アバウト・ア・ボーイ [DVD]

アバウト・ア・ボーイ [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2003/03/07
NumberOfItems : 1
Format : Color
Format : Dolby
Format : Widescreen
ItemDimensions : 18
SeikodoProductCode : UJSD-35243
Type : Subtitled
Type : Subtitled
Type : Subtitled
Type : Original Language
Type : Original Language
Manufacturer : ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
EANListElement : 4560128823142
RegionCode : 2
EANList : 4560128823142
AspectRatio : 2.35:1
Director : ポール・ウェイツ
Director : クリス・ウェイツ
PackageQuantity : 1
Label : ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
Studio : ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ProductGroup : DVD
Publisher : ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
Language : 日本語Subtitled
Language : 英語Subtitled
Language : 韓国語Subtitled
Language : 英語Original Language
Language : 日本語Original Language
Actor : ヒュー・グラント
Actor : レイチェル・ワイズ
Actor : トニ・コレット
Actor : ニコラス・ホルト
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5871018542
Languages : 日本語Subtitled英語Subtitled韓国語Subtitled英語Original Language日本語Original Language
Name : 日本語
Name : 英語
Name : 韓国語
Name : 英語
Name : 日本語

広告タグの取得

   38歳の独身男ウィル(ヒュー・グランド)は、親の遺産のおかげで働きもせずに悠々自適の生活を過ごしていた。そんな彼の前に、12歳の少年マーカス(ニコラス・ホルト)が現れ、たちまち彼の生活はかき乱されていく。しかし、マーカスは深刻な問題を抱えていることがわかり、次第にウィルは自分に欠けているものを認識するようになる…。
 『ブリジット・ジョーンズの日記』の製作者がお届けし、二枚目ヒュー・グラントがのほほんとしたぐうたらジコチュー男を好演しているハートフル・ヒューマン・ドラマ。監督はドタバタ・コメディのヒット作『アメリカン・パイ』のポール&クリス・ウェイツ兄弟だが、ここでは一転してほのぼのとした味わいをうまく醸し出している。(的田也寸志)

アバウト・ア・ボーイ [DVD]

38歳の独身男ウィル(ヒュー・グランド)は、親の遺産のおかげで働きもせずに悠々自適の生活を過ごしていた。そんな彼の前に、12歳の少年マーカス(ニコラス・ホルト)が現れ、たちまち彼の生活はかき乱されていく。しかし、マーカスは深刻な問題を抱えていることがわかり、次第にウィルは自分に欠けているものを認識するようになる…。
『ブリジット・ジョーンズの日記』の製作者がお届けし、二枚目ヒュー・グラントがのほほんとしたぐうたらジコチュー男を好演しているハートフル・ヒューマン・ドラマ。監督はドタバタ・コメディのヒット作『アメリカン・パイ』のポール&クリス・ウェイツ兄弟だが、ここでは一転してほのぼのとした味わいをうまく醸し出している。(的田也寸志)

心に染み入る小品

H.グラントとN.ホルトこの二人の演技に尽きるとしか言い様が無いかな。勿論他の俳優陣もいい演技をしているのですが、この二人を軸に話が展開するので、このキャスティングが本作の評価の分かれ目になっています。
結論としては◎。ちょっと嫌味なダメ男を結局憎めない男に演じきるH.グラントに、この演技って地じゃないの?と思わせて実際インタビュー等ではスカした面を見せるN.ホルト(撮影時12歳)。いかにもイギリス人らしい捻くれたユーモアを持つ二人が、まさしくこれぞ「演技」というものを見せてくれます。
ストーリーは少し重いテーマを持ちつつも、主人公のグータラ加減が良い味を出してるコメディタッチの作品で、だれが観ても鑑賞後の後味の良さは保証つきですね。とにかく二人の演技には注目です。

笑いながら、泣かされる映画です

ヒュー・グラントが子持ちになる!?
これは見ものだ!なぁんて期待をして観た作品です。
相変わらず役の設定は、”お金持ちのイイオトコ独身貴族”ですが、今回はそんな立場の人間の弱さというか、孤独さというかうまく演じていると思います。
子役の子が、またいい味だしてます!一風変わった母親に育てられ、学校ではいじめられながらも素直で純粋な男の子で、自然に前向きで強く生きている少年役を演じています。すごく親近感がわきます。
そんな独身男と少年の間には一見、何のつながりもなさそうに見えますが、実はお互いにお互いが持っていない物に気がつき、いつの間にか支えあっている姿は、とっても微笑ましくもあり、同時に勇気を与えてくれます。
本当は、すごくシリアスな題材なんでしょうけど、ヒュー・グラントの軽さ(!?)と少年の純朴さ、更に脚本・監督のたくみさで笑いながらも泣かされる、そんなイイ映画に仕上げてくれています。

私のイビサ島

最近私の中でヒュー・グラントの株が上がりつつあったが
この「アバウト・ア・ボーイ」で最高値がついた。
今や彼はハリウッド男優の中で一番好ましい俳優になったと思う。
この映画の中で
飄々と都会の一人暮らしを満喫し、手軽なガールフレンドに
不自由せず、目的のためにはささやかな嘘も平気。
だからと言って、バカでも非情でもない。
そんなウィルを絶妙なバランスで軽々と演じている。
はっきり言って、ウィルのようなタイプは個人的にすごく好みだ。
軽薄に見えるくらい口がうまくて、サラリ人とつきあえる
そんな人が、どこかに落ちていないかなぁ?
ちなみに昔のヒュー・グラントの映画をレンタルしてみたが
今の方が断然良い男!渋みが出て、細かい表情からすべてが
魅力!的だ。
この先の、彼の映画すべてが見逃せない。

ロンドン、独身、無職+?

個人的には、ヒュー・グラント出演作の中で一番好きな作品だ。ロンドンの中年独身男性と少年のなにげない交流という、ストーリーだけ見ればこれほど地味な映画もないのだけど、テンポの良い展開と、随所に散りばめられたユーモラスな描写で、不思議とそれを感じさせない(マーカス親子の服装が最高)。原作者ニック・ホーンビィたっての希望で、当代随一の英国歌モノ職人バッドリー・ドローン・ボーイ書き下ろしの楽曲が全体を通して流れるのも素晴らしい。全体として、非常にスタイリッシュで都会的で「孤独で平坦な生活の中にもどこか救いがある」映画だと思う。ホーンビィ作品の映画化では「ハイ・フィデリティ」も評価が高いけど、作者特有の世界観が最も表現されているのは確実にこっちです。監督が「アメリカンパイ」の人だとか、公開当時のコピーが「ブリジット・ジョーンズの日記男版」だったというのはとりあえず忘れて下さい(笑)

何処も同じ?

日本、イギリスを問わず、独身者の心もとなさや将来への不安な気持ちは、男女の境界なく存在するんだな...と改めて思った。どこから見てもダメ男とはほど遠いヒュー・グラントが、自信のない情けない男をハートフルに演じているのにとても好感が持てた。マーカス役のニコラス・ホルト君は、至って普通の母親思いの男の子。大切にしたい家族の絆を今一度再確認させてくれる。ブリジット・ジョーンズの日記の男バージョンと評されていますが、違った見方をすれば、これは静かに心に訴えるものを感じるヒューマンドラマです。

等身大の主人公が魅力!

正直、この映画を見たときに、かなり胸が痛みました。
というのも、少年時代にあった「いじめ」を思い出したというのも
あるんですが、ヒュー・グラント演じる30代のグータラ男の
身勝手な(便利な世の中、1人で生きていけるさ!)行動・発言が
自分の今の感覚にかなり近かったのが、正直なところ。
ラストの10歳以上離れた男の友情に、ホロっときます。(涙)
少年時代にこんな「兄ちゃん」がいたら良かったなぁ。

キリング・ミー・ソフトリー

ヒュー・グラントのナンパ男は、「B・ジョーンズの日記」に引き続き…ですが、ハマリ役なんじゃないでしょうか?前出「B・ジョーンズ…」のとき、監督に「鏡を見たら、そこに(ナンパ男が)いるじゃない?」と言わしめたこの人だからこそできる役だと思います。
少年と母親が目をつぶりながら歌っていた「キリング・ミー・ソフトリー」が妙に頭に残る上、母親が作った恐ろしく硬いパンでカモが死んでしまう(!)シーンなどユーモラスなシーンが多い中、「人は人によって変わることができる」という筋がしっかりしたストーリーが明確でした。
普段映画を観ない人にも分かりやすく、軽い感じで観ても楽しめる&考えさせられるステキな映画だと思います。

最高の映画

繰り返してみたくなる映画。一続きで観れば、ヒュー・グラントお得意の絶妙な間合いの演技や、全編に散りばめられているコミカルな部分に笑わされっぱなし。英語字幕を確認しながらじっくりと観賞すれば、見直してみたら、「この台詞は後から出てくるあのシーンの伏線だったのか」という味わい方もできる。ヒュー演じるウィルを軸にしたところと、マーカス少年を軸にしたところの場面の転換の仕方も洒落ている。音楽も効果的。原作も、俳優も、脚本も、編集も、音楽も、とにかく、すべて最高!

最高!!

ヒューのことを特に好きでは、なかったけど歳をとって濃さが抜け最高にかっこいい!!!もう大大大ファンになりました。もちろんストーリーがよく音楽もいい!!何回もみています!!心あたたまりますよ★

ホッとさせてくれる映画です。

人間は人と出会う事でここまで変われるんだと思いました。
ストーリーに全く破綻がなく物凄くスムーズに入り込むことが出来ました。
交友を続けるうちにウィルとマーカスが互いに影響を受け合って変わって行く様が心地良いです。
ウィルは女とやる事しか頭にない人間でその為には嘘を平気でつける男だったのに
次第に自分の内面を考えるようになって今までの一人の生活についてはへ理屈で自分を
正当化していただけなのだと気が付いてマーカスの為に尽力をつくすようになるし、
マーカスといえば母親は自殺未遂をするわ、学校ではいじめられるはでもう最悪。
「人生には耐える事も必要だ」なんて悲しい事を言っていたのに次第に
そして最終的には全然違う男になってるんだからこのギャップがいい。成長したって感じで。全く違う二人が、今まで一人だと互いに信じてきた二人がラストでみんなで楽しんでる。
主役二人のナレーションが多いけどストーリー展開の邪魔をしてない絶妙な感じでした。
でやっぱあの歌がいい!効果的に流れるもんだから耳から離れないもん。巧い使い方やわ~。
欠点といえば盛り上がりが薄い所ぐらいかな。CG全盛の時代だけど
味のある演技する俳優を使ったこういう映画も好きだなぁってひしひしと実感しました。
ノッティングヒルの恋人[AmazonDVDコレクション]
ラブ・アクチュアリー [DVD]
トゥー・ウィークス・ノーティス 特別版 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]