Rainbow (CCCD)

Rainbow (CCCD)

Attributes

ReleaseDate : 2002/12/18
NumberOfItems : 1
Format : CD
ItemDimensions : 50500575
SeikodoProductCode : AVCD-17239
Type : Unknown
PublicationDate : 2002-12-18
EANListElement : 0766489773025
EANListElement : 4988064172399
Manufacturer : エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
UPCListElement : 766489773025
EANList : 07664897730254988064172399
Brand : エイベックストラックス
PackageQuantity : 1
Artist : 浜崎あゆみ
Label : エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
Studio : エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 3,146
Publisher : エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 766489773025
PackageDimensions : 5455518497
UPC : 766489773025
Languages : 英語Unknown
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - everlasting dream
2 - WE WISH
3 - Real me
4 - Free&Easy
5 - Heartplace
6 - Over
7 - HANABI
8 - taskinillusion
9 - everywhere nowhere
10 - July 1st
11 - Dolls
12 - neverending dream
13 - Voyage
14 - Close to you
15 - independent
Rainbow (CCCD) [CD] 浜崎あゆみ

Rainbow (CCCD)

2002年唯一のミリオン・ヒット・シングルとなった『H』を含む5枚目のアルバム。浜崎あゆみというアーティストは常に「哀しみ」と向き合うことで、ぼう大な数のリスナーを引きつける音楽(歌詞)を生み出してきたわけだが、この作品で彼女は、おそらく初めて、「幸福」というテーマに取り組んだのではないだろうか。いつになく伸びやかな声と柔らかさを増したメロディ、そして、「悪くないかもね こんな毎日」(「independent」)をはじめとするリリック。人々が幸せの在り方について迷っている現在、本作はまたもや、多くの共感を呼ぶことになるだろう。(森 朋之)

なんでこんな不評?

最高です。
これが私の中で浜崎ベストです。
私が聴くのはこればっかりです。

RAINBOW

間違いなく最高傑作。なんだかいろんな人に叩かれていますが、浜崎あゆみの個性が一番出てる作品だと思う。このアルバムで初めて英語詞を採用し、浜崎あゆみの可能性がさらに広がったはず!デビュー初期「A Song for ××」「LOVEppears」と比べると、ボーカルが相当変わっています。初期の歌声がお好みの人は引くかも知れません。でも僕は良いと思います。シークレットトラックも入って楽しみ満載!

お薦め

シングルがたくさん入っているが、アルバムの完成度は高い。
聴けば聴くほど味が出てくる。

今回のアルバム、

聴けば聴くほど味が出る、って感じです。
最初聴いたときは
「え~っ!?”迷”作?」
って思ったけど、聴いていくうちに、「WE WISH」「Real me」「everywhere nowhere」「Dolls」「Close to you」といったアルバムオリジナル曲がいいと思うようになりました。
やっぱり、良く聴いてみないと本当の魅力って分からないものですね。
でも、さすがにシークレットトラックは・・・。

失礼ですが、初期ファンに一言

収録曲が雑多、という評価が多いが、毎回様々な作風にチャレンジする、その精神は尊敬できると思う。
今回から英語の歌詞も混じるようになるが、全然違和感無く、むしろ新鮮ですらある。
特に「Over」はとても良い!
浜崎が初期に比べて変わったという意見を結構聞くが、変化し続けてきたから、今日まで多動の音楽業界に生き残ってこれたのだと思う。
これからも、良い音楽を聴かせ続けて欲しい。

曲はいいんだけど・・・

 このアルバムに収録されているシングルはどれも好きじゃないのでアルバム曲に期待して購入。歌詞に英語が使われていて驚きました。と言うのも、デビュー当初「英語は直接伝わらないから書かない。そのかわりタイトルを英語にするのはいろんな意味を持たせたいから。」と言っていたのを思い出したからです。始めはその思いは貫いて欲しかったなと思いましたがメロディーを聴いてみると英語の方があっているのかなと思いました。アルバム全体的にはジャケットのような神秘的なサウンドになっています。ただ、「Voyage」の歌い方は嫌いです。ビブラートが揺れすぎて思わず顔を歪めてしまいます。

皆がいうほど悪い!?

タイアップが全面に出てしまい、確かに目新しさという点から言えば
低いと言えるでしょう。しかし!!!タイアップのVoyageや、シング
ル以外全てアルバム新発表曲だとすればきっと目新しさを感じたはず
です。
私は基本的に減点法なので(笑)、星が4つなのですが、その理由は、
1.バラードが非常に少ない(でもClose To Youはいいですよ!)
2.ボーナストラックの「RAINBOW」がWindows Media PlayerかReal Playerによる再生なので、音質が悪い!
ということです。
まぁ、確かに浜崎あゆみの生の声が少なくなり、機械を通し、エフェ
クトをかけている声が多かったので、その点では原点に戻ってほしい
とは思います。

あゆの個性が十分にでているアルバム。必見!

この「 Rainbow 」というアルバムは、あゆの個性が出ていて好きな曲が多いです。と言っても悪い曲はありませんが・・・。
表紙もいい感じです。
全15曲でシングルカットされた曲ばかりで、みんな聞いたことがある曲ばかりだと思います。ヒットシングルの「H」の3曲ももちろん収録。「Voyage」もいい曲だと思います。
あゆは女の子に人気があるけれど、男子にもあゆの曲を聞いてほしいなと思います。

女王の意地を見た。

完璧。
そして彼女の真骨頂にして新境地。
歌い手・作り手・世界観・・・
全てがギリギリのラインを保ちつつ、行き過ぎる処も、
物足りなさも、そのどちらの印象も与えない明確な音作りで
聴き手を魅了する内容だと思います。
前作「I am...」から見られ始めた前向きさはより顕著となり、
私生活の充実さも垣間見える。
英語詞を取り入れるなど、新しい試みはそうした心のゆとりからも
現れる要因と、当時なっていたのではないでしょうか。
ネガティブに人生は何かを問い掛ける、以前のスタイルが
消えてしまったのかというと、決してそうではなく、
個人的主観で語られた前作までのイメージは極力その姿が薄れ、
あらゆる人達がその主人公となるような大きなテーマへと、
シフトチェンジされたように思えます。
世界シェアをより意識した内容を目指したのも一つのきっかけ
なのかも知れないけど、その世界観はきちんとした土台が組まれ、
手を抜く姿を一切感じさせることは無いです。
この「Rainbow」から、次回作「MY STORY」までの
一連の流れや作風が、現段階で彼女の自己ベスト的領域だと思います。
(あくまで個人的にですが。^^;)
1st〜3rdまでは、あくまでavexらしい歌い手さん。
そんな彼女が4thで自己に目覚め、このアルバムで、
アーティストと呼ぶに相応しい大輪の花を咲かせたように感じます。
曲に合ったアレンジャーが選ばれているのは勿論のこと、
CREA名義の曲に名曲揃いなのも、このアルバムの特徴ではないかと思います。
D.A.Iとのコラボレーションに間違いが無いのは、承知の通りですが、
「Heartplace」のような個人名義での楽曲のクオリティーの
高さも必聴です。
苦しみ・迷いを語る詞に応えるかのような、そのメロディーに、
彼女の著しい成長を感じることが出来ると思います。
ゆるさやブレイクを感じさせず、かつ明確で迷い無く自己主張を貫く、
この2枚のアルバム(Rainbow & MY STORY)のような作品を、これからも
彼女にはリリースし続けて欲しいとそう願って止みません。
余談:
「song+nation」でのコラボレーションが影響してか、
前述の「Heartplece」や、「everywhere,nowhere」の
バックコーラスなどでAYUの尊敬する、KEIKO氏の歌唱スタイルを
取り入れた歌い方をしているのも、ある種、聴きドコロかと。
それの良し悪しはさておいてですけど・・・w

ayuは好きですが・・・

いい一枚です!と言いたいところですが、私はこの一枚を聞いて落胆しました。
本当にayuの曲なのか、本人の歌詞なのかも疑わしいものだと思ってしまっています。
最初のアルバムに比べ、段々とayuの本心を語る様な曲が少なくなってきていると思います。
題名は英語でも、他のアイドル達と違って歌詞に英語を入れないところがayuらしくてとても好きでした。
しかし、今回は英語の歌詞が入りすぎです。
そして、その他のアイドルさん達が歌っている様な歌詞になっています。
ただの恋愛系じゃない、もっと心の奥深くを追求し、歌詞で表す・・・それがayuだと私は思っていましたが、普通の曲になっていてがっかりしてしまいました。
とても残念です。
でも、これからも頑張って欲しいと心から思ってます。
I am …
Duty
MY STORY(SACD)
LOVEppears