AVEC TETSUYA KUMAKAWA GRAND PAS DE DEUX~熊川哲也 バレエ名曲セレクション~

AVEC TETSUYA KUMAKAWA GRAND PAS DE DEUX~熊川哲也 バレエ名曲セレクション~

Attributes

ReleaseDate : 2001/11/16
NumberOfItems : 1
Artist : オムニバス(クラシック)
Artist : 熊川哲也
Label : EMIミュージック・ジャパン
Studio : EMIミュージック・ジャパン
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 2,880
EANListElement : 4988006797413
Manufacturer : EMIミュージック・ジャパン
Publisher : EMIミュージック・ジャパン
EANList : 4988006797413
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5455518497
SKU : XTRA416600652

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - ナレーション イントロダクション
2 - 「白鳥の湖」より 序奏
3 - 「白鳥の湖」より 情景(全員の登場)
4 - 「ドン・キホーテ」より キトリの登場
5 - 「ドン・キホーテ」より バジルの登場・2人の踊り
6 - 「ドン・キホーテ」より エスパーダ
7 - 「ドン・キホーテ」より 友人たちの踊り
8 - 「ドン・キホーテ」より バジルのヴァリエーション
9 - 「ドン・キホーテ」より 終曲
10 - 「ジゼル」より 序奏
11 - 「ジゼル」より ワルツ
12 - 「ジゼル」より 2人の踊り
13 - 「ジゼル」より グラン・パ・ド・ドゥ
14 - 「ロミオとジュリエット」より 少女ジュリエット
15 - 「ロミオとジュリエット」より MASKA
16 - 「ラプソディ」より テーマとヴァリエーション
17 - 「ラプソディ」より アンダンテ・カンタービレ
18 - 「シンデレラ」より ワルツ・コーダ
19 - 「シンデレラ」より ミッドナイト
20 - 「カルメン」より アラゴネーズ
21 - 「カルメン」より インターメッツォ(アダージョ)
22 - 「エリート・シンコペーション」
23 - 「ブッシュ・カムズ・トゥ・ショブ」(交響曲 熊)より 第4楽章
24 - 「ラ・バヤデール」より ソロルのヴァリエーション
25 - 「ラ・バヤデール」より 金の彫像の踊り
26 - 「くるみ割り人形」より ワルツ・フィナーレ
27 - ナレーション エンディング
28 - 「アルルの女」より ファランドール
29 - ボーナストラック バレエの歴史

AVEC TETSUYA KUMAKAWA GRAND PAS DE DEUX

選曲が非常に良いです。
オーケストラのチューニングの音から始まるので、まるでほんとうに劇場にいるように思えます。
観たことのある演目の曲であれば聴きながら頭の中にステージを再現させることができるし、未だ観たことのない演目の曲であっても「このメロディーにどういう振り付けがつくのだろう」と楽しむことができます。
バレエファンはもちろん、またはこれからバレエを観に行ってみようかと思っている方にもおすすめです。

このCD一枚でバレエ通になれそう!!

熊川哲也がセレクトする曲は素晴らしいものばかりです!!私が1番おすすめしたいのは、ドン・キホーテの曲です。聴いているうちに踊りたくなるようなドンキのリズミカルな曲がたくさんおさめられています。もうひとつおすすめしたいのは、熊川哲也が説明するバレエの歴史です。聴いていると意外と役に立つし、もっと深くしりたくなります。他にも「ロミオとジュリエット」や「ラプソディー」などあまり耳にしない曲がたくさん入っていて一枚あればなんでもわかるような一品です!

さすがッ!熊川氏!

このCDを購入するきっかけとなったのは、熊川氏がプロデュースするKバレエ・カンパニーの『白鳥の湖』の公演を観に行った事です。
彼の身の軽やかさや踊りに対する情熱には感動するばかりでした。。。 
そんな熊川氏が選曲した27曲は一度は耳にしたことのある名曲が多く、バレエファンには勿論、クラシックファンにも受け入れられるアルバムだと思います。本人のナレーション付き(声も甘くて格好良いですよ!)で、バレエの歴史も知る事が出来ます。曲の順番も良いです。
私は特に17.ラフマニノフ作曲の「ラプソディ」よりアンダンテ・カンタービレ が好きです。とてもロマンチックで美しく、バレエダンサーのしなやかな動きが重なって目に浮かぶようです。
彼の別の公演を観に行くまで何回も繰り返して聴いております。

選曲が良いです。

このCDは、熊川さんのナレーションで始まります。
最後には、バレエの歴史について4分弱程熊川さんの解説が入っています。
曲順がとても良く構成されており、最後の曲に「アルルの女」ファランドールが来ているのがとても気に入りました。
選曲も、ありがちなバレエの選曲では無いので、別のバレエ音楽のCDを持っている人にもお勧めです。

空想と回想の楽しめるCD

各曲を聴きながら既鑑賞演目ならその時の思い出を回想、未鑑賞ならどう云う風に演出されているのか空想する・・・そんな楽しみ方の出来るCDです。
また、「バレエ音楽」としてではなく、単純に「クラシック音楽」として聴く楽しみも出来る。
1枚のCDで聴く側の楽しみ方に幅のあるCDになっていると思います。
熊川哲也 海賊 [DVD]
ドン・キホーテ [DVD]
熊川哲也「ロミオとジュリエット」DVDスペシャルパック(DVD+パンフレット付)
ミンクス:バレエ音楽「ドン・キホーテ」全曲(Leon Minkus:DON QUIJOTE)