All This Useless Beauty (Bonus CD)

All This Useless Beauty (Bonus CD)

Attributes

ReleaseDate : 2002/02/08
NumberOfItems : 2
Format : Double CD
Format : Import
ItemDimensions : 4550027575
Type : Original Language
PublicationDate : 2001-08-21
EANListElement : 0081227428426
Manufacturer : Rhino / Wea
UPCListElement : 081227428426
EANList : 0081227428426
Brand : Rhino/atlantic
PackageQuantity : 1
Artist : Elvis Costello
Label : Rhino / Wea
Studio : Rhino / Wea
ProductGroup : Music
Publisher : Rhino / Wea
Language : 英語Original Language
NumberOfDiscs : 2
UPCList : 081227428426
UPC : 081227428426
PackageDimensions : 5455518497
Languages : 英語Original Language
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - The Other End Of The Telescope
2 - Little Atoms
3 - All This Useless Beauty
4 - Complicated Shadows
5 - Why Can't A Man Stand Alone?
6 - Distorted Angel
7 - Shallow Grave
8 - Poor Fractured Atlas
9 - Starting To Come To Me
10 - You Bowed Down
11 - It's Time
12 - I Want To Vanish

Disc 2 / Track

1 - Almost Ideal Eyes
2 - My Dark Life (with Brian Eno)
3 - That Day Is Done (with The Fairfield Four)
4 - What Do I Do Now?
5 - The Bridge I Burned
6 - It's Time (demo)
7 - Complicated Shadows (demo)
8 - You Bowed Down
9 - Mistress And Maid (demo)
10 - Distorted Angel (demo)
11 - World's Greatest Optimist (demo)
12 - The Only Flame In Town (demo)
13 - The Comedians (demo)
14 - The Days Take Care Of Everything (demo)
15 - Hidden Shame (demo)
16 - Why Can't A Man Stand Alone (demo)
17 - Distorted Angel (Tricky Remix)
Elvis Costello's final album for Warner Bros. might have been even more widely ignored had he and the Attractions not gone on tour to support it. The result led to a final split, but All This Useless Beauty still ended up doing little business. This reissue, part of Rhino's first wave of a Costello remaster/refurbishing campaign, provides an opportunity to hear mostly exemplary songwriting and assuredly masterful performances. Darkly observant and even witty, tracks like "The Other End of the Telescope" (a rewrite of a Costello-Aimee Mann collaboration), "Distorted Angel," and "Starting to Come to Me" could take their places on anyone's mix tape. (The snarling "Complicated Shadows," one of the few full-on rockers here, even made it as far as a Sopranos episode.) Costello overreaches on the title track, but its sophisticated tone works just about everywhere else it's tried. The bonus disc of demos and one-offs is necessarily a sonic hodgepodge, but it's a damn fine long-player on its own. Costello's liner notes are, as always, a must. --Rickey Wright

実はトータルアルバム!

このアルバム、他人に提供した曲をまとめたセルフ・カバーアルバムという紹介が一般的ですが、実際には、他人が歌っていないものが多く、トータルアルバムとして非常に完成度が高い。
アトラクションズの演奏は、初期のあらあらしさやチープさはなく、洗練の極みで、陰影に富む深みがある。そして、コステロのボーカル。
ロックもバラードも完璧に歌いこなして、最後には深い感動を呼ぶ。
聞けば聞くほど味わいが増す傑作で。
セールス面では振るわず、評論家の評価も別れたが、色褪せることない傑作。

アトラクションズはコステロの『ホーム』

1996年リリース。実り多きワーナーでの最後のアルバムにして現時点におけるアトラクションズとの最後の競演アルバム。
特にスティーブ・ナイーブのピアノがシビレル作品である。聴き続けるうちに心の奥底にどんどん滲みてきて最後にはすっかり虜になってしまう。題名の『All This Useless Beauty』からしていかにもコステロらしい。(●^o^●)
1993年には弦楽四重奏団ブロドスキー・カルテットのコラボレーション作品『The Juliet Letters』を出したり、バート・バカラックとアルバムを出したりと色々試しているコステロ。でもいつもアトラクションズの元に戻っていってすばらしいアルバムを創り出す。アトラクションズはコステロの『ホーム』なのだ。そう感じる傑作である。

アトラクションズはコステロの『ホーム』

1996年リリース。実り多きワーナーでの最後のアルバムにして現時点におけるアトラクションズとの最後の競演アルバム。
特にスティーブ・ナイーブのピアノがシビレル作品である。聴き続けるうちに心の奥底にどんどん滲みてきて最後にはすっかり虜になってしまう。題名の『All This Useless Beauty』からしていかにもコステロらしい。(●^o^●)
1993年には弦楽四重奏団ブロドスキー・カルテットのコラボレーション作品『The Juliet Letters』を出したり、バート・バカラックとアルバムを出したりと色々試しているコステロ。でもいつもアトラクションズの元に戻っていってすばらしいアルバムを創り出す。アトラクションズはコステロの『ホーム』なのだ。そう感じる傑作である。

大傑作+ボーナス・ディスク

£2ää ̄§§±-¨ ̄§μäé ̄\''oäo¨"¨ £¨
é¨è§"¿§o£2-31èaèo ̄èa£§
éaa12 ̄"§-
¢ ̄§3o"\31\2'èäoμ-ä-¿1o-aä"
"'ä(é'é)TOP20...\a£§äè°§
1£1 ̄ ̄¬¨§ä-¢£1ä2¢'é§ä-aa ̄1-'¡§3é2
¢ ̄o£2¨...¨\¢¬3°!§!!"颧
¢a騧 ̄CD3°¿ ̄¬a-§é2complicated shadow¢¨
è¶...è2'é§3é2
31è3'°a解èa¬äa§-\¬¨'/-\¬èa解èa¬ä'§-

アトラクションズとの集大成

コステロが他のアーティストに提供した曲を集めたセルフカバーアルバムです。コステロにとっては16枚目のアルバムでコステロ&アトラクションズ名義ではBLOOD & CHOCOLATE以来で、今現在、コステロがアトラクションズと共演したラストアルバムとなっている。注:When I was Cruelではスティーブ・ナイーブとピート・トーマスはバンドメンバーとして参加)
アルバムとしてはコステロ&アトラクションの集大成といった感じに仕上がっており、一曲一曲が心に染み込む名曲ばかりで売上的にはあまり良くなかったが、隠れた名盤といえる。
このALL THIS USELESS BEAUTYが発表された後にExtreme Honeyを発表し、ワーナーからマーキュリーレコードへ移籍した。

抑制された美

コステロの歌が堪能できる1枚。
新作ではバンドのコステロですが、アコースティックな
美しい曲調とボーカルが心地好い。
タイトル曲の極美、1枚目最後のブロードスキーカルテット
とのクラシカルな繊細さ。
ボーナストラックでは、マッカートニーとの競作曲、
エイミーマンとの曲等ありますが、個人的には
オービソンに捧げられたコメディアンズのデモが
お気に入りです。
Brutal Youth
Armed Forces (Dig) (Spkg)
Mighty Like a Rose
Imperial Bedroom (Dig) (Spkg)