Greatest Hits 1970-2002

Greatest Hits 1970-2002

Attributes

ReleaseDate : 2002/11/12
NumberOfItems : 1
Model : 2003068
Format : Import
Format : Best of
Format : Double CD
ItemDimensions : 6749233555
Type : Published
Type : Unknown
PublicationDate : 2002-11-12
EANListElement : 0044006347820
Manufacturer : Utv Records
UPCListElement : 044006347820
EANList : 0044006347820
Brand : Utv/uni
PackageQuantity : 1
Artist : Elton John
Label : Utv Records
PartNumber : 6 3 09865708
Studio : Utv Records
ProductGroup : Music
MPN : 6 3 09865708
Publisher : Utv Records
Language : 英語Published
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 2
UPCList : 044006347820
PackageDimensions : 7055040500
UPC : 044006347820
Languages : 英語Published英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Your Song
2 - Levon
3 - Tiny Dancer
4 - Rocket Man (I Think It's Going To Be A Long Long Time)
5 - Honky Cat
6 - Crocodile Rock
7 - Daniel
8 - Saturday Night's Alright (For Fighting)
9 - Goodbye Yellow Brick Road
10 - Candle In The Wind
11 - Bennie And The Jets
12 - Don't Let The Sun Go Down On Me
13 - The Bitch Is Back
14 - Philadelphia Freedom
15 - Someone Saved My Life Tonight
16 - Island Girl
17 - Sorry Seems To Be The Hardest Word

Disc 2 / Track

1 - Don't Go Breaking My Heart
2 - Little Jeannie
3 - I'm Still Standing
4 - I Guess That's Why They Call It The Blues
5 - Sad Songs (Say So Much)
6 - I Don't Wanna Go On With You Like That
7 - Nikita
8 - Sacrifice
9 - The One
10 - Can You Feel The Love Tonight
11 - Circle Of Life
12 - Believe
13 - Blessed
14 - Something About The Way You Look Tonight
15 - I Want Love
16 - Written In The Stars
17 - This Train Don't Stop There Anymore
   本作はエルトン・ジョン卿の3レーベルに及ぶヒット曲のすべてを初めて1つのアルバムに収めている。以前なら本作に収録したヒット曲を収めるにはCD4枚が必要だったろう。多くの人はこの伝説的なパフォーマーの最盛期は1970年代の初めから中ごろまでだと考え、1970年の「Your Song」から 1977年の「Sorry Seems to Be the Hardest Word」にわたる一連の名曲に強い印象が残っているだろう。けれども今こうして振り返ってみると、「I'm Still Standing」や「Sad Songs」といった 80年代のヒット曲の多くが、それ以前の驚異の名曲群の仲間入りをしていることに気づく。ディズニー映画で用いられた3曲、みずみずしい「The One」と『Songs from the West Coast』収録の2曲は、70年代の黄金時代の再来と賞賛された。本作を通して聴けば、マイケル・ジャクソンがのちに宣言したものの、ジョンがかつて60年代後の音楽におけるポップスの王様の地位に一番近い位置にいて、流行に敏感な者からも一般大衆からも等しく敬意を集めていたことが強く感じられる。(Bill Holdship ,Amazon.com)

Greatest Hits 1970-2002

本作はエルトン・ジョン卿の3レーベルに及ぶヒット曲のすべてを初めて1つのアルバムに収めている。以前なら本作に収録したヒット曲を収めるにはCD4枚が必要だったろう。多くの人はこの伝説的なパフォーマーの最盛期は1970年代の初めから中ごろまでだと考え、1970年の「Your Song」から 1977年の「Sorry Seems to Be the Hardest Word」にわたる一連の名曲に強い印象が残っているだろう。けれども今こうして振り返ってみると、「I'm Still Standing」や「Sad Songs」といった 80年代のヒット曲の多くが、それ以前の驚異の名曲群の仲間入りをしていることに気づく。ディズニー映画で用いられた3曲、みずみずしい「The One」と『Songs from the West Coast』収録の2曲は、70年代の黄金時代の再来と賞賛された。本作を通して聴けば、マイケル・ジャクソンがのちに宣言したものの、ジョンがかつて60年代後の音楽におけるポップスの王様の地位に一番近い位置にいて、流行に敏感な者からも一般大衆からも等しく敬意を集めていたことが強く感じられる。(Bill Holdship ,Amazon.com)

ボーナスディスクについて

こちらのCD、今から買う人は注意ですよ。(Bonus Disc)って記載はありますけど、もう今から届くCDにはつかないと思います。それでも34曲は結構なボリュームですけどね。でも、ボーナスディスクは欲しかったな…。実際、僕の買ってやつにはついてなかったので、念のため。

Your Song から Your Sons 2002へ

毎年恒例のエルトンのニューアルバムが発売されました。新録音版ではなくベスト物です。長年のファンの方には物足りないか
もしれませんが(近年ダイアナ元王妃の葬儀時にエルトンのCandle In Wind 1997を聞かれた方、94年にライオン・キングを見た時に流れた主題歌
「愛を感じて」を聞かれた方で、その後にエルトンの音楽に触れられる機会が
なかった方にはぜひこのベストアルバムを買って頂き、それ以前(勿論それ
以降もですよ)のエルトンの音楽史にふれて頂きたい。32年以上のキャリアを持ち、なお且つ現役のアーティストはそういませんよ!

∫Excellent∫>∞

選曲がすばらしい!この一言に尽きます。
個人的には、リトル・ジニーが入っている時点で買いだと判断しました。あの曲は、隠れた名曲で、80'sのYour Songといっても過言ではないと思います。また、大ヒットした曲がほとんどカバーされているので、一家にひとつ是非おいておきたい一枚です。
1つ要望としては、グッバイ・イエローブリックロードにはいっている
《葬送~血まみれの恋はおしまい》を入れてほしかった。
ライブでもよくやるし、これも隠れた名曲だと思うんですが・・・。
10分を超える曲をベスト版に入れるのはなかなか難しいのかなぁ。
あの曲はエルトンのロックンローラなところを存分に堪能できる曲だと思います。是非次の機会にはよろしくお願いしたいものです。しかし、それにしてもいい選曲だなぁ・・・。

∫Excellent∫>∞

選曲がすばらしい!この一言に尽きます。
個人的には、リトル・ジニーが入っている時点で買いだと判断しました。あの曲は、隠れた名曲で、80'sのYour Songといっても過言ではないと思います。また、大ヒットした曲がほとんどカバーされているので、一家にひとつ是非おいておきたい一枚です。
1つ要望としては、グッバイ・イエローブリックロードにはいっている
《葬送~血まみれの恋はおしまい》を入れてほしかった。
ライブでもよくやるし、これも隠れた名曲だと思うんですが・・・。
10分を超える曲をベスト版に入れるのはなかなか難しいのかなぁ。
あの曲はエルトンのロックンローラなところを存分に堪能できる曲だと思います。是非次の機会にはよろしくお願いしたいものです。しかし、それにしてもいい選曲だなぁ・・・。

エルトンの

ベストとかコレクションには、殆ど「ハズレ」というのがない。それだけ素晴らしい曲を書き続けているということなのか、やはり彼の才能には脱帽する。このベストはデビュー時から今まで(2002年に日本ツアーに来た時に歌われたものなど)も入っているから、ファンならぜひ欲しいベストだと思う。選曲も悪くない。色んなエルトンが聞けると思う。ディスク1は60~70年代、ディスク2は80~90年代のエルトンで、どれもとても違う。どの時代の曲も好きな私にとっては諸手を上げて喜んでしまうCDだ。ただ、こういうベストになると、音源はどうなってるのかが気になる。リマスターされているのかとか、書いてくれると助かるのだが…

豪華絢爛 究極のベストアルバム

なんと豪華なベストアルバムなんだろう。30年以上にわたるエルトンジョンのヒットナンバーが2枚のCDに詰め込まれている嬉しいグレーテストヒットの登場だ。同種のものは何度かリリースされてきたが、曲数の多さや選曲の良さからしても今回のは最高のものであると断言できる内容だと思える。エルビス、ビートルズ、のベスト盤と並んで一家に一セット常備しておきたい。持っていて絶対損の無いベストアルバム。

究極的コレクション

Elton Johnのキャリアを総括する究極的ベスト盤である。全34曲+ボーナスCD4曲というボリュームには圧倒されるが,価格を考えれば,このコスト・パフォーマンスは凄い。ボーナスCDは1曲(仰々しく盛り上がるYour Song 2002)を除いて既発のバージョンだが,やはりGeorge Michaelとの"Don't Let the Sun Go Down on Me"の収録は嬉しいところ。収められた楽曲群の質の高さはもはや言うまでもなく,長く繰り返し聴かれるべき名曲の数々である。万人に推薦できるポップ・ミュージックの一つの王道。

やはり70年代が全盛期か・・・

何と言っても1枚目がベスト。
個人的には高校生の時に流行ったNIKITAが嬉しい。
でも、candle in the wind ダイアナ妃版は入っていないのね。

ほんとすばらしいです。買ってよかった!

エルトン・ジョンはダイアナ妃の歌で知っただけであとはまったく知らなかった。でも最近アリーにゲスト出演ででてきてその曲がまたよくてよくて、どうしても聞きたくなって買いました。ほんと、アリーにでても最初はエルトン・ジョンってわからないくらいの人からいまやすっかり大ファンです。特にライオンキングの曲は最高!
ただこの選曲はよいのですが、1枚目がいまいちなのです。その代わり2枚目がすべてとびぬけてすばらしい曲ばかりですのでぜひぜひお勧めです。最近知った私ですがやっぱりエルトン・ジョン様はトップの地位に君臨しているお方だとわかりました。
ビリー・ザ・ベスト
ビリー・ザ・ヒッツ
〈おとなBEST〉ベスト・オブ・ギルバート・オサリバン
GOODBYE YELLOW BRICK ROAD