頭文字D Special Stage

頭文字D Special Stage

Attributes

ReleaseDate : 2003/06/26
PackageQuantity : 1
Platform : PlayStation2
ESRBAgeRating : Everyone
Label : セガ/セガ・ロッソ
ItemDimensions : 0
PartNumber : SLPM-65268
Studio : セガ/セガ・ロッソ
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 7,344
EANListElement : 4974365830304
Manufacturer : セガ/セガ・ロッソ
CatalogNumberListElement : 4974365830304
CatalogNumberListElement : SLPM-65268
MPN : SLPM-65268
Publisher : セガ/セガ・ロッソ
EANList : 4974365830304
Brand : セガ/セガ・ロッソ
CatalogNumberList : 4974365830304SLPM-65268
PackageDimensions : 7176435543

広告タグの取得

   最速に憧れる熱い若者から圧倒的な支持を得ているレーシングコミックの金字塔「頭文字D」を完全ゲーム化。プレイヤーは主人公「藤原拓海」となりハチロクを駆ってバトルを重ね、原作同様に公道最速を目指す。

   舞台となるのはもちろん実在の峠。ファンにはおなじみの秋名、碓氷など全11個所ものコースが用意されている。徹底した現地取材によるリアルさがPlayStation2の美しい画像で実現され、熱い峠攻めを自宅で体験することができる。原作の魅力を最大限に生かした「ストーリーモード」では、原作シーンを織り交ぜながらステージごとにミッションをクリアしていくことでストーリーが進行。原作シーンにはアニメ版の声優陣を全面起用しているのもファンにはたまらないポイントだ。

   アーケード版「頭文字D Arcade Stage」の「公道最速伝説モード」も収録。31種の中から好きな車を選んでライバルの走り屋たちと1対1のバトルに勝利すると、ポイントが加算される。これを貯めることにより実在メーカーのパーツで車をチューニングすることができる。

   そのほかのお楽しみ要素としては、アニメ版「頭文字D」で大人気の「move」によるスピード感あふれるユーロビートのBGMを収録。また、別売りの外付け専用コントローラ『GT FORCE 頭文字D バージョン』を使用すれば、ステアリング気分はまさに「拓海」モード全開だ。(江口 鍋)

頭文字D Special Stage

最速に憧れる熱い若者から圧倒的な支持を得ているレーシングコミックの金字塔「頭文字D」を完全ゲーム化。プレイヤーは主人公「藤原拓海」となりハチロクを駆ってバトルを重ね、原作同様に公道最速を目指す。

舞台となるのはもちろん実在の峠。ファンにはおなじみの秋名、碓氷など全11個所ものコースが用意されている。徹底した現地取材によるリアルさがPlayStation2の美しい画像で実現され、熱い峠攻めを自宅で体験することができる。原作の魅力を最大限に生かした「ストーリーモード」では、原作シーンを織り交ぜながらステージごとにミッションをクリアしていくことでストーリーが進行。原作シーンにはアニメ版の声優陣を全面起用しているのもファンにはたまらないポイントだ。

アーケード版「頭文字D Arcade Stage」の「公道最速伝説モード」も収録。31種の中から好きな車を選んでライバルの走り屋たちと1対1のバトルに勝利すると、ポイントが加算される。これを貯めることにより実在メーカーのパーツで車をチューニングすることができる。

そのほかのお楽しみ要素としては、アニメ版「頭文字D」で大人気の「move」によるスピード感あふれるユーロビートのBGMを収録。また、別売りの外付け専用コントローラ『GT FORCE 頭文字D バージョン』を使用すれば、ステアリング気分はまさに「拓海」モード全開だ。(江口 鍋)

きたっ!

ドライビングシュミレーションとしては出来は悪い部類ですね。実車では有り得ない動きをします。
「なんでR34がスタートダッシュでAE86に負けるんねん!」と思わずつっこみたくなります。
アーケードモードで改造できますが、改造しても、はっきり言って意味ないです。リプレイの画が変わると言う意味位。種類もあんまりないですし。
ただ、車の大きさは設定に入っているようで、大きい車を使用するとその分走りにくくなります。
ま、レース「ゲーム」としては、簡単で面白いかな。難易度はそれほど高くありません。
主人公や原作の雰囲気に染まりたい方、とりあえず峠をブイブイ飛ばしてストレスを発散したい方(是非GT-FORCEを使ってください)、レースゲーム初心者の方にお勧めします。
ですが、決して同じ感覚で実車を扱わないように。
絶対事故リます。

ゲームとしてではなく、Dファンとして買い

・車の挙動が非現実的すぎ。
・エンジン音がチープ。
・メニューやボタンのデザインが最悪。効果音もうるさい。
・モデリングが安っぽい。重量感が感じられない。
・タイヤを滑らせる時の煙・・・白い布に見える。
頭文字Dに安い車のゲームをひっつけた感じ。
車がメインなんだからもうちょっと作りこんでもよかったのでは?
コースは良く出来ているが、いかんせん車がひどい。
「やっぱセガか・・・」と思ってしまった作品。
オープニングはかっこいいし、音楽は最高。
Dをこよなく愛する人はゲームとしてではなく、ある種のDとして買い。
Dが好きで車の挙動やリアルさにこだわる人はGT買って
CDプレイヤーでユーロビートかけながらプレイするのがベター。

レースゲームとしては?

スピードが無茶苦茶。100Km以上でヘアピンを曲がるなんて。コントロールなんてできない。
ガードレールに当たらない様に走るだけ。ヘアピン以外は全開でアクセルワークは殆ど不要。
スピードが速いので4速、5速ばっかりで、一度失速したら加速しないから、抜き返すことはほぼ無理。
また、排気音がめちゃくちゃ貧弱。
車を変えても変わるのはほぼグラフィックだけ。
レースゲームを楽しみたい人は絶対お勧めしません。

きたっ!

 頭文字DのアーケードゲームのPS2移植作。しかし、ただの移植ではなくふんだんに家庭用ゲーム機オリジナルの要素が盛り込まれています!今までも頭文字Dはいくつもゲーム化されてきましたがファンでもあまり満足いくものは少なかったのではないでしょうか(特にセガサターン版はあまりにひどかった、、、。)
 美麗なグラフィックに驚きました。原作で馴染みの深い峠が細部まで再現されています。素晴らしい!さらにアニメそのままのキャラクター達がファンを魅了します。しかも声優さんもそのまま!
 旧来のゲームで一番の難点であったであろう車の挙動に関しても今回は折り紙付きで期待に応えてくれそうです。大分こだわっていただけたようで。さらに専用コントローラー(GT FORCE)??使えば完全に運転気分に浸れます。是非、リアルにガムテープデスマッチを(笑)意味がわからない人は原作を読みましょう!
 原作ファンは即買いで大丈夫そうです。原作をまだ読んでいない車好きやグランツーリスモにはまっていた方は同時に原作もそろえる事をお薦めします!このゲームやったら原作が読みたくなってしまうことと思われますので。
 ほんとに待ってました!!

期待のタイトルです

アーケードで大好評のこの作品。特に評価すべき点は、やはり操作性の良さとスピード感の爽快さでしょう。峠系のレースゲームでこれ程まで爽快に攻められる作品はかつてあまりなかったのではないでしょうか?アーケードでは、リピーターを確保するためのカードシステムの導入、文頭でも書きました操作性の良さとスピード感の爽快さ、細部まで作り込んだコースの美しいグラフィック、そして頭文字Dというネームバリューの高さ、これらの要素が上手く絡み合いユーザーから高い支持を得ました。今回移植されるにあたり、2P対戦ができない(現時点では)というレースゲームとしてはとても残念な事がありますが、新コース追加やストーリーモードの採用など、家庭用オリジナルの要素がとても充実しているので??満を感じさせない素晴らしい完成度です。強くおすすめします。
追記 先日店頭用の体験版をプレイしてきました。やってみての感想は、アーケードとまったく違和感はありません。普通のコントローラーでの操作性が気になっていたんですが、正直やりやすいです。走行中にもキャラクターが原作でもお馴染みのセリフを色々喋ってくれるので、アーケード以上にのめり込んでしまいました。車のグラフィックもPS2版の方が綺麗に感じましたね。ここまで作り込んで頂けたセガロッソに敬意を表したいです。

まあ、いいんじゃない?

GT4や街道シリーズと違い、操作が単純でやりやすいです。
やりやすいが故にコンマ一秒のタイムを削ろうと、かなり本気でやりました。
私の秋名山の下りのタイムは、AE86トレノで、2分57秒ぐらいです。インターネットの全国
ランキングによると、690位ぐらいだそうです。ちなみに一位の人は、2分48秒台です。
(早すぎますね。どうやったらそんなにでるのでしょうか?)
で、ゲームの評価に戻りますと、公道最速伝説に加え、拓海になりきるストーリーモードというのもまたおもしろいです。
ゲームセンターのアーケードステージVer.3をはじめようと思っている人は、これでコースを完璧に
覚えてからいくと、お金を節約できます。(土坂の練習はPSPのストリートステージで)
面白さでは星5つですが、アーケードステージVer.3をもとにした次回作がPS2で出ることを期待して、
星4つにしました。頭文字Dファンには必携の一本です!           

ファンにはたまらない!

いよいよPS2に登場。ゲ-センではギャラリ-に見られるのが恥ずかしくて出来なかった人におススメです。私は拓海より啓介なのですが、アニメと同じ声優さんを使ってるというところがたまらないポイントです!隠れファンの女の子には是非!!

ファンならいちよう買いでしょ

PS版のイニシャルDに比べて随分よくなった。まずコースが、細かく再現されていたり、登場キャラ全員に声が入り、曲が多くなり、車やチューニングのレパートリーが増えファンにとっては、良い作品だと思う。でも、車の操作が簡単だったり、ロードが長いなどの問題点もすくなくはない。

楽しすぎて悪い面が気になりません。

グランツーリスモ3も持っていますが、ゲームの方向性が全然違うと感じました。頭文字Dは、ある程度の人が遊べるよう難易度が調節されたゲームセンターでも設置されているレースゲームだということです。(グランツーリスモもあったらごめんなさい。)このゲームは、自動的にドリフトがかかるので、グランツーリスモ3でラリーカーのコースでしかドリフトができなかった私にとっては最高に面白いです。また、家庭用はレース中に相手がしゃべりまくるので、相手によっては笑いながらプレイできます。頭文字Dファンなら、絶対にお勧めです。

面白い

スピード感がたまらないしゲーセンの感覚あじわえます。 キャラがバトル中しゃべったりユーロビートが流れたり 溝落としやブラインドアタック、地元走りなど頭文字Dならではの技が使える。 ただし、 あ く ま で 「頭文字D」のための、原作が好きな人向け。 走りがリアルじゃないのも原作の非現実的な世界観を残すため意図的にこうなったもの。 このゲームをドライビングシュミレーションとか言ってしまう痛い人がいますがそういうゲームと比べて評価すると痛い目見ます。
頭文字D EXTREME STAGE PlayStation3 the Best
グランツーリスモ4
首都高バトル0
湾岸ミッドナイト