僕たちの洋楽ヒット Vol.9 1976~77

僕たちの洋楽ヒット Vol.9 1976~77

Attributes

ReleaseDate : 2002/10/09
NumberOfItems : 1
ItemDimensions : 404900560
SeikodoProductCode : SICP-206
Type : Unknown
PublicationDate : 2002-10-09
EANListElement : 4547366006438
Manufacturer : ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
EANList : 4547366006438
Artist : オムニバス
Artist : ワイルド・チェリー
Artist : エレクトリック・ライト・オーケストラ
Artist : スティーヴン・ビショップ
Artist : バスター
Artist : ヒートウエイブ
Artist : バカラ
Artist : クリスタル・ゲイル
Artist : ショーン・キャシディ
Artist : デビー・ブーン
Label : ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
Studio : ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 2,571
Publisher : ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5455518497
Languages : 英語Unknown
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - 伝説のチャンピオン
2 - ミスター・メロディー
3 - 夏の日の恋’76
4 - ディスコ・メロディ
5 - ウィアー・オール・アローン(二人だけ)
6 - 宇宙の彼方へ
7 - 涙の口づけ
8 - 反逆のテーマ
9 - 16小節の恋
10 - プレイ・ザット・ファンキー・ミゥージック
11 - テレフォン・ライン
12 - オン・アンド・オン
13 - 素敵なサンデー
14 - ブギー・ナイツ
15 - 「ロッキー」のテーマ
16 - 誘惑のブギー
17 - 瞳のささやき
18 - ダ・ドゥー・ロン・ロン
19 - 恋するデビー?ユー・ライト・マップ・イン・マイ・ライフ
20 - スーパー・ナウ
21 - 愛のかけひき

珠玉の名曲

人気シリーズ「僕たちの洋楽ヒット」の9段目は、76年から77年の名曲たち。
QUEENの静かなボーカルで始まる、力強く儚い「1、We Are The Champions」で幕を開け、
ナタリー・コールのオルゴールで始まるダンスチューン「2、MR. MELODY」、
パーシー・フェイス・オーケストラのヒット曲、涼しくなる様に優雅な「3、夏の日の恋」(「避暑地の出来事」より)、
ジョニー・テイラーの力強いディスコチューン「4、Disco Lady」、ボズ・スキャッグスの「5、We're All Alone」、
ボストンの高音が心地良い「6、More Than A Feeling」、マンハッタンズの大人のラヴソング「7、Kiss And
Say Goodbye」、リズム・ヘリテイジの「8、Rhythm Heritage Theme」、スタイリスティックスの「9、Sixteen Bars」、
ワイルド・チェリーのグルーヴィーなソウルな「10、Play That Funky Music」、エレクトリック・ライト・オーケストラ
の澄んだ声と伴奏が美しい「11、Telephone Line」、スティーブン・ビショップの爽やかで穏やかな「12、On And On」、
バスターの「13、Sunday」、ヒートウェイブの「14、Boogie Nights」、メイナード・ファーガソンの映画音楽の中でも
とても有名な「15、Gonna Fly Now」、バカラのガールズポップ的でも少し大人な「16、Yes Sir, I Can Boogie」、
クリスタル・ゲイルの後半に相応しいジャズを思わせる「17、Don't It Make My Brown Eyes Blue」、ショーン・
キャシディの「18、Da Doo Ron Ron」、デビー・ブーンの壮大なバラード「19、You Light Up My Life」、TVの主題歌
としてまた良さが再発覚したポール・アンカの「20、Everything Is Super Now」、そして最後を締めくくるのは、
シールズ&クロフツの「21、My Fair Share」。
選曲を見てみると結構渋いセレクトになっていて、この頃に青春を過ごした方たちには、
涙なしでは聴けない思い出のつまった曲ではないでしょうか。
でも今でもよく聴く音楽ばかりなので、色んな年代の人が楽しめます。

探検隊シリーズのあの曲を収録!

僕たちの洋楽ヒットのシリーズ第9弾は1976年から77年にかけての洋楽のヒット曲を網羅しています。収録曲の中で特にお勧めはTVドラマ「特別狙撃隊SWAT」のテーマとして作られた物をディスコ調にアレンジして全米でヒットした、リズム・ヘリテイジの「反逆のテーマ」です。この曲はあの故・川口浩氏が探検隊長をしていたあの番組でテーマ曲として使用され、現在の藤岡弘、探検隊シリーズでも使用されている曲です。

反逆のテーマはかっこいい!

最近、よくテレビのいろんな番組でこのアルバムに入っている「反逆のテーマ」が使われています。
(特にバラエティーやドキュメンタリー)聞けば誰でも「聞いたことある!」はずです。私はアナログのシングル
を持っていますが、どうしてもCD化して欲しかった曲のひとつです。リズムヘリテイジのメンバーは後のボズ・
スキャッグスのバンドやあの「ロッキーのテーマ」(リズム・ヘリテイジバージョンはファンキーなアレンジ)な
どを手掛けた、かなりの凄腕ミュージシャン達です。
できればこのバンドのアルバムが聞きたかったところです。

懐かしい。心躍る

ところで、このVol.9なぜティスト名がないの?
僕たちの洋楽ヒット Vol.7 1973~75
僕たちの洋楽ヒット Vol.10 1977~78
僕たちの洋楽ヒット Vol.11 1979~80
僕たちの洋楽ヒット Vol.12 1980~81