ごはんができたよ

ごはんができたよ

Attributes

ReleaseDate : 1993/09/21
NumberOfItems : 1
Artist : 矢野顕子
Label : ミディ
Studio : ミディ
SeikodoProductCode : MDCL-1250
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 3,041
PublicationDate : 1993-09-20
EANListElement : 4988034202576
Manufacturer : ミディ
Publisher : ミディ
EANList : 4988034202576
NumberOfDiscs : 1
Brand : ミデイ
PackageDimensions : 3955918488

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - ひとつだけ
2 - ぼん ぼん ぼん
3 - COLOURED WATER
4 - 在広東少年
5 - HIGH TIME
6 - DOGS AWAITING
7 - TONG POO
8 - 青い山脈
9 - げんこつやまのおにぎりさま
10 - ごきげんわにさん
11 - また会おね
12 - てはつたえる→てつだえる
13 - ごはんができたよ
14 - YOU′RE THE ONE
   79~80年に行われたYMOのワールド・ツアー参加後に制作された6作目。ジャズ~クラシック~日本民謡を自由に行き来する卓越したソングライティングによって生み出された楽曲が、ハイブリッドなサウンド・メイクによって立ち上がってくる様子は、まさに圧巻。
   コンサートのアンコールで演奏されることも多い<1>、80年代ジャパニーズニューウェーブを象徴する<4>、東洋的な旋律が鮮烈な印象を残すYMOのカバー<7>など、代表曲が多数収録された名盤。(森 朋之)

ごはんができたよ

7980年に行われたYMOのワールド・ツアー参加後に制作された6作目。ジャズクラシック日本民謡を自由に行き来する卓越したソングライティングによって生み出された楽曲が、ハイブリッドなサウンド・メイクによって立ち上がってくる様子は、まさに圧巻。
コンサートのアンコールで演奏されることも多い<1>、80年代ジャパニーズニューウェーブを象徴する<4>、東洋的な旋律が鮮烈な印象を残すYMOのカバー<7>など、代表曲が多数収録された名盤。(森 朋之)

とにかく最高です。

絶頂期のYMO+MC-8松武秀樹+ギター大村憲司のフルサポート、また坂本龍一ともラブラブに、という最も彼女が充実した頃に作られた名盤。曲、詩、アレンジ、音ひとつも完璧で全く手抜きがない。“彼女の歌い方が好きじゃない”って先入観を持って聴かれるとつらいのだけれど、今聞いても全く色あせていない。歌詞も素直に自分の気持ちや愛情を表現したもので別れた恋人や新しい恋人、すべての人々に注がれる彼女への愛に溢れていて感動的です。この作品から多くの曲が彼女の代表曲になっていますが、なぜかベストに選ばれない最後の曲「YOU'RE THE ONE」が個人的には愛している人への気持ちを上手く表現した最高の作品だと思います。ちなみにオリジナルは2枚組みLPレコードで彼女とサングラスをしたユキヒロ、教授と怪しい表情で地面に座っいる細野氏の写真が見れます。(このCDではその写真は割愛されています。)

素晴らしい

ジャズとポップスの垣根を自由に行き来する矢野顕子。
私はピアノ弾き語りなどの最近の矢野顕子から入った口なので、
テクノに傾倒していた頃の矢野顕子には最初抵抗感もあった。
が、そういったスタイルの時代性に惑わされず音楽そのものに耳を傾ければ、そのクオリティの高さに唸らされる。
まず唄い方ひとつとっても発想の奔放さが天才的で、またその歌を支える演奏も極めてハイレベル。
大抵矢野顕子のCDを買うと、1、2曲は突出して好きな曲があって、あとは聞きながら好きになっていくか、どうしても好きになれないかなのだけど、『ごはんができたよ』は最初からベスト盤のような完成度。
人によって好き嫌いのハッキリ分れるものの一度は聴いて欲しい歌手です。

完成度の高い楽曲と懐かしさ。

完成度の高い何年たっても色褪せない素敵なアルバムです。
癒やされますね〜。
矢野さん独特の世界観にどっぷり浸っていると、日頃のストレスがどこかへ飛んでいってしまうかのようです。
わたしは懐古主義者なのかもしれませんが、アルバムを聞いていると、一昔前の時代の匂いが漂ってくるのもいいですね。
完成度の高い楽曲とともに、この懐かしい感じが味わえるのがまた良いのです。
一生聞ける宝物のアルバムですね。

自由であることの楽しさ

自由であることがこれほどまでに楽しいアルバムを私はほかに知らない。音楽ジャンルを超越した自由奔放な作風は、カチコチに凝り固まった現代人の理解を軽やかに超えてしまう。とりあげた題材が童話、童謡、言葉遊びであったり、カバーであったりすることをマイナスと思う、知らず知らずのうちに自分のはめたつまらぬ窮屈さを脱して聴いてほしい。それが可能な人だけがこの作品を心から味わうことができる。中でも#13「ごはんができたよ」を聴けば、こんなにも簡単なエピソードでよき思い出や帰る場所があることが人にとってどんなにも暖かいものかを表現できてしまう彼女の感性と音楽の根底にある深き人間愛を感じずにはいられないだろう。全体に明るい雰囲気を持つ作品だけれども、この一曲で泣ける人御用達の一枚だ。

孤島で一枚アルバムを選ぶなら

孤島で一枚アルバムを選ぶなら、絶対にこのアルバム。
私にとっては生きてきた46年間のベストワンアルバムです。
学生時代に発表され、貧乏なけなしの中からレンタルしカセットにとり、ず〜っと聞き続けてきました。途中、レコードもCDも買ったけど、それは保存版!当時のカセットをいまだずっと聞いています。針の落ちる音からノイズまで私の身に染み付いてます。車にもこれ聞きたさに中古を探しわざわざカセットを搭載しています。(話はずれますが、昔のカセットってすごく丈夫だったと思いませんか?)。
学生時代の最後を「また会おね」で締めくくったのですが、人生の最後に締めくくりたい曲も「また会おね」です。葬式のときには、この曲で送り出してもらおうと決めています。

第二期矢野顕子のスタートを飾るアルバム

プロデューサーが矢野顕子・坂本龍一となっての第一弾。「Japanese Girl(76)」~「東京は夜の七時(79)」までを第一期とするなら、ここからが第二期になる。第二期の終わりは「グット・イブニング・トーキョー(88)」といえるだろう。この頃の特徴はやはり坂本龍一の影響でスタジオワークが中心となっており、サウンドが非常に凝っていることが挙げられる。しかし全体の曲調はまさに「あっこちゃんワールド」そのものだ。アルバム一曲目にある名曲「ひとつだけ」は、今では矢野顕子の代表曲として知られているが、元々はアグネスチャンに提供していた曲である。アナログ版では2枚組みで8分を超す曲「げんこつやまのおにぎりさま」も収められている。CD時代でも長いがアナログ時代ではポップスでは滅多に見られない長さである。しかも童謡を複雑にアレンジした曲で驚くほどにサウンドの完成度が高い。アルバム作成時は妊娠しており安定期に入ってからボーカル入れをしていたとのこと。ジャケット写真で化粧をしていないのはそのため。アルバムのライナーノートの最後に"HOOTA & OHKII NECO-CHAN & MIU"と書かれている。かくしてファンは生まれたばかりの子供の名前を知ることとなる。(筆者は矢野顕子デビュー以来のファン)

ほとんどYMO

バックはほとんどYMOの演奏によるもの。名曲「ひとつだけ」で始まる80年代の旅です。中でも「げんこつやまのおにぎりさま」はフュージョンとテクノが合体した意欲作。シーナ&ロケッツ鮎川誠のギターソロなど聞いて損はありません。

あっこちゃんしか歌えない!

あっこちゃんファンは、みんなすきなんじゃないかなぁー
このアルバム。「ひとつだけ」「在広東少年」「またあおね」「ごはんができたよ」あっこちゃんいまもよく歌ってます。
私の好きな流れは、「青い山脈」から「げんこつやまのおむすびさん」の矢野節炸裂から「またあおね」でちょぴりぃなーいたけどぉ
「ごはんができたよ」でこんなにぃーげんきさぁーになります。(笑)
ぜひ、大声で一緒に歌ってください。

絶対おすすめ

矢野顕子が有名になったアルバム。
アルバムタイトルにもなっている「ごはんができたよ」は、生活感あふれた詞も、テクノ系の演奏も、奔放な歌い方も、どれも当時は衝撃的だった。
「青い山脈」や「げんこつやまのおにぎりさま」といった、カバー以上の矢野ワールド・ミュージックはさすが。
小曲「ごきげんわにさん」にも、矢野顕子の才能と魅力があふれている。
「ぼんぼんぼん」の後奏で繰り広げられる、掛け合いのような演奏は鳥肌もの。
「ひとつだけ」は、後にベストアルバムのタイトルにもなったが、ファンの間では恐らく最も人気の高い曲。
YMOのライブで演奏された「在広東少年」も収録。
絶対おすすめのアルバムです。

やっとみつけたCD版ごはんができたよ

最初に矢野顕子のごはんができたよを聴いたのは、中学校のころでした。レコードを買い、ターンテーブルに置き、いきなり「ひとつだけ」(1曲目)を聴いたときには、漫画やアニメの女の子キャラがすべて吹き飛ぶほど、矢野顕子がかわいいと確信した曲です。「ぼんぼんぼん」(2曲目)、「青い山脈」(8曲目)も、おすすめです。そして、11曲目の「また会おうね」は、学生時代だったら卒業の時期、社会人だったら異動の時期に、必ず心にしみる曲です。誰もいなくなった教室、執務室で思い出したり、チャンスがあれば聴いてみてください。
ただいま。(紙ジャケット仕様)
愛がなくちゃね。
オーエスオーエス(紙ジャケット仕様)
JAPANESE GIRL