14 Shades of Grey (Bonus Dvd)

14 Shades of Grey (Bonus Dvd)

Attributes

ReleaseDate : 2003/06/16
NumberOfItems : 1
Format : CD+DVD
Format : Import
ItemDimensions : 2550020550
Type : Unknown
PublicationDate : 2003-05-20
EANListElement : 0075596282123
Manufacturer : Elektra / Wea
UPCListElement : 075596282123
EANList : 0075596282123
CatalogNumberList : 75596282123CD 62821
PackageQuantity : 1
Artist : Staind
Label : Elektra / Wea
PartNumber : CD 62821
Studio : Elektra / Wea
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 75596282123
CatalogNumberListElement : CD 62821
MPN : CD 62821
Publisher : Elektra / Wea
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 075596282123
PackageDimensions : 5056025490
UPC : 075596282123
Languages : 英語Unknown
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Price To Play
2 - How About You
3 - So Far Away
4 - Yesterday
5 - Fray
6 - Zoe Jane
7 - Fill Me Up
8 - Layne
9 - Falling Down
10 - Reality
11 - Tonight
12 - Could It Be
13 - Blow Away
14 - Intro
WEA 755962821; WEA ITALIANA - Italia; Pop Internazionale

14 Shades of Grey (Bonus Dvd)

ビートルズにはホワイト・アルバム(『The Beatles (The White Album)』)が、メタリカにはブラック・アルバム(『Metallica』)があった。そしてステインにはこのグレイ・アルバムがあるわけだ。

みんな似たり寄ったりのニュー・メタル勢の中にあって、ステインは際立った存在である。そうなった理由のひとつとして、心に残るバラードが挙げられる。この4人組の2001年のブレイク作『Break the Cycle』に収録されていた、痛ましくも美しい「It's Been A While」や「Epiphany」は、その代表といえるだろう。彼らの最新アルバムは自然な進展を見せている。ステインドは、感動的だがヘヴィなロック・バラードに商業的価値があると知って、どっさり書きためていたのだ。

軽快で陽気な「How About You」はラジオを意識した曲だが、厚みのあるサウンドとストリングスによる伴奏をもつ「So Far Away」や、成功を素直に喜ぶ気持ちには、ヴォーカル担当アーロン・ルイスのくつろいだ一面が現れている。ルイスが自分の赤ん坊に捧げた曲「Zoe Jane」や、アリス・イン・チェインズのヴォーカリスト、レイン・ステイリーに対するトリビュート「Layne」(アリス・イン・チェインズ独特のサウンドを意図的にパクって効果を上げている)、大がかりな感謝状といえそうな「Intro」はひときわ力強く、非常に内省的な内容をもっている。本作はルイスの手による、ある時は感動的で、ある時は感傷的なCD日記なのだ。(Katherine Turman, Amazon.com)

STAIND WORLD 確立!

「Limp Bizkitの弟分」などといわれたのはもう昔の話。
Staindとしてのアイデンティティが完全に確立されたといっていい内容のアルバムだ。へヴィにグイグイ引っ張っていくナンバーから、力強く歌い上げるバラードまでカバーする幅広い音楽性は、いまどきのバンドにはなかなかないかも。ハデな感じはないけど、聞かせる1枚だ。

良いアルバムでした。
前作は、どちらかというとオルタナっぽい
静かでドンヨリとした曲が多かったのですが
今作は、明らかにシングルを意識して作った曲が
何曲かあったり(1、2曲目)前作のヒットソングの
延長線っぽい3、5曲目などもあったりとかして
中々聞きやすいアルバムであると思います。
特にバラード系の曲群は秀逸ですよ。
この手の一流の人気を誇るバンドともなれば
ファンの要望も色々あったと思いますけど
それにキッチリ応えてくれている作品だと思います。
3DoorsDownとかMeshとかが好きな方なら聴ける
と思います。(多分、クリードも…)

最高です。

全曲シングルにしてもいいんじゃないかってくらい曲の質が高い!ボーカルの声がすごくきれいで、男の色気を感じます。それがヘヴィな音に映える。これでブレイクして日本でライブやってくんないかなあ・・・。

ポップでロック。

へヴィーとかそういうんじゃなくって、聴きやすいですね。
前はもっとやかましいというか、青いというか、ありきたりでした。
そのまま消えるバンドも多いんでしょう。
聴きやすく、爽やか、ポップ。
シングルスを先に聴いたので、新鮮でした。
こっちの方が良い感じです。
シングアロングしやすい曲も多いですし、
ヴォーカルの声がくっきり聴こえますね。
テンポが遅いんで、BGMでもオッケーです。
ライヴは特に興味ないです。
バラードでは盛り上がらないでしょう。

ドラムとベースがヨイ

この手のバンドの中では抜群にメロディセンスが飛びぬけている。
かといってヘンにクサくなるわけでもなく、攻撃性やヘヴィネス
もバランス良く配合されているのが売り。
あと、ドラムがカッコよいのでドラム好きにもおすすめ。

こういたか!

さぁ、1stアルバムがかなりヒットして一気にアメリカン・ロック界の注目を浴びたステインド。こういうパターンでレヴューしたバンドは結構進歩しないで、薄れていくパターンが多い気がしますが、ステインドはそうではなかった。今の音楽界が求めているロックのサウンドを提供してくれている。今のロックが面白くないという人には不満なのかもしれないが・・・。しかし、多くのロックフ・ァンにとっては、絶賛に値するものであろうと思う。特に3曲目の'so far away'は、アメリカのラジオでもかなり取り上げられている。歌詞も最高。心にシンミリきます。6曲目の美しいロック・バラード。じんジン伝わってきます。Three Days Graceやパドル・オブ・マッドなんかが好きな人にはお勧めです。
ブレイク・ザ・サイクル
チャプターV
Staind
Dysfunction