Let It Bleed

Let It Bleed

Attributes

ReleaseDate : 2002/08/27
Model : 1982837
Format : Import
ItemDimensions : 4748815555
Type : Published
Type : Unknown
PublicationDate : 2002-08-27
EANListElement : 0766481858829
EANListElement : 0018771900429
Manufacturer : Abkco
UPCListElement : 766481858829
UPCListElement : 018771900429
EANList : 07664818588290018771900429
Brand : Abkco
PackageQuantity : 1
Artist : Rolling Stones
Label : Abkco
PartNumber : 1664691
Studio : Abkco
ProductGroup : Music
MPN : 1664691
Publisher : Abkco
Language : 英語Published
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 766481858829018771900429
PackageDimensions : 3055015490
UPC : 766481858829
Languages : 英語Published英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Gimme Shelter
2 - Love In Vain
3 - Country Honk
4 - Live With Me
5 - Let It Bleed
6 - Midnight Rambler
7 - You Got The Silver
8 - Monkey Man
9 - You Can't Always Get What You Want
   1969年、謎の死を遂げるメンバーのブライアン・ジョーンズが在籍する最後のアルバム。その悲劇を象徴するような不吉な雰囲気のオープニング<1>で始まるこのアルバムは、バンドの過渡期のものにかかわらず大傑作。本当にむなしいロバート・ジョンソンのカヴァー<2>、カントリー風に料理された<3>、キースによるベースが先導するスワンプ色濃厚でファンキーな<4>、同じくキースのギターがリズム・スライドで大活躍の<8>、意外な人脈のゲストのアル・クーパーが参加する、ゴスペル・ソウル色が濃厚な<9>など、聴きどころが満載。(麻路 稔)

Let It Bleed

1969年、謎の死を遂げるメンバーのブライアン・ジョーンズが在籍する最後のアルバム。その悲劇を象徴するような不吉な雰囲気のオープニング<1>で始まるこのアルバムは、バンドの過渡期のものにかかわらず大傑作。本当にむなしいロバート・ジョンソンのカヴァー<2>、カントリー風に料理された<3>、キースによるベースが先導するスワンプ色濃厚でファンキーな<4>、同じくキースのギターがリズム・スライドで大活躍の<8>、意外な人脈のゲストのアル・クーパーが参加する、ゴスペル・ソウル色が濃厚な<9>など、聴きどころが満載。(麻路 稔)

これがストーンズ、文句無く最高!

30年来のストーンズファンですが、前年の「ベガ-ズ・バンケット」と並んでこれが最高傑作と思っています(刺激度ではバンケット、完成度ではこのブリードって感じでしょうか)。
シングルヒットは含まれてないものの、ストーンズらしい湿った粘り気のある音、ブルースをベースに独自に練り上げたタフな弾力が渾然と押してくる感じが最大の魅力。キースのあのルーズなコードカッティングが醸し出すぞくぞくするようなうねり、聴くものを誘い込むようなサタニックなミックのヴォーカルを軸に、一塊の音の濁流が渦巻いている独特の感触。
オープニングの「ギミ・シェルター」、ライブでのハイライトとなっていた「ミッドナイト・ランブラー」からシメの「無情の世界」まで全く捨て曲も隙もなしの9曲。自信と余裕を感じさせるずっしりとした手応えです。
ここ10数年、ストーンズにブランド化してしまったような寂しさを憶える自分にとって、ストーンズとはこれだと言える貴重な音の記録として大切にしている作品です。

やはり最高傑作!

「ストーンズの最高傑作とは?」と聞かれると活躍期間が長い(というか今もって現役でっさかい)ので困るんですよね。僕はこのレコードはテンイヤーズアフターの「SSSSH」と一緒に買った記憶が残っている。時は1970年の春でした。ゲストプレーヤーがスゴイでっせ。ニッキー・ホプキンス、ライ・クーダー、リオン・ラッセル、定番ボビー・キーズ、これも定番イアン・スチュアートそしてなんとアル・クーパーです。時代ですねえ。アル・クーパーですよ。何でやねんって当時思ったもんです。アル・クーパーの才能を借りたのか?って思ったくらい当時のアル・クーパーの評判は高かった。でも、やはりストーンズのアルバムになっておりました。ブライアン・ジョーンズの参加している最後の作品です。この後、かの不朽の名作「スティッキー・フィンガーズ」が出てくるのですが、荒波のロックシーンでストーンズは大丈夫か?という心配を見事に跳ね除けてくれた歴史的意義を考慮してこれをストーンズの最高傑作として推します。

世紀末の邪教的混沌

 1969年はある意味2000年より世紀末的雰囲気に溢れていたのではないかと思う。オルタモントの悪夢によってウッドストックの張りぼての平和も崩壊し、行き止まりの見え始めたベトナム戦争がより終末観を煽っていた。そんな中リリースされた本作、不吉な予感を漂わせる"Gimmie Shelter"が強烈。メリークレイトンの剃刀のような声が「強姦、殺人、洪水」そして目に見えない恐怖を募らせている。所詮独りでは生きてゆけない世の中の柔肌にメスを突きつけた表題曲、ブライアン譲りのブルースハープとテンポ変化が邪悪な「真夜中の徘徊者」を完璧に表現した6など、前作で香り始めたバンドの悪魔的イメージを強調する作品群である。これに対して過ぎ去る汽笛のようなボトルネックギターの音色も鮮やかな2や、聖歌の響きとファンキーかつドラマチックな展開の9、ほのぼのとした3がコントラストをなす。前作同様、キースのエネルギーの奔流が凄いが、多彩なゲストによる豪華な音もいいし、ミックの艶と張りのある力みなぎる喉がシンガーとしての充実を感じさせる。
 前作よりも混沌とした構成は、有名なデコレーションケーキのジャケットにも現れている。崩れ落ちた裏面のケーキはいつ見てもぞっとするデザインだ。彼らの歴史中、屈指のヒット曲"Honky Tonk Women"がもし収録されていたらと想像すると、思わず鳥肌が...。そんな仮定話を抜きにしてもストーンズを代表する傑作の一つであり、素通りはファンであったら有り得ないと言える作品。

ロック

なんか、時代性というかロックの歴史を感じますね。今のロックには無いというか、ブルースを基調とし、カントリー的な要素を感じる曲もいくつか入ってますし、オペラを取り入れた曲もあります。しかし、一曲一曲がとても魅力的で聴いてて、踊れるし、ゆったりとできるし、ロックの原点を体験できる作品ではないかと思います。

というかギミーシェルターですよね

これだけのバンドですから億のファンが地球上にいて、億の好きな気持ちが存在するわけなのですね。でも、僕の場合はギミーシェルターです。イントロで遠くから、かすかに聞こえてくるギター(しかもよれよれ)あきらかにカットインしたギターフレーズでイントロをしめ、よたよたと進む曲。この音の雰囲気、色彩、チープさが悲しくなるくらい1960年代の幸せなのか不幸なのかよくわかんない時代を思い出させてくれるわけです。11PM、ザ・タイガース、サルバトーレダリ、メキシコオリンピック、サイケデリック、学園紛争、三島由紀夫、子供だったんで余計わけわかんなかったよな。ストーンズの情報はほとんどやってこなかったけれども、オルタモントだけは伝わってきていて、なんかヘルスエンジェルスとくっついている恐ろしいバンドだよなぐらいの認識だったですね。でもこれほど時代の色を染みて感じるのは、僕にとってはジミヘンでも、ビートルズでも、ジェファーソンでも、ドアーズでもストーンズの他の曲でさえないです。曲の好き好きでいえばねハートブレイカーとかイェスタディズペイパーとかラストタイムとか悪魔を憐れむ歌が好きで、アルバムはサタニックマジェスティーズと八角形のベストが好きなんですけどね。

南部指向の名曲多し

ストーンズの最高傑作など決められるわけがないが、スワンプ/カントリー路線が爆発したこのアルバムはその最右翼の一枚だろう。前作辺りから音楽性を変化させていたが、それが本作で結実したようで若干散漫だった前作と比べると更に完成度が高まったと思う。前作でブライアンが脱退しミック・テイラーが参加したが、それは演奏面で大きく影響しているだろう。1.は言うまでもない傑作だし、2.のカントリーっぽいバラードの味わい深さは絶品だろう。決してうまいとは言わないが、トレモロ、スライドのギターの素晴しいこと。3.もフィドルが入ってモロにカントリー風。4.はストーンズらしいロック曲だが違和感なく収まっている。5.も同様だかカントリーっぽいテイストは感じられる。7.もキースが歌うカントリー風のバラード。さすがにロンドン・バッハ合唱団が参加する9.は若干違和感もあったが、ホルンが入って牧歌的な雰囲気になると思わずなごむ。この名作を締めくくるには良い曲だろう。アル・クーパー、レオン・ラッセルらがゲスト参加。

自力で到達した唯一の境地

è'±3風é3è2'£-s13o1¿ ̄""§¨¢¨-¢3é¨'""è ̄a¬èaé3\§o± ̄é-¢ä¿- ̄䨿μa¨-μäoo¨a£ ̄é-"éa§-'¬ ̄¬ää¬o.. "' ̄33μ§"\ ̄ä£ ¬ä§§aè ̄'"§a£°--é3\è'è-¨¨¡'¢¨...± ̄1¬¿-¢3¨a1'-\"¿2¢-2-¨¨ ̄è£è...1"\-1'§-a±èé'μ¡¿§'¡2é¨-3!!!è'3±¨ ̄1 ̄-1 ̄--s33  ̄...-1-¬o  ̄ ̄ ̄-é 3±°-'¨3¨解é§ä\ä-1¢¡'  ̄§

濃度No.1

1曲目の怪しげなイントロで始まるギミーシェルターから最後の無常の世界まで、ストンーズの持つドロドロ感が溢れかえっているアルバム。どの曲の演奏も緻密で、本作でキースのギタリストとしての才能が見事に開花したと思います。曲も様々でアメリカ南部を思わせるカントリーやブルース、ゴスペルなどを見事に取り入れています。最後まで盛り下がることの知らない本作は、是非音量を上げて聴いて欲しいです。音量を上げるとより一層ストーンズのブルージーな演奏に引き込まれることでしょう・・。

ロック史上では彼らの最高傑作とも。

 戦のはじまりを告げるかの如く怒号のハープが轟き渡る。抑制を効かしつつも昂る熱い感情をにじませるミックのヴォーカル。メリークレイトンの歌唱は戦火を煽るように緊張感をかき立てる。Gimmie Shelter、最高の出だしだ。以降、ブルース、カントリーをストーンズ流にヒップにホンキートンクに聴かせてくれる。もうノリノリだ。その一連の流れに一部の隙もなく、殊、最後を締めくくりにかかるMonkey Manと無常の世界の美しさは感涙すら誘う。これほど男らしく格好いいロックアルバムが他にあるだろか?とても月並みで素朴だが、こういう単純明快な感想がぴったりだ。息が詰まるほどのキメ(注釈)がある。ベガーズバンケット、スティッキーフィンガーズと並んで中期の傑作である。
注釈:「今日はばっちりキメてるね。」のキメである。

ストーンズ流スワンプの完成

前作『ベガーズ・バンケット』からブルーズへ回帰といわれましたが、
本作ではブルーズをよりアメリカ南部湿地帯的味付けしたと思われる名作です。
G.パーソンズやL.ラッセルの影響の強いカントリーもの、スワンプものが中心をなしています。
「ミッドナイト・・」のような呪術的なブルーズもありますが、
全編とにかく聞いて心地よい。ソングライティングもピカ1。
身体に染み付いたタバコあるいはバーボンの香りのようなアルバムです。
ジャックダニエルのストレートと一緒にどうぞ。
ベガーズ・バンケット
スティッキー・フィンガーズ
メイン・ストリートのならず者
山羊の頭のスープ