In motion 2001~植民地の夜は更けて [DVD]

In motion 2001~植民地の夜は更けて [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2002/01/23
AudioFormat : PCM
Format : Color
Format : Mono
Type : Original Language
Manufacturer : エピックレコードジャパン
RegionCode : 2
AspectRatio : 1.33:1
Artist : 佐野元春
Label : エピックレコードジャパン
Studio : エピックレコードジャパン
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 4,935
Publisher : エピックレコードジャパン
Language : 日本語Original LanguagePCM
Actor : 佐野元春
NumberOfDiscs : 1
PictureFormat : Academy Ratio
PackageDimensions : 5871018542
Languages : 日本語Original LanguagePCM
Name : 日本語
SKU : 4988010000707

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - ポップチルドレン(最新マシンを手にした陽気な子供たち)
2 - 廃虚の街
3 - 僕は愚かな人類の子供だった~Dedicated to the Astoroboy
4 - Sleep
5 - リアルな現実 本気の現実
6 - Insightlude(井上鑑ピアノソロ)~Dovanna
7 - ベルネーズソース
8 - こんな夜には
9 - ブルーの見解
10 - ふたりの理由
11 - ああ,どうしてラブソングは…

日曜日は無情の日

佐野元春の活動はこのパフォーマンスを中心にしても良いと思わせるほど、完成されたステージ。
演奏もすばらしく、MWSで発売されている同名のCDと同様に聴き応えがある。
「日曜日は無情の日」が収録されていないのは残念で仕方が無い。「リアルな現実、本気の現実」が、ほぼ原曲通りの演奏なのは圧巻。

ポエトリーリーディング

ライブ自体はよく出来たものだが、佐野元春自身の衰えが顕著で、見ていて辛いものがある。特に古い作品のポエトリーリーディング(「リアルな現実、本気の現実」「Dovanna」)がそうである。しかし新作の「ベルネーズスープ」や「こんな夜には」などは、あのNYの事件へのメッセージを込めて素晴らしいパフォーマンスに仕上がっている。悪い作品ではないが、佐野元春の今の「厳しさ」というものを感じさせて、何かやるせない気持ちになるのも事実である。
月と専制君主(CD+DVD)
No Damage2
佐野元春 30th Anniversary Tour ’ALL FLOWERS IN TIME’(初回限定デラックス版) [DVD]
スロー・ソングス