Blue Blood Tour 爆発寸前GIG [DVD]

Blue Blood Tour 爆発寸前GIG [DVD]

Attributes

ReleaseDate : 2001/09/05
NumberOfItems : 1
AudioFormat : PCM
Format : Color
ItemDimensions : 13
Type : Original Language
SeikodoProductCode : KSB5-5734
EANListElement : 4988009573403
Manufacturer : キューンミュージック
RegionCode : 2
EANList : 4988009573403
Brand : Ki/oon Sony キューン ソニー
AspectRatio : 1.33:1
Artist : X
Label : キューンミュージック
Studio : キューンミュージック
ProductGroup : DVD
FormattedPrice : ¥ 4,104
Publisher : キューンミュージック
Language : 日本語Original LanguagePCM
Actor : X
NumberOfDiscs : 1
PictureFormat : Academy Ratio
PackageDimensions : 3955913488
Languages : 日本語Original LanguagePCM
Name : 日本語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Prologue World Anthem
2 - Blue Blood
3 - Sadistic Desire
4 - Easy Fight Rambling
5 - Week End
6 - Stab Me In The Back
7 - Piano solo
8 - Drum solo
9 - Guitar solo
10 - 紅
11 - オルガズム
12 - I'll Kill You
13 - 20th Century Boy
14 - X
15 - Unfinished

この頃のXはまさしくヴィジュアルの最高潮ともいえる!!

メジャーデビュー直前のパワフルさが伝わるLIVE映像です。
ただ、曲が途切れ途切れになっていて、途中でいきなり次の曲に切り替わったりしてしまう点はFANとしては、かなり残念です。

この頃のXはまさしくヴィジュアルの最高潮ともいえる!!

どの曲も映像も最高の出来です!!もっと早く産まれてたら生で正直見たかった位のライブです!!皆さんもおっしゃられている通り、TAIJIのベースが引き立っていて良かったと思います。YOSHIKIもウニ頭ですし、PATAもモヒガンヘッドですし、TOSHIもかなりの箒頭ですので、まさしくこの頃のXはメジャーデビュー時期であってヴィジュアルの最高潮ともいえるライブです!!

X JUMP

Xインディー最後のライブです。 う~ん、これから頑張りますという気合が観てる側にも伝わってくる!
見るべきです!hideがToshiを肩車したまま弾いたりYoshikiがCO2ガスをばらまいたり・・・あぁ・・・

かっこいいの一言に尽きる。

ブルーブラッドから始まり、激しい曲を演奏しまくる。
一番良かったのは個人的に、Stab me in the back。
メンバー、ファンともに爆発寸前の盛り上がり。
YOSHIKIの髪がトゲトゲなら星6。

若き思い出のX

私は、このビデオをきっかけにXを知りました。当時、小5でした。このビデオを見た時、時が止まった思いだったのを覚えています。あの頃、Xみたいなバンドはいなかったからです。と、言うのもボーカルがメインでギター、ベース、ドラムはかもくに演奏しているのが普通だったからです。それをXはあっさりと潰し、圧倒的なテクとライブパフォーマンスを見せつけてくれたからです。特にHIDEのペイントギターはびっくりしました(笑)見所は、HIDE&PATAのギターの速弾きとツイン、YOSHIKIのドラム、TAIJIのベーステクといっぱい見所があるので是非見て下さい。

インディーズの先駆者にして最高のバンド!

いわゆるヴィジュアル系の先駆者であり、最高のバンドです。いまでもインディーズの登竜門といわれる渋公でのライブ映像。トシの観客を煽る所が懐かしく、カッコイイ。ライブに欠かせないオルガスムで暴れるヨシキ!バンドのタイトル曲のXでのHIDEの「トベトベトベ・・・・」どれを取っても懐かしく、何年経っても色褪せないXってやはり最高です。

曲もいいんですけどね

Blue Bloodが悲劇に踊る悲しみをの後のGive me the throes of deathで切れてます。
Easy Fight Ramblingはラストサビ出だしで切れます。
I'll Kill Youはギターソロで切れます。
音質は良くはないです。映像も若干悪いです。TOSHIの声も結構かれてます。
でも、Stab Me In The BackのPATAのギターソロは圧巻です。
値段的にも安いですけど、曲もいいのが多いですし、買っても損はしないと思います。
若干物足りないかも知れないですけど。
初期の曲は最後はほとんど演奏されないので、このころの曲が好きな方はいいですよ。

Xの心臓

このDVDは曲において文句なし!全体的にスピード感溢れる曲が多い。初期のXの魅力がぎっしりと詰まっている一品です。メンバー一人一人がとてもかっこよくきまっています。中でもHIDEsolo、YOSHIKIsoloには驚かされました。まさにこれこそ日本一のバンドと言えるでしょう。あの時代にこれほどのレベルを持ったバンドは中々いないでしょう。絶対に買って損はしないはずです。

荒削りな頃のXが好きな人におすすめ

イントロのSEでステージに向かうHIDEさんのガムを噛んで喧嘩売ってるような
表情のかっこよさは、初期ならでは。ちょっと曲の途中がはしょられてたりするのが
残念。完全版があればなあと悔やまれます。

私の世界の中で1番のベーシストTAIJIさんがカッコイイ!!

私は「X JAPAN」から入っていったので「X」時代のことは知らなかったのですが「X Singles」「BLUE BLOOD」「Jealousy」と買っていくうちにとてもBASSのTAIJIさんが気になり「こんなにキレイなBASSを弾く方がいるんや」と思いました。それまでは私にとってBASSといえばものスゴク地味で音楽をちゃんと聴かない方にはBASSの音なんてわからないだろうと思っていたからです。TAIJIさんのBASSはそんな偏見を見事に吹っ飛ばしてくれました。その後どうしてもTAIJIさんのLiveでのBASSを見たくてこのDVDを買いました。私の中での1番の見所は「EASY FIGHT RAMBLING」でのTAIJIさんのBASS Playです。それを見てカッコイイと思いいろいろと雑誌をあさりまくりTAIJIさんモデルのBASSを買いました。他にも見所はたくさんあります。「Stab Me In The Back」でのPATAさんのコーラスなど。Yoshikiさんの「Piano Solo」で「Unfinished」を弾きだした時のお客さんの歓声はたまらないです。
ただ残念なのが大半の曲が途中でカットされているところです。やっぱりカット無しの演奏が見たかった。
でもおそらく「BLUE BLOOD」版の「WEEK END」を演奏しているのはこの映像だけではないでしょうか?他のLive映像だとSingle versionで演奏されてますからね。
デビュー前の「X」に興味がある方は買ってみても損はないと思いますよ。
VISUAL SHOCK Vol.4 破滅に向かって 1992.1.7 TOKYO DOME LIVE [DVD]
刺激! VISUAL SHOCK Vol.2 [DVD]
VISUAL SHOCK Vol.3 刺激 ~夢の中にだけ生きて~ [DVD]
VISUAL SHOCK Vol.3.5 Say Anything ‾X BALLAD COLLECTION‾ [DVD]