大乱闘スマッシュブラザーズDX

大乱闘スマッシュブラザーズDX

Attributes

ReleaseDate : 2001/11/21
Platform : NINTENDO GAMECUBE
Model : 237839011
ItemDimensions : 635830409
Manufacturer : 任天堂
EANListElement : 4902370505689
EANList : 4902370505689
CEROAgeRating : 全年齢対象
CatalogNumberList : SMSHDXDOL-P-GALJ
Brand : 任天堂
PackageQuantity : 1
ESRBAgeRating : Everyone
Label : 任天堂
PartNumber : DOLPGALJ
Studio : 任天堂
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 7,344
CatalogNumberListElement : SMSHDX
CatalogNumberListElement : DOL-P-GALJ
MPN : DOLPGALJ
Publisher : 任天堂
PackageDimensions : 6358344409

広告タグの取得

大乱闘スマッシュブラザーズDX

大乱闘スマッシュブラザーズDX

ニンテンドウ64で発売され、瞬く間に世界的ヒットを記録した『大乱闘 スマッシュブラザーズ』の続編。マリオやリンク、サムスといった任天堂のキャラクターが一堂に会して戦いを繰り広げるアクションゲームで、最大4人まで同時に対戦できるところが大きなポイント。

簡単操作で多彩なアクションが出せるようになっていて、誰でも楽しく対戦できるようになっている。その「パーティーゲーム」の側面をもっている点が前作から続く魅力。本作でパワーアップしたところは、最大64人まで参加できるトーナメントモードの追加、対戦ステージ&操作キャラクターの増加、対戦システムの改良など。一見『スーパーマリオブラザーズ』を思わせる新モードも追加され、1人でも大人数でも楽しめる作品に仕上がっている。(田村 雅)

格闘ゲームの「革命」

実はNintendo64版は購入していなかったのですが店頭デモでハマり、GAMECUBEごと購入してしまいました。
ただでさえ4人同時プレイ大乱闘格闘ゲームなのに、キャラクタ大幅増量、アクションも派手、前代未聞の評価システム(ゲーム中の細かい挙動を数百項目で評価されスコアに反映される。「待ち時間が長い」「しゃがまない」など)、これでもかこれでもかというフィギュア集め、一人でもかなり奥の深いイベント戦、詳細なルールまで変更できる対戦モード、ミュージッククリップとしても楽しいおまけムービーなど書ききれません。
#オープニングムービーのシーク~カービィ~フォックスのシーンで思わず「任天堂土曜洋画劇場」か?!と思ってしまった。
文句なく今年最高のソフトの一本です。ただし手はいたわりましょう。あまりにプレイに力が入りすぎて手が痛くなっても知らないぞ。

終わりが無いから飽きないゲーム

操作が簡単なわりに、様々な戦い方が出来て、とっても面白くて
奥が深いです。ルール変更などを使えば戦って勝敗を決める
ことよりも楽しいことが自分で色々発見できます。
アイテムをモンスターボールだけにしてポケモンバトルをしたり
爆弾だらけで爆破しまくりの乱闘にしたりと一人でプレイしても
本当に飽きないし面白いです!キャラクターは豊富だし個性的で、
大勢でやれば相手をふっ飛ばしたり飛ばされたりして爆笑もんです。
更に時間制限で戦うのであと10分暇だとゆう時などにも気軽に出来る
し持っていて損はないと思います!

要するに64版がゆるすぎたんでしょう

スマブラ『64版』『DX』『X』経験済みです。
『DX』はシリーズ中最高のゲームスピード(落下速度など)を誇るので、64版に慣れすぎた人には厳しいでしょうね。
でも今思うと64版がゆるすぎたようにも思います。落下速度が一定の速さに達すると、加速度がなくなってy=-xの軌道で滑空してましたもん。
挙動がより洗練されて格ゲーらしくなったのが、この『DX』なんです。
吹っ飛ばして倒す、というコンセプトを潰してしまうメテオ技(突き落とし)が弱体化されたのも当然の流れです。64版はダメージを与えていなくても投げ→突き落としだけで勝ててしまうゲームですから。
(特にカービィとネスが凶悪すぎました。この2人は投げも下キックも高威力)
『DX』は後継作『X』と比較しても遜色ない出来だと思います。
『X』では『DX』で登場したステージ・キャラ・アイテムが一部削られているので、『X』しかやったことがないという方でもやってみる価値はあります。
キャラクターの技が差別化される前ですので、別キャラでも似たような攻撃を持ってるのはご愛嬌。
また、空中緊急回避やハンディキャップの方式などで大きな仕様の相違がありますので、そこら辺は慣れでカバーしてください。

3Dスティックが擦り減った

任天堂を代表するゲームのキャラクター達を使って、固有の技を駆使することによって得点を稼ぎます。基本は前作と同じですね。
技をぶつけ合い対戦するので格闘ゲームにも見えるのですが、ジャンルは公式ページにもある通り、アクションです。
コマンドが全キャラクター共通でしかも入力も極力分かりやすいものになっているので、初心者でも入りやすかったり、スマブラ自体に慣れさえすれば不慣れなキャラクターでもそこそこ最初から動かせるというメリットがあります。
ハードが64からGCになったこともあり、グラフィックは大幅に向上しています。また、それ以外の面でも大幅にボリュームアップ。
まず、キャラ数が前作12から25に増えました。前作に登場したキャラは全て続投です。ステージ数も同様に29に増量。前作ステージは3つ引き継がれました。
次に一人用モード。前作にもあった勝ち抜き戦は「シンプル」という1モードとして続投され、色々と変更も加えられています。
そしてアクションのようにステージを進み戦闘もこなしつつクリアする「アドベンチャー」、全キャラと「星のカービィSDX格闘王への道」っぽく順番に戦う「オールスター」モードが追加。
一人用やり込み要素の「ターゲットを壊せ!」が続投、「台を乗り継いでいけ」は消滅、代わりに時間内にダメージを与えられるだけ与えて吹っ飛ばす「ホームランコンテスト」、続々と現れるザコ敵を次々と吹っ飛ばす「百人組み手」(内容によってさらに6つのモードに細分化)が追加されました。どちらもやり込みがいがあり、かつ爽快感があります。
さらにお題に即したミッションをこなす「イベント戦」が追加。難易度も様々で、普段の対戦では遊べないような設定も遊べるのでこちらも面白い。「トレーニング」モードも完備。
そして多人数用モード。通常の対戦モードは健在で、さらに細かいルール設定が可能になりました。かなり痒い所まで手が届く仕様になっています。
「最初からダメージが300%蓄積した状態でスタート」「全員巨大化した状態でスタート」などかなり無茶なルール設定で遊べる「スペシャル乱闘」、トーナメント形式など細かい設定で多人数が集まっても遊べる「トーナメント乱闘」が登場。
対戦モード以外のボリュームも充実。特筆すべきはコレクションアイテムの「フィギュア」。個々のフィギュアの完成度が高いうえ、種類も幅広く数も豊富、しかも説明文つきでカメラも自由に動かせるので眺めているだけでも楽しいです。
ボリュームの面だけで語りすぎですが、それぐらい本作には多くの要素が詰め込まれており、しかも詰め込んだだけでなくその1つ1つがしっかり練られているという凄い完成度なのです。
大幅にパワーアップした本作、シリーズ2作目にも関わらず「もうこれ、完成しちゃったんじゃないの?」と言ってしまいたくなるほどの出来栄えです。
スマブラは1対1の真剣勝負をしても面白いし、大人数で賑やかに遊ぶのも面白いゲームです。そして今回、1人でも十分楽しめるだけの要素が盛り込まれました。
ほとんど文句なしの完成度なのですが、強いて挙げるならステージの一部が遊びづらいです。足場が移動するタイプのステージが特にそう。でもステージは選択できるので不満ってほどでもないよなー。
かなり多くの人にオススメできるゲームですが、アクション慣れしていないと、特にやり始めだと動かし方が分からずにしかめっ面を作ることが多々あります。最初はまったりと楽しんでみてください。
BGMは任天堂ゲームの名曲をアレンジしたものなどかなりの名曲揃い。OPムービーもトップレベルの格好良さ。隙なしですな。

ああ、これはハマル!!!!!!

~~このゲーム、小学生用だとか小学生低学年用だとか言われていますが、本当に面白いです。そして、このゲームは私のゲーム史に大きな影響を与えました。本当です。ドラクエシリーズ・トゥームレーダーシリーズ・Diablo2等、私が1年間以上Playし続けたゲームの中で「スマズラ」は堂々とその存在を輝かせています。これを買って64版もやってみました。カービィー使~~い~~の私は64版の方が「メチャ勝ち」できていいのですが、弱くなったDX版もしっかりやっています。(最近ややウワキ気味!)
ただ、ゲームの宿命(流石に同じゲームを春夏秋冬やっていると感じること)は、シングルプレーヤーのゲームの方が飽きが早いということです。
~~
 スマブラは親戚の子供達がやって来て一緒にするってときには'''サイコーで~~す。(コントローラーには気を使いますが)そして「やっぱり、お兄ちゃんはうまいなぁ」なんて言われたときはもう、サイコー(^o^)!ゲームが終わったときの疲労感を一気にスマッシュしてくれます。~~

今からでも

ゲームキューブを持っていて、このゲームを持っていないなら今からでも買うべきです!!
対戦する友人や家族がいると、本当に楽しめます。
一人でやる時は、イベントバトルやシングルプレイで新たのステージや
キャラクターを出すのもよし!!
キャラクターの能力はそれぞれ異なるなのにキャラ数が多いのも魅力だと思います。
自分は64NO1は大乱闘スマッシュブラザーズで
ゲームキューブ大乱闘NO1はスマッシュブラザーズDX です。
ですが一人でしかできないなら、確かに退屈かもしれませんが、対戦する人がいるなら、おそらく何年でも飽きないでしょう。(さすがに買った直後の勢いが続くとまではいかないが)
本当にすばらしいゲームです。発売当時のスーパーマリオブラザーズ、ドラクエ、FFに並ぶ?(S61年生まれだが)と言っても、過言ではないと思っています。

☆最高傑作☆

このゲームが発売されて、もう6年?くらい経ちますが、いまだに人気の衰えない作品です。今年中にはWiiで新作が出ますが、ほしいです。(キューブ版で出してほしいです・・・・。)
僕もこのゲームを買って4年くらい経つのですが、いまだにやってます!!
何回か飽きたことがあるのですが、またやりたくなるゲームです。笑いあり、驚きありの超お勧めのゲームですね!
さて、このゲームは、他のアクション対戦型ゲーム(体力制)とは違い、相手をステージの外へふっ飛ばし、KOした数を競うゲームです。この簡単なルールが、このゲーム最大の特徴であり、醍醐味でもあります。普通の体力制ゲームと違い、「ふっ飛ばす」という概念があります。このふっ飛ばしが実に爽快で、ドタバタ感を演出しています♪
ほかの下手な3Dゲームや体力制と違い、さまざまな駆け引きがあるので極めれば極めるほど楽しめると思います。
BGMもきれいで対戦中に思わず聞き入ってしまうこともしばしば。
とにかくお勧めのゲームなので、やったことの無い人はぜひプレイしてみてください!!
プレイしてみるとこのゲームの奥深さに驚くこと間違いなしです(^∀^)よ!!

懐かしい…

今では本体もソフトも売ってしまいましたが…
一人でコツコツ遊ぶもよし
皆でワイワイ遊ぶもよし
そんな素敵なゲームでした。
当時は、映像の綺麗さに感激し、やり込み要素に感動し…暇さえあればスイッチONしてカービィを使って大乱闘してました。
あまりゲームをしたことがなかった子だったので(GBカラーのポケモン金銀はやってましたが)これでもかと言うくらい遊び倒した思い出のあるゲームです。
今でも十分楽しめると思います。
機会があればまたやりたいなぁ…

最高ですね

とにかく盛り上がります
これを友人と一緒にやっていたら余裕で5時間を越します
ひたすらバトルを続けてるんですが、飽きない!!
グラフィックが細かくて、どんな細部にもこだわりがありますね
カメラモードなどで撮影をしていたりすると
キャラの表情やステージの細かさに感動します
あと、以外にもやり込み甲斐があります
操作も簡単なので格ゲー苦手な人もできると思います
皆さん言っていますが
GCを持っているなら絶対持っていたほうが良いと思うようなソフトです

接待用ゲーム。

妹はすでに結婚していて3人の子持ちです。夏休みと正月休みに一家揃って遊びに来ます。子供たちは家に入ってくるなり、「ゲームやろうよ」とせっついて来ます。そんな時にオススメなのがこの「大乱闘スマッシュブラザーズDX」です。普段は書架で眠っているゲームなんですが子供たちと多人数プレイを始めると止め時が見つからない麻薬のようなゲームとなります。私の持ちキャラはリンクかマルス。剣を持ったキャラが好きです。子供たちは思い思いにクッパ、ピーチ、プリン、ピカチュー、ミューツー、サムスなどを使ってきます。4人対戦プレイでいつも大人げなく優勝するのでつい、「ワザと負けてやろうか?」と子供たちに言ってやります。「手抜きしたら殺す!」と言い返されるのでまた全力を出して優勝してしまいます。ゲーム画面を見ているより子供たちを見ている方が楽しくなってきます。いやーホント任天堂さんに感謝ですよ。これからも楽しいゲームを作って下さい。

特徴

© 2001 Nintendo/HAL Laboratory, Inc. Characters © Nintendo/HAL Laboratory, Inc./ Creatures Inc./GAME FREAK inc./APE inc.
マリオカート ダブルダッシュ !!
ニンテンドーゲームキューブ メモリーカード251
NINTENDO GAMECUBE本体 バイオレット
NINTENDO GAMECUBE ブラック【メーカー生産終了】