SCORE[スコア] [DVD]

SCORE[スコア] [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2002/10/25
NumberOfItems : 1
AudioFormat : Dolby Digital 2.0 Stereo
Format : Color
Format : Dolby
SeikodoProductCode : BCBJ-1356
Type : Original Language
EANListElement : 4934569613561
Manufacturer : バンダイビジュアル
RegionCode : 2
EANList : 4934569613561
Brand : バンダイビジュアル
AspectRatio : 1.66:1
Director : 室賀厚
Label : バンダイビジュアル
Studio : バンダイビジュアル
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 4,104
Publisher : バンダイビジュアル
Language : 日本語Original LanguageDolby Digital 2.0 Stereo
Actor : 小沢仁志
Actor : 江原修
Actor : 小沢和義
Actor : 高野みゆき
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5871018542
Languages : 日本語Original LanguageDolby Digital 2.0 Stereo
Name : 日本語

広告タグの取得

   刑務所を出所したチャンス(小沢仁志)は、大佐(宇梶剛士)の指示で仲間(江原修、水上竜士、山下真広)を集めて宝石店を襲撃するも、逃げ込んだ廃墟でクレイジーなカップル(小沢和義、高野みゆき)に宝石を奪われてしまう。誰が裏切るかわからない緊迫した状況の中、チャンスらは宝石を奪回しようとするが…。
   製作費3000万円という低予算ながら、室賀厚監督ら若手スタッフ・キャストの連帯で見事ジャパニーズ・エンタテインメントを構築させたハード・アクション映画。ストーリーやキャラの設定などはさまざまな映画から引用しているのが一目だが、それすらも映画そのもののエネルギーに転化させて繰り広げられる陰謀と裏切りと銃弾の嵐は快感極まりない興奮を味わえる。映画に必要なものとは技術よりも何よりも、まずは熱い意欲であることを改めて痛感させられる快作である。(増當竜也)

SCORE[スコア] [DVD]

刑務所を出所したチャンス(小沢仁志)は、大佐(宇梶剛士)の指示で仲間(江原修、水上竜士、山下真広)を集めて宝石店を襲撃するも、逃げ込んだ廃墟でクレイジーなカップル(小沢和義、高野みゆき)に宝石を奪われてしまう。誰が裏切るかわからない緊迫した状況の中、チャンスらは宝石を奪回しようとするが…。
製作費3000万円という低予算ながら、室賀厚監督ら若手スタッフ・キャストの連帯で見事ジャパニーズ・エンタテインメントを構築させたハード・アクション映画。ストーリーやキャラの設定などはさまざまな映画から引用しているのが一目だが、それすらも映画そのもののエネルギーに転化させて繰り広げられる陰謀と裏切りと銃弾の嵐は快感極まりない興奮を味わえる。映画に必要なものとは技術よりも何よりも、まずは熱い意欲であることを改めて痛感させられる快作である。(増當竜也)

小沢仁志の代表作

邦画で香港アクションやろうって感じで意気込みは買います!
いろいろな映画からの引用も気にならない!
ただし クライマックスのガンバトル 弾浴びすぎ
完全に死んでるよ
香港映画でもあそこまでは致命弾喰らってないし
興ざめしてしまうのがマイナス

小沢仁志の代表作

ここまで遠慮もなく派手にパクってしまうとレザボア・ドッグスではなくまぎれもなくSCOREだ。小さな頃に見たスクールウォーズというドラマに不良高校生役として出演していた小沢仁志を見た瞬間に懐かしさを感じた。銃弾がこれでもかこれでもかと飛び交い、次々に被弾するハードバイオレンスアクションもの。低予算で作られたのか見てるとおかしな点がいくつも・・・何十発も被弾しながら走るギャング達、いきなり連れてこられた一般人であろう棒読みセルフとうろつく目で演技する外人役者・・・意味のわからない覆面・・・すぐ引き鉄弾けば決着つくものを回りくどく勝負するシーン・・・。ただひたすら楽しめる!役では誰のファンになったかを語り合える!まさに小沢ワールド。

小沢を知るなら

この作品から見るとよいだろう。私はふとしたきっかけで、竹内力にはまり、「他にいい日本のアクション俳優はいないかな?」と思い、小沢仁志のこの作品を見た。正直かなり興奮し、何度も見返した。同時に日本の敷居の高さに驚いた。とにかく銃を撃ちまくり、キャラクター設定が飛びまくり、派手に飛びまくり、そして、ラストが何だか爽やか。とにかく笑って、興奮して、そして江原修の演技が感動を運んでくれる。正に遊園地映画とでめ言うべきだろうか。また、海外作品をよく見る方々なら解るかもしれないが、劇中に出てくるボウガンの男、ガラス越しに撃ち合うシーン、宮坂ひろしがやっている役はもろにジャン=クロード=ヴァンダム主演の「ハードターゲット」からの引用だ。しかも「ハードターゲット」でヴァンダムの演じた主人公の名前がチャンスだった。もろに引用し過ぎだが映画ファンならこの他にもある様々なモトネタ探しも、この作品の楽しみの一つだと思う。とにかく一度見る事をオススメしたい。
P.S 9割はガンアクションが主体なのでスタイリッシュな肉弾戦が好みの人にはあまり向かない作品かもしれない

よくぞ日本映画で!

最初の30分くらいは、ちょっと退屈です。でも、見続けてください。
最後の最後にあっと言わされ、じーん。。。(『龍虎風雲』がみたくなるけど。。)
日本映画にSCOREあり、よくぞ、やってくれました。スタッフとキャストの熱意に感動。Japanese Gorgeous Creatures小沢兄弟、なぜあんなにかっこよく走れるのか?なんであんなにGUNの扱いが上手いのか??そして江原修さん、泣かされましたぞ!最高。

大快作!

低予算…だが、それをスタッフ・キャストのエネルギーで軽くカバー。
客が楽しんでくれるならナンでもやる!という情熱がこれでもかと詰め込まれた大沸騰活劇。
これほど熱い作品はそうないです。とにかく熱くて面白いアクション映画!

怖い・・・

劇場公開(!)前にテレビでやっていたインタビューの中で
「弁当を減らしてもいいから弾薬を増やそうっていうスタッフばっかりなんですよ」みたいなことを関係者が誇らしげに語っていたのが印象的です。
ちょっとかっこよく聞こえるけど、少し考えてみれば弾薬増やしたって映画が面白くなるわけじゃないよねぇ。かなり恐ろしい考え方です。
五分で十分!
【Amazon.co.jp限定】カメラを止めるな! [Blu-ray] (「ONE CUT OF THE DEAD 現地リハーサル通しver.」DVD付)
いつかギラギラする日 [DVD]
トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン デラックス版 Blu-ray
ソナチネ [DVD]