Ray Brown/Monty Alaxander/Russell Malone

Ray Brown/Monty Alaxander/Russell Malone

Attributes

ReleaseDate : 2002/10/22
NumberOfItems : 1
Model : 2023695
Format : Limited Edition
Format : Import
ItemDimensions : 47555488
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 2003
EANListElement : 0089408356223
Manufacturer : Telarc
UPCListElement : 089408356223
EANList : 0089408356223
Brand : Telarc
PackageQuantity : 1
Artist : Brown
Artist : Alexander
Artist : Malone
Label : Telarc
PartNumber : 1705549
Studio : Telarc
ProductGroup : Music
MPN : 1705549
Publisher : Telarc
Language : 英語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 089408356223
PackageDimensions : 5455518497
UPC : 089408356223
Languages : 英語Published英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Django
2 - Fly Me To The Moon
3 - Blues For Junior
4 - Honeysuckle Rose
5 - Compassion
6 - Dexter's Deck
7 - I Just Can't See For Looking
8 - One For Hamp
9 - Don't Go
10 - Look Who's Here
11 - You Can See

Disc 2 / Track

1 - Tin Tin Deo
2 - CRS-CRAFT
3 - Tanga
4 - En Estate
5 - Bye, Bye Blackbird
6 - Blue Monk
7 - St. Louis Blues
8 - Lament
9 - Get Happy
10 - Mysterioso
Before he left us in July 2, 2002, Ray Brown reigned as the king of jazz bassists for over five decades. As a disciple of Oscar Pettiford and Jimmy Blanton, Brown's sturdy tone, impeccable technique, and swinging drive propelled Ella Fitzgerald, Oscar Peterson, Milt Jackson, and countless other jazz stars to fame. On this CD, his 18th recording for the Telarc label and his fifth in his celebrated Best Friends series, Brown is joined by the young guitar wizard Russell Malone and the lyrical, Jamaican-born pianist Monty Alexander. The drumless lineup is a tribute to the groundbreaking trios Brown lead with Oscar Peterson, and the music is simply remarkable. With Alexander's flowing pianisms shadowed by Malone's articulate guitar work, Brown's deep grooves are only topped by his flawless melodic ideas. If that isn't enough, this specially priced set also contains another CD with tracks from Brown's previous Telarc releases, selected by producer Elaine Martone. It further proves that no one has, or will, play the bass like Ray Brown. --Eugene Holley Jr.

選曲と録音環境の良さが魅力的 

このCDではじめてモンティ・アレキサンダーを聴いた
ピアノでそんなフレーズ弾けんの?って感じのトリッキーな演奏者、かなり好き
本人達こだわりの録音環境らしいけどギタリストのラッセル・マローンの音がおもしろい
アンプに繋がずにフルアコの生音をそのままマイクで録ってモニタリングしながら演奏しているような感じ
テイクによっては生音とアンプリファイズされた音がかすかにブレンドされたような音にも聞こえる
自分は好きだけど人によっては受け入れられないかもしれませんね
レイブラウンはもう言わずもがなって感じ、あえて言うなら好きだからもっとソロ取って欲しかった それだけ
いいアルバムだと思います

静かに燃えてますよ。

ドラムなしのトリオです。
三人の巨匠が生き生きとアドリブをとっていて、なんかジャズらしいジャズといった感じ♪
流石っという歌心&時折に魅せるトリッキーさがたまりません。
特にTrack02のFly Me To The Moonはたっぷり8分の熱演です。
自分はこのギターにやられました。かなり熱いですよ♪
言葉足らずですいません。とりあえずこのテイクだけでも買って損しないので聴いてみてください。
それと…ベースもピアノも綺麗にとれています。
ただ、ギターが半分くらい生音なのか変わった音です。少し奥まった感じ。
自分はすぐ好きになれましたが。
こだわりの録音環境なようで、楽器それぞれに何のマイクを使ったとか書いてありました。
そういうのに詳しい人にとっては、更に理解できる凄さがあるのかも…?
Soul Fusion
Bluebird
Love Is Here To Stay
Soular Energy