Evening With the Dixie Chicks [DVD] [Import]

Evening With the Dixie Chicks [DVD] [Import]

Attributes

ReleaseDate : 2003/02/11
AudioFormat : Dolby Digital 5.1
AudioFormat : Dolby Digital 5.1
AudioFormat : Dolby Digital 5.1
Format : DVD-Video
Format : Full Screen
Format : NTSC
Format : Import
ItemDimensions : 40530750
Type : Dubbed
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 2003-02-04
EANListElement : 0074645532295
EANListElement : 9780738902913
Manufacturer : Sony
UPCListElement : 074645532295
EANList : 00746455322959780738902913
Brand : Sony
CatalogNumberList : LNMN-B000083C7ZMN-B000083C7ZPOMN-B000083C7Z
AspectRatio : 1.33:1
PackageQuantity : 1
Label : Sony
Studio : Sony
PartNumber : 74645532295
ProductGroup : DVD
ISBN : 0738902918
FormattedPrice : ¥ 1,418
MPN : 74645532295
CatalogNumberListElement : LNMN-B000083C7Z
CatalogNumberListElement : MN-B000083C7Z
CatalogNumberListElement : POMN-B000083C7Z
Publisher : Sony
Language : 英語DubbedDolby Digital 5.1
Language : 英語Original LanguageDolby Digital 5.1
Language : 英語UnknownDolby Digital 5.1
Actor : DIXIE CHICKS
NumberOfDiscs : 1
AudienceRating : Unrated
UPCList : 074645532295
PackageDimensions : 5871018542
UPC : 074645532295
Languages : 英語DubbedDolby Digital 5.1英語Original LanguageDolby Digital 5.1英語UnknownDolby Digital 5.1
Name : 英語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Long ime Gone
2 - Landslide
3 - Travelin' Soldier
4 - Truth No. 2
5 - White Trash Wedding
6 - A Home
7 - More Love
8 - I Believe in Love
9 - Tortured, Tangled Hearts
10 - Lil' Jack Slade
11 - Godspeed
12 - Top of the World
13 - Wide Open Spaces
14 - Cowboy Take Me Away
15 - Goodbye Earl
16 - Sin Wagon
   道化ぶりと感動が交互に顔を出す本作『Evening With the Dixie Chicks』は、1日忙しく働いた後に友だちと会うときを思わせる。みんなが陽気に羽目を外し、露骨すぎる内輪話がビールのようにあふれ、心からの信頼感がゆったりと深まっていく中で、夜が更けてゆく。20代後半の女性を中心とするオーディエンスは、最近経験した離婚や妊娠について遠慮なく語るチックスに家族のような連帯感を感じつつ、うっとりと音楽に聴き入る。「Believe in Love」をはじめとしたドリーミーできらめくような楽曲や、自嘲的で痛烈な「White Trash Wedding」、さらなるおふざけトーク、そこからスティーヴィー・ニックスの「Landslide」のライブ・バージョンへとつながっていく展開などが印象的だ。チックスは、ほとんど気づかれぬほど巧妙にショーのムードを支配しており、注目度の高いチューン(「Top of the World」)や、泣かせるカントリー(「Travelin' Soldier」)をうまく利用している。だが何と言っても際立っているのは、暴力夫への反逆と嘲笑に満ちた皮肉と言えそうな「Goodbye Earl」だ。この曲でチックスは、またしてもオーディエンスに際どい楽しさを吹き込むのである。(Tom Keogh, Amazon.com)

Evening With the Dixie Chicks [DVD] [Import]

道化ぶりと感動が交互に顔を出す本作『Evening With the Dixie Chicks』は、1日忙しく働いた後に友だちと会うときを思わせる。みんなが陽気に羽目を外し、露骨すぎる内輪話がビールのようにあふれ、心からの信頼感がゆったりと深まっていく中で、夜が更けてゆく。20代後半の女性を中心とするオーディエンスは、最近経験した離婚や妊娠について遠慮なく語るチックスに家族のような連帯感を感じつつ、うっとりと音楽に聴き入る。「Believe in Love」をはじめとしたドリーミーできらめくような楽曲や、自嘲的で痛烈な「White Trash Wedding」、さらなるおふざけトーク、そこからスティーヴィー・ニックスの「Landslide」のライブ・バージョンへとつながっていく展開などが印象的だ。チックスは、ほとんど気づかれぬほど巧妙にショーのムードを支配しており、注目度の高いチューン(「Top of the World」)や、泣かせるカントリー(「Travelin' Soldier」)をうまく利用している。だが何と言っても際立っているのは、暴力夫への反逆と嘲笑に満ちた皮肉と言えそうな「Goodbye Earl」だ。この曲でチックスは、またしてもオーディエンスに際どい楽しさを吹き込むのである。(Tom Keogh, Amazon.com)

待望のライブを特S席で!!

3rdアルバム「HOME」の、お披露目ライブです。全ての曲をアルバム収録順どおりに演奏。曲間には本場ならではの、客席とのやりとりのある楽しいMCが。ビデオとフィルムが交互に入れ替わる映像も雰囲気出てます。そして特筆すべきは5.1サラウンドの音質の良さ。アメリカのサラウンドミュージックアウォードも受賞しており、まさに会場にいる雰囲気が味わえます。隣(に居ると思われる)の人の口笛の圧力を感じた時には思わずそっちを見てしまいました。NATの瞳はホントにきれいだなあ。「HOME」のプロデューサーでもある彼女のパパも参加しています。出産を控えたエミリーはちょっと大人しめ。ソロの時のマーティーの笑顔が最高!後半のcowboy take~の大合唱は感動モノです。腕利きのメンバーとの最高の演奏。これが3千円足らずなんて安いです。ご自宅の特S席でじっくり堪能して下さい!

感激の嵐・・・カントリーは、いやディクシーは最高!!

想像はしていたけど・・・その想像を超えるディクシーのライヴでした(T_T)
ライヴと言いましても「Long Time Gone」~「Top Of The World」まではNewアルバム『Home』のお披露目です。
その後のアンコールが普段のディクシーライヴの模様ですね、きっと。
ギターを弾きながらも決して音を外すことのない、根のある歌声を放つナタリー。
大きなオナカでもバンジョーやドブロをさらりと弾きこなすエミリー。
一人とはいえフィドルでキレイな重奏を奏でるマーティ。
バンドメンバーの腕はもちろんのこと、ディクシーとのコンビネーションも最高!
みんなすっごく楽しそうで!ファンもディクシーもバンドメンバーも!!
アンコールとか感激の嵐です・・・。
鳥肌どころじゃありません、涙・涙・涙。冗談抜きで涙モノでした。
ライヴビデオなのにまさにライヴに行った気分でした。
観終わった後の気分が、生でライヴを観終えたときの気分と一緒なんです。
だからみなさんにも是非観ていただきたいですね!!
カントリーの素晴らしさがわかると思います☆☆☆
ディクシーの歌声はもちろんのこと、バンジョー・ドブロ・ウッドベース・フィドル等・・・
カントリー楽器の音色にも耳をすませてみてください!

現代のブルーグラスとして1つのベスト

 リージョン・フリー。ブルーグラスファンはこれは買うしかないですよ。Dixie Chicksって、Little Featの曲からバンド名付けたってんですが、その昔、Featにはまった私も今はこれにゾッコンです。これまで自分達が追いかけてきた音楽を完成させた自信に満ちあふれた素晴らしい音楽。これまでのブルーグラスとはまた違う、一つの新しくて最高にエキサイティングな音楽がここにあります。
 このDVDを見て分かりますが、非常に女性の観客が多いんです。2度目の結婚で白いウェーディング・ドレスを着て教会に行ったことを歌った「白いゴミの結婚」とか、彼女らが自らの人生を堂々と表現していることに共感を呼ぶのでしょう。とてもすがすがしい気持になれます。大推薦盤。

「Home」のライヴヴァージョン

「Home」リリース前に行われた、Kodak Theatre,New Yorkでのお披露目ライヴを完全収録したもの。なんといっても、「White Trash Wedding」や「Tortured,Tangled Heart」などアップナンバーでのMartieが奏でるヴァイオリンの心地よさに尽きる。彼女たちにはしずかなバラードよりも、アップのほうが似合ってる。そして彼女達の魅力は楽器の演奏をするところでそれを心行くまで堪能できるのが、カントリーウエスタン全開のグラミー賞最優秀カントリーインストゥメンタル受賞曲「Little Jack Slade」。ライヴは和やかで、「Home」をまるごと聴けるしお買い得。大切な人と、家でのんびり夕飯を食べながら観ると心があったまると思いますよ。

最高のライブ盤!

Top of the World Tour LiveのDVDももっていますが、そちらよりも断然良いですね!2002年にコダックシアターで行なわれたライブの模様を非常に忠実に再現してくれるDVDです。まるでその場にいるかのような臨場感と、落ち着いたカメラワークにより彼女達の音楽に没頭できます。目を閉じても楽しめるDVDです。

最高の瞬間

 ¶äo§dixie chicks-\'1-¨§-1\1§\3é"£2  £-§§3¬3äa1o訢¡a¡"¡§¬32¨§ ̄¨"chicks ̄è'3 ̄aé3'è ̄§a ̄¨¶"-3' ̄-'2¿£± ̄-\3"1'죧-"-¶ ̄é-èaä¿¡o¡o¢¡3é¡"-§¢a-§èaè\-"2¨è¨ '''±§§-3èa¨¡-èaä¿¡£ 'oé¬é-"!'"£¨è '§1-\表μ1§£'£-äooé" ̄¿μa"¨-\è2'a'°aaa§- '"3¡ ̄¬§§dixie chicks§

音楽とともに成長

リージョンフリーのようです。
1曲目から、ライブに参加しているような気になって
徐々に鳥肌が立っていきました。
三人の絶妙のハーモニーにバンジョーの音色。
そして女性ならではの歌詞に、すっかり酔いしれてしまいます。
ライブも若い子から、おばさんまで女性が多かったですね。
wide open spaceからは、感動で涙が出てきました。
彼女たちも人生経験を沢山積んで、それが音楽に出ている気がします。
いい女性になってるんだなぁと実感しました。
そして自分ももっと女性として磨こうという気持ちになる一枚です。

Evening With the Dixie Chicks

参りました!
美女3人のハーモニーも素晴らしく又、全体の音も申し分無し!
擦り切れるまで何度も聴きたい、見たいって感じ
若い子の半端な歌は聴けなくなりそうです。

もう一枚買っちゃいました!!

レコードの時代には、聴く(すり減るから)のとコレクションと、同じものを二枚買うマニアはよくいましたが、私も二百枚ほどレコードは持ってますが、一度も二枚は買ったことがありませんでした。 ところがもう一枚買っちゃいました!! DIXIE CHICKSを毎日のように観て聴いて(CDのHOMEも持ってます)、Top of the World(CD)で彼女達を初めて知り、ブルーグラスというジャンルの楽しい音楽に出会い、Top of the World(DVD)で彼女達を初めて観て、もうウキウキでした。 だから、すぐ EVENING~のDVDも買いました。 このライブはい~い、本当にいい、何回観てもいい、参りました。 音声も5.1chが実に定位も良く録音されていて、真ん中にいると、そこはもうコンサート会場そのもの。 こんな低価格で最高のライブを楽しめるなんて、今の時代はなんと幸せなことでしょう!!  みなさんもすばらしい彼女たちの応援のために二枚買ってあげましょう。そして、このDVDがお宝になることは間違いなし。

予想以上!!

やっぱディクシーチックス最高!! CDだけで聞いているより、ライブを見たほうが断然彼女たちの魅力にはまります。生音・生演奏の素晴らしさ、そして特にあらゆる弦楽器の演奏がとても心地いいです!! やっぱりwide open spaces が始まったときの、あの会場の盛り上がりには涙が出るほど感動しました…。彼女たちの歌唱力、演奏力はホントに素晴らしい! 絶対見るべし!!
Top of the World Tour: Live / [DVD] [Import]
Dcx Mmxvi Live
ESSENTIAL DIXIE CHICKS
フライ