Brutal Youth (Bonus CD)

Brutal Youth (Bonus CD)

Attributes

ReleaseDate : 2002/02/25
NumberOfItems : 2
Format : Original recording remastered
Format : Import
ItemDimensions : 4550028575
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 2002-02-19
EANListElement : 0081227839024
Manufacturer : Rhino/Wea UK
UPCListElement : 081227839024
EANList : 0081227839024
PackageQuantity : 1
Artist : Elvis Costello
Label : Rhino/Wea UK
PartNumber : 081227839024
Studio : Rhino/Wea UK
ProductGroup : Music
MPN : 081227839024
Publisher : Rhino/Wea UK
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 2
UPCList : 081227839024
UPC : 081227839024
PackageDimensions : 5455518497
Languages : 英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Pony St.
2 - Kinder Murder
3 - 13 Steps Lead Down
4 - This Is Hell
5 - Clown Strike
6 - You Tripped At Every Step
7 - Still Too Soon To Know
8 - 20% Amnesia
9 - Sulky Girl
10 - London's Brilliant Parade
11 - My Science Fiction Twin
12 - Rocking Horse Road
13 - Just About Glad
14 - All The Rage
15 - Favourite Hour

Disc 2 / Track

1 - Life Shrinks
2 - Favourite Hour (Alt. Version)
3 - This Is Hell (Alt. Version)
4 - Idiophone
5 - Abandon Words
6 - Poisoned Letter
7 - A Drunken Man's Praise Of Sobriety
8 - Pony St. (Demo)
9 - Clown Strike (Alt. Version)
10 - Rocking Horse Road (Demo)
11 - 13 Steps Lead Down (Demo)
12 - All The Rage (Demo)
13 - Just About Glad (Alt. Version)
14 - Sulky Girl (Demo)
15 - You Tripped At Every Step (Alt. Version
Brutal Youth (1994) reunited Costello with the Attractions (and occasional substitute bassist Nick Lowe) in an ambitious attempt to link the experimental impulses of Spike and Mighty Like a Rose to the outfit's controlled careen. While peers such as Sting disappeared further up their own precocity, Costello mined both the fanciful (his jokes are actually funny) and enraged. From the opening shots of "Pony St." and "Kinder Murder," he assuredly moves through the pub R&B of "Clown Strike," the art-song trappings of "Still Too Soon to Know," and the Trust-style classicism of "Sulky Girl" ("Hold your tongue / Although I know you've never been that strong") and "You Tripped at Every Step." Often majestic, the record occasionally feels mannered--an alternate version of the ballad "Favourite Hour" included on this 2002 reissue as a bonus track is much less lumbering than the take that closes the album proper--but remains a casualty of audience indifference. Almost anyone who missed it the first time around will find moments to add to their list of Costello treasures. --Rickey Wright

これは凄い!

Brutal Youth=残忍な若さ(直訳)
このアルバムタイトルは、このアルバムの最後に収録されている曲、
『Favourite Hour』の歌詞の1部なんですけど、
(Now there's a tragis waste of brutal youth)
〔残酷な若さによる悲惨な破壊力がある〕この部分から。
アルバムコンセプト=若さ と言う感じで、一貫して聴くと、凄く深いモノになってきます。
『Favourite Hour』にはそのコンセプトが凝縮された感じの歌詞になっています。
若さ故の残酷さもさながら、醜さとか儚さとか怒りとか、そう言うモノを第3者の視点(客観視)から見た内容が多いです。
さて、アルバムは1曲目『Pony St.』と言う曲で始まるんですが、
典型的コステロサウンド!と言う、キーボードとアトラクションズと…って言う軽快なROCKです。(コステロのアルバム、ほとんど1曲目でガツン!ときます!)
ROCKノリでは、3曲目の『13 Steps Lead Down』8曲目の『20% Amnesia』なんか、お薦めです!
『Sulky Girl』これは誰にでも聴き入れ易い曲じゃないかな?と思いますv
あたし的に大好きなのが、『London's Brilliant Parade』『You Tripped At Every Step』この2曲なんです。バラードナンバーなんですが、こう言った感じのコステロ独特のサウンド、ほんっと大好きです!
と、言いながら、実はこのアルバムは全曲好きなんですよ。
あたしとかって、たまに好きな曲だけ聴いたりとかこの曲は飛ばして・・・とかやるんですよね
このブルータルユースに関しては、全く無いです。
何度も何度もアルバムをリピートして聴けますv
今回のこのアルバムに関しては、2Diskになってますので、更にお買い得かと♪
このアルバムはコンセプトが明確でわかりやすいので、
歌詞も入って行きやすいと思います。
若さの〔今〕の状態。
良いわけじゃないけど、でもそれが決して悪いわけでもなく、
後悔はしてるけど、でも自分が今在る場所はここだから。みたいな。>若さ故の残酷さを否定する訳でもなく、だからと言って前向きな訳でもないんだけど、「でも、それが若さなんだ」と言ってる。そんな感じのアルバムです

20%記憶喪失

1994年リリース。通算15枚目のアルバム。ニック・ロウが参加している。幼い頃のコステロの写真で一杯のジャケットだ。
ポイントは『ジ・アトラクションズ』とのアルバムだということだろう。『Spike』でのワーナー移籍以降コステロはエンジンがかかってきた。そこにデーモン・レコード時代からの『ジ・アトラクションズ』が加わったカタチになったのが本作だ。言って見れば大嫌いなコロンビアへのアンチ・テーゼが完了したアルバムとも言えると思う。
リリーとロス・マクマナス(つまりコステロの父母)によって1958年から1963年に撮られた写真は愛情に充ち満ちている。写真の中の幼友達のゴードン、ジョエル、クリスチーヌ・・・まるで昨日のことみたいだ、とコステロはインナーに書いている。
そんな昔を思い出しながら歌うコステロである(●^o^●)。

20%記憶喪失

1994年リリース。通算15枚目のアルバム。ニック・ロウが参加している。幼い頃のコステロの写真で一杯のジャケットだ。
ポイントは『ジ・アトラクションズ』とのアルバムだということだろう。『Spike』でのワーナー移籍以降コステロはエンジンがかかってきた。そこにデーモン・レコード時代からの『ジ・アトラクションズ』が加わったカタチになったのが本作だ。言って見れば大嫌いなコロンビアへのアンチ・テーゼが完了したアルバムとも言えると思う。
リリーとロス・マクマナス(つまりコステロの父母)によって1958年から1963年に撮られた写真は愛情に充ち満ちている。写真の中の幼友達のゴードン、ジョエル、クリスチーヌ・・・まるで昨日のことみたいだ、とコステロはインナーに書いている。
そんな昔を思い出しながら歌うコステロである(●^o^●)。

ブリティッシュ・ロックの最高峰

ポップ・スターにしてブリティツシュ・ロック界の帝王エルヴィス・コステロ先生のキャリアを代表する大名盤。
ロックのダイナミクスとポップスのキャッチーさ、クラシックの荘厳さを併せ持つとてつもないアルバム。
アレンジの多彩さといいメロディーの美しさといい、それを支えるアトラクションズの名演と、まったくスキを感じさせない完璧なる楽曲群。
きらびやかなキーボードが支えるガラス細工のように美しい「ディス・イズ・ヘル」。
どこまでもポップでパワフルな「ポニー・ストリート」。
ハードなギターポップ「13ステップス・リード・ダウン」。
完璧なるバラード「ユー・トリップド・アット・エブリー・ステップ」。
ロッド・スチュアートを思わせる歌唱を見せる「ジャスト・アバウト・グラッド」。
全曲、職人芸の極みです。

やっぱりアトラクションズとがいいね!

コステロって前期と中期と現在に大きく分けると(かなりおおざっぱだけど)やっぱり前期が最高です。パンキッシュでシニカルで勢いバリバリ!このアルバムはアトラクションズと決裂して、久々に復活したアルバムで時期は最近の方です。(といっても1994)その中でずば抜けて勢いがあるアルバムです。初期の頃が好きな方は絶対聴くべきです。またミスチルが好きな人も彼等がいかに彼の影響を受けていたかもうかがえます。年をとってもコステロはコステロなんです。そろそろまたこの手のアルバムだしてくれないかなぁ。最近はシブ過ぎで・・・

20%記憶喪失

1994年リリース。通算15枚目のアルバム。ニック・ロウが参加している。幼い頃のコステロの写真で一杯のジャケットだ。
ポイントは『ジ・アトラクションズ』とのアルバムだということだろう。『Spike』でのワーナー移籍以降コステロはエンジンがかかってきた。そこにデーモン・レコード時代からの『ジ・アトラクションズ』が加わったカタチになったのが本作だ。言って見れば大嫌いなコロンビアへのアンチ・テーゼが完了したアルバムとも言えると思う。
リリーとロス・マクマナス(つまりコステロの父母)によって1958年から1963年に撮られた写真は愛情に充ち満ちている。写真の中の幼友達のゴードン、ジョエル、クリスチーヌ・・・まるで昨日のことみたいだ、とコステロはインナーに書いている。
そんな昔を思い出しながら歌うコステロである(●^o^●)。

若い!コステロ

タイトル通り、若さをテーマとしているだけに、若さ溢れるアルバムかな。
といっても、99年の作品なので発表当時は軽く40歳を越えてますが・・・。
しばらく離れていたアトラクションズとの久々のコラボレートということもあり、初っ端から、これぞコステロ!という疾走感に溢れています。
初期の作品が好きな人には、かなり嬉しいアルバムじゃないでしょうか。
色んなスタイルの作品を発表していて、しかもどれもクオリティの高い作品ばかりの彼ですが、個人的にはこういうやんちゃなコステロが一番好きですね。
今回はバージョン違いの曲などの追加で2枚組になっていて、コレクターズアイテムとしてもお薦めです。
オール・ディス・ユースレス・ビューティ
Spike (Bonus CD)
Mighty Like a Rose
ザ・デリヴァリー・マン デラックス・エディション