ベスト・オブ・ボンド007

ベスト・オブ・ボンド007

Attributes

ReleaseDate : 2003/03/05
NumberOfItems : 1
Format : Best of
Format : Soundtrack
SeikodoProductCode : TOCP-67142
PublicationDate : 2003-03-05
EANListElement : 4988006809956
Manufacturer : ユニバーサルミュージック
EANList : 4988006809956
Brand : ユニバーサル ミュージック (e)
PackageQuantity : 1
Artist : 映画主題歌
Artist : グラディス・ナイト
Artist : マット・モンロー
Artist : トム・ジョーンズ
Artist : ナンシー・シナトラ
Artist : シャーリー・バッシー
Artist : ルル
Artist : ティナ・ターナー
Artist : シェリル・クロウ
Label : ユニバーサルミュージック
Studio : ユニバーサルミュージック
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 2,621
Publisher : ユニバーサルミュージック
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5556731496

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - ジェームズ・ボンドのテーマ (映画『ドクター・ノオ』)
2 - ゴールドフィンガー (映画『ゴールドフィンガー)
3 - 私を愛したスパイ (映画『私を愛したスパイ』)
4 - 美しき獲物たち (映画『美しき獲物たち』)
5 - ユア・アイズ・オンリー (映画『ユア・アイズ・オンリー』)
6 - 愛はすべてを越えて (映画『女王陛下の007』)
7 - 死ぬのは奴らだ (映画『死ぬのは奴らだ』)
8 - オール・タイム・ハイ (映画『オクトパシー』)
9 - リビング・デイライツ (映画『リビング・デイライツ』)
10 - 消されたライセンス (映画『消されたライセンス』)
11 - ロシアより愛をこめて (映画『ロシアより愛をこめて』)
12 - サンダーボール (映画『サンダーボール作戦』)
13 - 007は二度死ぬ (映画『007は二度死ぬ』)
14 - ムーンレイカー (映画『ムーンレイカー』)
15 - 女王陛下の007 (映画『女王陛下の007』)
16 - 黄金銃を持つ男 (映画『黄金銃を持つ男』)
17 - ダイアモンドは永遠に (映画『ダイアモンドは永遠に』)
18 - ゴールデンアイ (映画『ゴールデンアイ』)
19 - トゥモロー・ネヴァー・ダイ (映画『トゥモロー・ネヴァー・ダイ』)
20 - ワールド・イズ・ノット・イナフ (映画『ワールド・イズ・ノット・イナフ』)
21 - ジェームズ・ボンドのテーマ (映画『トゥモロー・ネヴァー・ダイ』)
22 - ジェームズ・ボンドのテーマ <トレーラー・ヴァージョン> (映画『ゴールデンアイ』)

いい映画にはいい音楽が

 映画「007シリーズ」と言えば、とりあえず1962年の第1作「007 ドクター・ノオ」から2006年12月公開予定の第21作目「007 カジノ・ロワイヤル」に至る人気シリーズです(利権の関係がややこしく、また「カジノ・ロワイヤル」が1954年・1967年・2006年の三種類あったり1967年の「カジノ・ロワイヤル」や1983年の"Never Say Never Again"(1983年)の位置づけなどに諸説あり、全体像の把握が難しくなっていますが)。
 人気シリーズとあって、映画の主題歌はどれも大御所や旬のアーティストを起用しています。本作品は見ての通りモンティ・ノーマンの「ジェームズ・ボンドのテーマ」を初めとして20作目までの全作品の主題歌を収録しており、お目当ての一曲を聴くためにわざわざサントラを買ったりする苦労から解放してくれる、大変便利な一枚になっています。個人的にはずっと好きだけど買ってなかったシャーリー・バッシーの曲をまとめて聴くのに便利なこと、ベストにも入らなかったシェリル・クロウの"Tomorrow Never Dies"が入っていることを考慮して購入しました。
 多くの人も指摘している通り「欠けている」曲があること、年代順になっていないためちょっと音質のばらつきがあり聴きにくいことなどからちょっと減点。でも大体のところが揃えばオッケーという人には十分でしょう。

いい映画にはいい音楽が

こうして聞くと、シャーリー・バッシーが多いですね。ゴールドフィンガーの出だしが強烈でインプットされておりますが、他にもダイアモンドは永遠に・・・これも出だしが強烈ですね。シャーリー・バッシーを始めとするイギリスの歌手で固めている印象を持っておりましたが、結構アメリカ勢も多く(他もありますが)、マーケットが広がっていくにつれて主題歌を歌う人選も多様化してきたのが良くわかります。本国のイギリス勢を混ぜながら上手にコーディネートされてます。さらに、カントリー、リズム&ブルース、ポップス等々歌い手さんのジャンルも程よくブレンドされております。個人的にはやはり「ロシアより愛を込めて」ですね。これが無ければマット・モンローは多分イギリス以外では名を知られることがなかった歌手だとおもいます。映画も良かったし歌も良かった。映画のエンディングシーンで流れてくるマット・モンローの歌はそれだけで記憶に残ってしまいます。それとやはりジェームズ・ボンドのテーマが秀逸、出だしのギターの音からわくわくさせてくれます。他には、シーナ・イーストンもなかなか忘れられない歌手です。あのシーンは湯船につかって録ったらしいです。新しいところでは、U2のボノ&エッジコンビの作ったティナ・ターナーの「ゴールデンアイ」もなかなか味のある出来です。これを聞いてDVDを見て、DVDを見てこれを聞く。これの繰り返しで007ワールドに浸りましょう。

かなり凄いですよ

デュラン・デュラン、シーナ・イーストン、a-haの80s勢、
シェリル・クロウ、ガービッジといった近世代から揃えられるのは、
007が長寿映画からだと思いますね、1997年の作品で、
ティナ・ターナーといった、70年代のスターが歌っているのも、
また見逃せないところです、もちろん、おなじみ007のテーマの後もフルで聴けます。
さて、ここまで絶賛して正直5つ星をあげたいところですが、
今思うのは「ダイ・アナザー・デイ」は既に公開されているという事、
それに合わせて出せたなら、なぜマドンナの歌う「ダイ・~」は、
収録されないのでしょう、マドンナのような偉大なアーティストを、
はずす手は無いのではないでしょうか。
その理由で星四つです。

う〜んおなかいっぱい

全作観てるだけに改めてまとめて聞くともう至福のひと時。
どれもこれも名曲ばかり。
R・ムーアから入った僕としてはP・マッカートニーの「死ぬのはやつらだ」ルルの「黄金銃を持つ男」ア・ハの「リビングデイライツ」ですか。
オールドファンはやっぱり「ロシアより愛を込めて」「ゴールドフィンガー」かな。
1番嬉しかったのは最新作「カジノロワイヤル」にも使われている「女王陛下の007」のテーマが載っているのだ。
これは「カジノ〜」のサントラには無いからね。

これはいい!!!

僕は007シリーズは新しい物しか見たことがないけど昔のシリーズも見たくなる。007シリーズを見たことがない人でもどこかで聞いたことがある曲があると思う!!

『ゴールデンアイ』ボンドのテーマ、トレーラヴァージョン1曲のために購入。

すでに、全サントラ国内盤、再版利マスターの輸入版をそろえましたが、
それらには含まれない、初CD化の『ゴールデンアイ』ジェームズ・ボンドのテーマ、
トレーラー(予告編)・ヴァージョン)1曲のために買いました。
これがかっこいい!必聴です!
『ゴールデンアイ』の音楽のエリック・セラは、頑なにこれまでのボンドの
テーマ曲のメロディやモチーフを拒否していましたが、
予告編での使い方は非常にカッコよかったです!
これ以外の曲については、もう付け加えることはありませんが、
しいて付け加えますと、モービーのボンドのテーマが、
サントラやシングルはありますが、他のベストには入っていなかったので、
これを機に聞いてください。これもかっこいいです!

真のコンプリートを目指して欲しい

2、3年前にその時点での007シリーズが網羅された旧版を入手し有名なタイトル曲がぎゅっと詰まってお買い得と思いました。
作品が増えればその都度最新曲が追加される形式はやむを得ないのですが、プロダクションの違う番外編を入れてこそ真のベストではないでしょうか。
レーベルを超えて、カジノロワイヤルやネバーセイネバーアゲインを加えて真のコンプリート版となればよりすばらしいと思います。
個人的には自分で編集しそのようなコンピとしていますが、曲順も時代の流れがわかる制作順にしています。
つぎのベストに期待します。

クインシー・ジョーンズからシャリル・クロウまで、多種多様なシンガーを堪能しよう。

我々の年代(40歳代)以上の世代にとって、007シリーズは、ある種の思い入れがある事が多い。その魅力も多種多様であって、それは、例えば、ボンド・ガールであったり、悪役のキャラクターであったり、ボンド・カーであったり、Qの秘密兵器であったりする訳だが、私にとっては、主題歌を誰が歌うのか、そして、タイトル・デザインはどう凝った趣向を凝らしてくれるのかが、007映画に欠かさない必須アイテムであった。今CDは、過去のシリーズの主題歌が残らず収録されているのが嬉しく、聴く度毎に、懐かしの名場面が浮かんでくる。作品の評価は別にして、個人的な007映画の主題歌BEST3は、1.WE HAVE ALL THE TIME IN WORLD 2.NOBODY DOES IT BETTER 3.A VIEW TO KILL と、言った処であるが、これで、番外編の、バカラックによる「カジノ・ロワイヤル」の軽快でオフビートなテーマと、同じくダスティ・スプリングフィールドが歌った“THE LOOK OF LOVE”が入っていれば、もう言う事なしなのだが。                                                                                                  

007シリーズの第1作〜19作のサウンドトラック

007シリーズの第19作までが紹介されている。故に、最新の22作まで紹介されていると期待されている方には不満が残るかもしれません。それはCDの発売時期(2003年)の関係で致し方のないこと。
それでも、超有名な曲(「ロシアより愛をこめて」、「ダイヤモンドは永遠に」など)から、意外に知られていない主題曲や歌手(リタ・クーリッジ、ガービッジなど)まで、幅広くまとめて聴くことができ楽しめます。

007とテーマ曲

 「数々の伝説を生み出した永遠のヒーロー、ジェームス・ボンド誕生から40年。007シリーズのテーマ曲等全22曲を収録したファン待望のベスト・アルバム」。007との付き合いは第1作を見てから40年になる。これほど長く1つの映画が支持されるというのも、ボンドの魅力もさることながら、やはり、シリーズ毎のテーマ曲の魅力であろう。ボンド映画と縁がない方も、一流の歌手によるすばらしいテーマ曲は必ずお楽しみいただけるものと思う。
The Sound Of Bond [Import]
ベスト・オブ・ボンド(50周年記念盤)(2CD)
Skyfall
不滅の 映画音楽 全集 CD2枚組 SET-1008