Sweet Is the Melody

Sweet Is the Melody

Attributes

ReleaseDate : 2002/10/08
NumberOfItems : 1
AudioFormat : Stereo
AudioFormat : Stereo
Format : Import
ItemDimensions : 3356224492
Type : Published
Type : Unknown
PublicationDate : 2002-10-08
EANListElement : 0696998770720
EANListElement : 0069699877072
Manufacturer : Sony
UPCListElement : 069699877072
UPCListElement : 696998770720
EANList : 06969987707200069699877072
Brand : Sony Classical *cl*
PackageQuantity : 1
Artist : Aselin Debison
Label : Sony
PartNumber : 696998770720
Studio : Sony
ProductGroup : Music
MPN : 696998770720
Publisher : Sony
Language : 英語PublishedStereo
Language : 英語UnknownStereo
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 069699877072696998770720
PackageDimensions : 5455518497
UPC : 069699877072
Languages : 英語PublishedStereo英語UnknownStereo
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Sweet is the Melody
2 - The Dance You Choose
3 - Rise Again
4 - Moonlight Shadow
5 - Over the Rainbow/What a Wonderful World
6 - Out of the Woods
7 - Driftwood
8 - Some Days
9 - Once in Every Life
10 - Love So Rare
11 - Getting Dark Again
12 - To Say Goodbye To You
13 - The Island
14 - The Gift
   60年代のカウンターカルチャーの合言葉「30歳以上の奴を信じるな」が、「14歳以上の奴を信じるな」に変わる日が来るのだろうか? まだ運転免許資格もないポップス界の新星の魅力を物語っているのが、「カナダ・ノヴァスコシア出身の弱冠12歳の歌姫」による本デビュー作と同タイトルのテレビ特番だ。本作は、プロデューサーにベテランのピーター・アッシャー(リンダ・ロンシュタットや10000マニアックス)とジョージ・マッセンバーグ(ガース・ブルックスやアーロン・ネヴィル)を迎えている。そして、カントリー調のクロスオーバー音楽を忠実に歌い上げ、たとえデビソンの可能性をじれったくも小出しにしていても、その透明感あふれる無垢(むく)な声にとってまたとない見せ場になっている。けれども、カリビア風の「Somewhere Over the Rainbow」で音域を上げ揺るぎないファルセットを出そうとも、ケルト的な「Driftwood」やタイトル曲であるナッシュヴィルのコンテンポラリー・ナンバーをはつらつと歌おうとも、デビソンの声はときおり安全運転の域を脱したがっているように、本作に数曲ある平凡なナンバーを越えたがっているように聴こえる。そんなデビソンだからこそ将来有望だと言えるのだ。(Jerry McCulley, Amazon.com)

Sweet Is the Melody

60年代のカウンターカルチャーの合言葉「30歳以上の奴を信じるな」が、「14歳以上の奴を信じるな」に変わる日が来るのだろうか? まだ運転免許資格もないポップス界の新星の魅力を物語っているのが、「カナダ・ノヴァスコシア出身の弱冠12歳の歌姫」による本デビュー作と同タイトルのテレビ特番だ。本作は、プロデューサーにベテランのピーター・アッシャー(リンダ・ロンシュタットや10000マニアックス)とジョージ・マッセンバーグ(ガース・ブルックスやアーロン・ネヴィル)を迎えている。そして、カントリー調のクロスオーバー音楽を忠実に歌い上げ、たとえデビソンの可能性をじれったくも小出しにしていても、その透明感あふれる無垢(むく)な声にとってまたとない見せ場になっている。けれども、カリビア風の「Somewhere Over the Rainbow」で音域を上げ揺るぎないファルセットを出そうとも、ケルト的な「Driftwood」やタイトル曲であるナッシュヴィルのコンテンポラリー・ナンバーをはつらつと歌おうとも、デビソンの声はときおり安全運転の域を脱したがっているように、本作に数曲ある平凡なナンバーを越えたがっているように聴こえる。そんなデビソンだからこそ将来有望だと言えるのだ。(Jerry McCulley, Amazon.com)

心に響く歌声

誠実な歌声が心地良い。アコースティックな優しい声の中にも時折力強さが聞こえてくる。自然で美しい声には何とも言えない心地良さを感じた。ケルトミュージックを基本とした、やさしく、時に賑やかな、そうした音楽に乗って聞こえてくる彼女の歌声は、どれも嫌味がなくて素直に聞けるものばかり。

CANON PIXUS 

家族愛がテーマのCANON PIXUSプリンターのCMソング。CMで流れて気になった曲目が収録された盤。「moonlight shadow」は聞き応え十分。ティーンになるばかりの彼女の歌声は、自分の曲を大切に思って歌っているそんな感じを与えてくれます。今後も、純粋な歌声に魅せられるファンが多くなるであろう予感が大いに期待できる作品です。

ふぅぅ~

ちょっとしばらく封印していたのですが2年ぶりに聴いています。確か雑誌でコメントされていたのをみて衝動的に欲しい!って思っていたらCDをたまたまいただきました。初めて聴いた時にはふぅぅ~ってからだの力が抜ける感じの心地よさでした。彼女が育ったカナダの田舎町が重なって見えて穏やかな気持ちになりました。伝統音楽のすばらしさも初めて知りました。気に入ってあまりにもずーっと長い期間聴いていたので思い出が詰まりすぎて私のその頃のBGMになっちゃって・・。そんなわけで、しばらくぶりに聴きながら思わずやっぱりいいなーって思って書いています。

良いですよ。

image3というオムニバスのCDを聴いて、
なぜか「ムーンライト・シャドウ」だけずっと耳に残っていて、
とうとうこのCD買いました。
私的には☆5です。
アイリッシュのダンス系メロディーや、
どことなく哀愁が漂うようなメロディーなど、聴いていてとても楽しいです。
哀愁が漂うと言っても暗くはないですし、ストレートな歌い方が良いです。
アコースティックギターやフィドルの伴奏も声の雰囲気にとても合っていると、
個人的には思います。
2ndアルバムは出るのでしょうか?楽しみです。

ナチュラル!

£3£§" ̄èa°£° ¨°-a-
¢ o¨£§è--¶"è\äooa§ ̄
¨--éè¿-"§1'é¢'\-
 ''3a"§§è'¿é§1'¿aé¨
¨ ̄£-a£°°è±¡§
-ä''3\3èaèo'-¡-
èä3--a...¨2¿°è'"¨§-
§¬""§"\-¿aa-"
£¨'-£¬2-§
 ̄3ao§3aéäa£\aäooa!£¨\-"§è''§-¡a¿£3£3° ̄
 ̄a£ä£ ̄μ"§

ドライブで、よりおうちで聞いてみて!!

このアルバムに出会ったのは、もう1年以上前・・・。
他の方のレビューがほとんど☆☆☆☆☆だったから思い切って私も購入。
この選択が間違い出なかったことはCDを聞いてみてすぐに判明!!
アルバムのタイトルにもなっている1曲目の“Sweet is the Melody”
で澄んだ歌声が心にしみました・・・。
発音もきれいだし、彼女が住んでいる自然豊かなケープブレトンの
景色が浮かんでくるようで。
この澄んだ歌声をドライブの時も聞こう!といざ車のオーディオで
PLAYしたものの、エンジン音や他の騒音に邪魔されてしまう・・・
やはり、おうちで静かな環境で聞いた方が彼女の歌声に浸る事が
出来ます・・・。
癒されたいときにはぜひぜひお試しあれ♪♪

思い切って買って良かったです!!

イマージュ3に収録されていたムーンライト・シャドウを聞いて、気に入ってしまったので、思い切ってアルバムを購入したところ、予想以上に良くてびっくりしてしまいました!!買って良かった!!こんなにいい声なのに、アルバムは一枚しか出してないし、認知度は低いし、勿体ない!!もっと人気が出てほしいです。

もっとメジャーになってほしい

彼女の歌は本当に綺麗だ。
もっと彼女の歌を聴きたいのでどんどんメジャーになっていって欲しいです。

記憶の彼方へ♪

何処の国の人だとか人種だとかを超えて、
誰もが心の故郷に帰れると思う。
アメドラ“ドーソンズクリーク”好きにはサントラとしても聞けるくらい
とにかく懐かしいような素朴で素敵な日常のような…、
そんな歌声です。すごくオススメ!!!

心が落ち着く爽やかさ

星5つ付けてるのを見て逆に怪しんでたんですが、
これが良い!
非常に爽やかな気分にしてくれる曲に、歌声もマッチしてます。
これ買って損しないですよ。
子供だからって大目に見たような評価ではなくて本当に良いアルバムです。
ビガー・ザン・ミー
Bigger Than Me
Come Away With Me
Homeward Bound