハイヤー

ハイヤー

Attributes

ReleaseDate : 2003/08/21
NumberOfItems : 1
Format : CD
ItemDimensions : 5047522525
SeikodoProductCode : MICP-10382
Type : Published
Type : Unknown
PublicationDate : 2004-02-24
EANListElement : 4527516003845
Manufacturer : マーキー・インコーポレイティド
EANList : 4527516003845
Brand : Avalon /marquee Inc
CatalogNumberList : MICP-10382696823
PackageQuantity : 1
Artist : ハーレム・スキャーレム
Label : マーキー・インコーポレイティド
Studio : マーキー・インコーポレイティド
PartNumber : MICP-10382
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 2,674
MPN : MICP-10382
CatalogNumberListElement : MICP-10382
CatalogNumberListElement : 696823
Publisher : マーキー・インコーポレイティド
Language : 日本語Published
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5455518497
Languages : 日本語Published英語Unknown
Name : 日本語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - リーチ
2 - ウェイテッド
3 - トーン・ライト・アウト
4 - ギヴ・イット・トゥ・ユー
5 - ハイヤー
6 - ラン・アンド・ハイド
7 - ザ・ラッキー・ワンズ
8 - ライズ
9 - ゴーン
10 - ロスト
11 - ウィッシング (ボーナス・トラック)
HAREM SCAREM Higher (2003 Japanese 11-track CD album from the Canadian rockers including the bonus recording Wishing. Comes with the fold-out picture / lyric sleeve additional Japanese lyric insert and obi-strip MICP-10382)

本来の質が大分戻った作品

2003年発表。前作「ウェイト・オブ・ザ・ワールド」でHRな部分を取り戻した彼らは、今作でクイーンやジャーニーを思い起こさせる巧みなメロディを取り戻した。前作が良くも悪くも一本調子にすーっと通して聴けてしまう感じだったのに対し、本作は起伏に富んだメロディラインが復活したことで、一枚通して変化を楽しむうちにいつのまにか終わりが来てしまうような「え?もう終わり?」という作りになっている。もっと長く聴いていたいと聴き手に思わせる彼らの作曲センス面が大分復調を見せている傑作といえる。今回もダレン・スミスがコーラスにしっかり参加してくれているのもいい。彼らの本来の能力に見合う作品に久しぶりに会えた気分にさせてもらった。
問題としては、作曲面とプロデュースの方向性で、ハリー/ピートの二頭制が崩れているのがわかる点がある。仲違いというわけではなく、ラバー時の軋轢のせいかハリー・ヘスの作曲能力に疲れがきているのだ。まるでデヴィッド・ペイチ(TOTO)のように。彼の繊細な作曲センスをよみがえらせるためにも、初期の80年代的なセンスをもっと素直に出したほうがよいのではないだろうか。そういうバンドの負担を減らす意味ではダレンには完全に復帰してもらうかソングライターとしても参加してもらうことも一考の余地ありという感想が残った。

またもや傑作間違いなし

前作「ウェイト・オブ・ザ・ワールド」でファンの望むスタイルへの劇的な回帰を果たした彼らの最新作になるが、数ヶ月前にハリー・ヘスのソロ作が出ているので、「え、もう?」という感じではある。が、彼らのこと、間違いなく良質のメロディック・ロックを聴かせてくれるだろう。
常に彼らの宿命として名作「ムード・スウィングス」と比較される事になるだろうが、その鍵は、メロディの質はもとより、ヘヴィ・メタリックで鋭角なアレンジメントが戻ってきているか、これに尽きるだろう。私自身の予測では、そこまではいかない気がする。
ただ、そこまで期待せずとも、私は今の彼らの等身大のサウンドで十分楽しめるので、もう「ムード・スウィングス」の呪縛なら彼らを解き放ってあげたい気がする。
ヒューマン・ネイチャー
ウェイト・オヴ・ザ・ワールド
ホープ
オーバーロード