グランツーリスモ3 Aspec

グランツーリスモ3 Aspec

Attributes

ReleaseDate : 2001/04/28
PackageQuantity : 1
Platform : PlayStation2
ESRBAgeRating : Everyone
Label : ソニー・コンピュータエンタテインメント
ItemDimensions : 5575635535
PartNumber : SCPS-15009
Studio : ソニー・コンピュータエンタテインメント
ProductGroup : Video Games
FormattedPrice : ¥ 7,344
EANListElement : 4948872150095
Manufacturer : ソニー・コンピュータエンタテインメント
CatalogNumberListElement : SCPS-15009
MPN : SCPS-15009
Publisher : ソニー・コンピュータエンタテインメント
EANList : 4948872150095
Brand : ソニー・インタラクティブエンタテインメント
CatalogNumberList : SCPS-15009
PackageDimensions : 5575644535

広告タグの取得

   きれいなグラフィックスと、本物そっくりの動き、実物から録音したエンジン音など、どれをとっても驚くほどリアルなレース&ドライビングシミュレーションゲームで、レースゲームの最高人気作「グランツーリスモ」シリーズの第3弾。レース中は若干画質が落ちるが、レース後に自分の走りを再現するプレビューやデモ画面は、実写と見まごうほどの美しさ。飛び散る火花や舞い上がる砂煙など、車にあまり興味のない人でもつい目を奪われてしまうほどだ。

   用意されている車種は150種で、一般車からフォーミュラカーまで幅広くそろっている。レースゲームとしてのおもしろさも遜色なく、いろいろなレースに挑戦しては資金をためて車をチューンアップしたり、高性能な車を買ってさらにレベルの高いレースに出場できるようになっている。ドライビングテクニックを競うだけでなく、自分だけの車をつくりあげていく楽しみもあるので長く遊べるゲームの1つだろう。i.Linkで接続すれば6人まで同時に参加でき、タイムアタックなどの対戦も可能だ。(秋月昭彦)

グランツーリスモ3 Aspec

きれいなグラフィックスと、本物そっくりの動き、実物から録音したエンジン音など、どれをとっても驚くほどリアルなレース&ドライビングシミュレーションゲームで、レースゲームの最高人気作「グランツーリスモ」シリーズの第3弾。レース中は若干画質が落ちるが、レース後に自分の走りを再現するプレビューやデモ画面は、実写と見まごうほどの美しさ。飛び散る火花や舞い上がる砂煙など、車にあまり興味のない人でもつい目を奪われてしまうほどだ。

用意されている車種は150種で、一般車からフォーミュラカーまで幅広くそろっている。レースゲームとしてのおもしろさも遜色なく、いろいろなレースに挑戦しては資金をためて車をチューンアップしたり、高性能な車を買ってさらにレベルの高いレースに出場できるようになっている。ドライビングテクニックを競うだけでなく、自分だけの車をつくりあげていく楽しみもあるので長く遊べるゲームの1つだろう。i.Linkで接続すれば6人まで同時に参加でき、タイムアタックなどの対戦も可能だ。(秋月昭彦)

「ドリフトON・OFFゲーム」 に飽きた御仁に

ここで改めて言うまでも無いのだが、ゲームと言うよりはシミュレータ。
じっくりと長~く遊び込める懐の深さはレーシングゲーム史上最高。
だが、反面、間口はやや狭く、ゴールドメダル取得が本当にキツい
ライセンス試験や、序盤レースの余りの勝てなさっぷりに
心が折れるプレイヤーも多いだろう事は想像に難くない。
間違いなく、プレイヤーを選ぶ一本だが、逆に、そこを「楽しみ」として
乗り越えられる人なら+☆一つの価値はある。
(一旦軌道にさえ乗れば、これほど楽しいゲームも無い)
背景の美麗さ、車種の豊富さ、確かな手ごたえを感じる挙動、
GT Force との連動等、どこを取っても恐ろしいレベルの作りこみ。
前作「2」に比べて、明らかにセンスダウンしたBGM、「中古車」制の廃止、
車種数の減少など、デメリットとして挙げられる点もあるが、駆動方式や
馬力、重量など、クルマの「個性」をこれほどはっきり味わえるタイトルが
現状、本タイトル以外に無いのも確か。
やるからには徹底的にやり込みたい一本。
君も「レースゲーム好き」から「クルマ好き」に一皮剥けてみないか?

40代でも、3カ月は遊べます。

中年の域に入って気分転換のつもりで、中古で千数百円で買って始めたところ最初は取っ付きづらく、これ無理かな・・と思いながらもライセンスの「胴」をギリギリのタイムで取りながら、ビギナーレースに出るうち、いつのまにか完全にハマッテしまいました。「車」は年齢に関係なく男のDNAを刺激するのかもしれません。自分の走りをリプレイで見とれながら?そのあと毎日のように3カ月は没頭できたゲームです。
是非全国の中年男性にお勧めする名作です。

車に酔いしれろ!

一瞬実写かと思うほどリアルなゲームです。
このゲームの面白いところはやはりイチから全て始めること、
つまり何も無い状態からクリアをしていくことです。
最初に始めると自分の手には安い車が買えるくらいの現金があります。
それでまず安い車を購入。それをチューンナップして
レースに出し、勝った賞金で今度は少し高い車を買い・・・と
いうかんじにどんどん腕を上げていくのです。
しかしとても難しいです。今までのゲームと違い、
ブレーキの踏む位置、「アウト・イン・アウト」など
運転技術がないとまったくクリアできません。
そんな人はレースで勝てず、いつまでもビィッツやミニクーパーしか
乗れないかもしれないのです。しかし「GT3」では
そんな人のためにアーケードモードがあります。
このモードではBMWやベンツなど高い車で遊べるしレースで
かなり勝っていかないと手に入らないような超高額な車も
運転できます。これがうれしいですね。
とにかくリアルなゲームですがリアルなだけでなく、
いろいろ遊べるので難しいですがそのぶんやりがいがあります。
すっごく面白いゲームです。

なかなか楽しめるレースゲームです

発売からかなりの歳月が経過するので、最近ゲームを趣味とし始めた人は分からないかもしれませんね。
グランツーリスモ3はとにかく画質がもの凄くキレイでした。車の走り方も車っぽくなっています。僕はこの作品からやり始めたので、過去の作品はどうしてもリアルじゃなくて、好きになれませんでした。グランツーリスモ2まではプレイステーションのソフトなので、めちゃくちゃ粗っぽいです。
今作はリアルさを重視していると思います。
グランツーリスモモードと言うのがありますが、これがかなり楽しめます。一人のレーサーとして、レースに出場し、入賞、または優勝しながらお金を稼ぎ、車を買ったり、車を改造(性能アップ)させたりするのが面白かったです。
レースにはビギナーからプロフェッショナルレベルまでありまして、出場資格は様々です。
ビギナーの賞金はイマイチなんですが、耐久レース部門なんかだと1億円もらえたりします。耐久レースなので2時間とか3時間のプレイ時間は当たり前ですけどね。
ヘタに改造してしまうと車の操作性が自分と合わなかったりするので、車初心者は攻略本を購入される事をオススメします。僕も車1台ダメにしてますからね(笑)。
友人との対戦もアツいんですが、1対1の対戦なんですよ。僕は、何人かで、誰が何位になるだとか、皆でワイワイやるほうが面白いと思います。1対1だとマジになってしまうので。
このゲームで不満な所は、コース数が割りと少ないトコですかね。いくつ有ったか忘れちゃいましたが、レースに出場しているうちに、もっと違うコースがやりたいだとか、コース数が物足りないだとか、そういう不満が発生しました。車の数は普通です。カッコイイ車もありますし、自分のタイプじゃない車もあります。まぁ、僕は性能で選んでるんですけどね。
国内メーカー(ト●タや●産など)や海外メーカーまであります。
レースゲームが好きな方や、少しでも興味がある人はやってみてください。
Amazon殿でも中古屋でもかなり安く売っていると思います。

すばらしい。

グラフィックや特に挙動については現在遊べるドライブシムの類では最高のモノだと思うし今更いうことないんですが、全シリーズに共通して、1本のゲームタイトルとしての構成が、今ひとつ洗練されてないなぁと感じるので★ひとつマイナスです。
しつこいですがプレイする(走る)ってとこだけを見れば、満点だと思っております。

まぁ、結構いい

グランツーリスモ1をやった私としては、中古車をなくしたのはびっくりしたし、残念だった。確かに新車は色を選べるのだが、高い。AE86トレノで130万円は、高すぎる。GT1は80万ぐらいなのに。
それでやっとのことで速い車を手に入れた。で、ライセンス試験に行こうと思い、いってみると、ライセンス多っ!!、GT1の時は3つしかなかったのに・・・・倍の6個に増えてるよ!!これでせっかく私は379馬力のマスタングを持っているのに、アマチュアリーグに出れない。そりゃあ、ライセンス取ればいいのだが、これ、結構きつい。
B取っただけで精一杯、Sライセンスなんて夢のまた夢。
そして、最後に言いたい事は、プレゼントカーがしょぼ過ぎ!!

うん!

リアルでいい。
でもスピード感が無い。
惜しい。

運転技術を身に付ければ薔薇色のレースライフに

挙動のリアルさが売りのシリーズ第3段は究極のドライビングシュミレータそのもの。大型テレビとハンドルコントローラGTフォースを使えばゲーセン並み、それ以上の迫力を味わえる。他のレースゲーム2~3本分はある内容の濃さは贅沢そのもの。挙動がリアルなだけに運転技術を身に付けるのに少々時間がかかるかも知れないが、その奥の深さは車を操る楽しさを教えてくれるほどの完成度。熱烈なファンが多いのに納得。

リプレイゲー

私はずっとGTシリーズが苦手でGT3を買うのは3度目です
実はGT4もGT5Pも買って苦手ですぐ詰んでいました
ただ先日GT5Pを久しぶりにプレイして、攻略サイトで
ようやく乗る車やセッティングを知り走れるように・・・
ようやくリプレイの楽しさが理解できるように(つ_;)
それまではほんとに苦痛でした
そこで詰んでしまっていたGT3を再度購入しました
視点はふたつしかありませんが、さすがリプレイゲー
ドライバーが居ないとは言え、リプレイの素晴らしさ健在
40インチフルHD液晶で見ても空気感漂うその美しさは素晴らしい
ゲーム性は求めていないので、
アーケードモードでリプレイばっかり見ています

高品質なレースゲーム

素人の意見ですが、高品質なレースゲームだと思いました。楽しかったです。
ただ、レース後にいちいちリプレイになるのが面倒でした。
グランツーリスモ4
グランツーリスモ Concept 2001 TOKYO
グランツーリスモ2
GT FORCE