伝えたいことがあるんだ

伝えたいことがあるんだ

Attributes

ReleaseDate : 1997/11/21
NumberOfItems : 1
ItemDimensions : 26
SeikodoProductCode : FHCL-2008
PublicationDate : 1997-11-21
EANListElement : 4988027019372
Manufacturer : ファンハウス
EANList : 4988027019372
Brand : ファンハウス
Artist : 小田和正
Label : ファンハウス
Studio : ファンハウス
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 3,146
Publisher : ファンハウス
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 4756726504
SKU : BUD80872

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - 緑の街
2 - Little Tokyo
3 - 君に Merry Xmas
4 - 恋は大騒ぎ
5 - Oh!Yeah!
6 - ラブ・ストーリーは突然に
7 - あなたを見つめて
8 - いつか どこかで
9 - そのままの 君が好き
10 - 風の坂道
11 - 真夏の恋
12 - so long my love
13 - 君との思い出
14 - 遠い海辺
15 - 伝えたいことがあるんだ
   89年からの8年分のシングル15枚を完全収録。90年代ドラマの主題歌として大ブレイクした<6>をはじめ、自ら監督を務めた映画の主題歌<1>など、13曲がタイアップ作品。歳月を飛び越え、その時代の風景や曲に込められた思いをありありと感じることができる。
   透明感のあるハーモニックなサウンドやメロディは、何度聴いても素直に心にしみる。また、小田和正ならではの包容力に満ちたやさしい歌声は、切なくも心地よい余韻を残してくれる。名曲は色褪せず!珠玉のラブソングに酔いしれる1枚。(海老原澄画)

伝えたいことがあるんだ

89年からの8年分のシングル15枚を完全収録。90年代ドラマの主題歌として大ブレイクした<6>をはじめ、自ら監督を務めた映画の主題歌<1>など、13曲がタイアップ作品。歳月を飛び越え、その時代の風景や曲に込められた思いをありありと感じることができる。
透明感のあるハーモニックなサウンドやメロディは、何度聴いても素直に心にしみる。また、小田和正ならではの包容力に満ちたやさしい歌声は、切なくも心地よい余韻を残してくれる。名曲は色褪せず!珠玉のラブソングに酔いしれる1枚。(海老原澄画)

『小田和正』

『オフコース』のアレンジ曲がないアルバムのなかで、一番ステキなアルバムだとおもいます。
映画に使われた<1>、『小田和正』としてデビューした曲<2>や、当時のチャートナンバーワンの270万枚も売れた<6>、小田さんの魅力ある声を聞ける<7>
きっと小田さんしか歌えない<12>、<15>など、他の全ての曲が素晴らしいです。
買って損はないので、小田さんファンなら絶対に必買です!!!

なかなかのベスト。

シングルをほぼ順番通りに並べただけなのですが、
このベストはすごく良いと思います。
ラブストーリーは突然に。Little Tokyo。
伝えたい事があるんだ。などのヒット曲も収録されていますし、
中期でそこまで売れていない曲(後追いに知られていない曲)も
収録されているからです。
オフコース時代の曲は入っていないので、
小田和正の多数のヒット曲の中からすれば、
『アンソロジー』的な役割すら出来ると思います。
3はボビーコールドウェルがトリビュートで歌っていますが、
確かに、シンセの使い方などは似てるかもしれません。
4のモータウン調など横揺れのビートの曲も多くて気持ち良いですね。
また、このベストではリメイクをしてあり、
7は元のVerより機械の音が減り心地よいサウンドになっていると思います。
どの曲も心に残る曲だったり、ポップな曲だったりして、
悪い曲は1つもありませんが、
個人的には、9の様なポップな曲。10のいかにも小田らしいバラード。
12の小田っぽいイメージありつつAORっぽいちょっと冒険してる曲。
そんな所が好きです。
逆にあまりLittle Tokyoのサビは、
元のVerより声の伸びがなくなってしまってる感じがしたりもします。
また、バックコーラスの佐藤竹善、鈴木雅之、EPOや
ギターの佐橋佳幸、ベースのネイザンイーストなど
バックのミュージシャンの個性も垣間見えて、
良い音楽作ってるなぁって感じます。

個人的な好みですが・・・・。

佳曲揃いのベスト盤だと思いますが、どうしても個人的に好みな曲と、嫌いではないけれど・・・・という曲に分かれてしまいます。小田さん、ごめんなさい。オフコース時代からのファンのせいなのかもしれませんが、やはり私はスローバラード調の曲や、小田さんが優しい感じでお歌いになられている曲が好きです。3の「君にMerry Xmas」、(某保険会社のCMで小田さん、走ってましたね。)5の「Oh!Yeah!」、8の「いつかどこかで」、12の「so long my love」等辺りが好きです。あくまでも個人的好みですので・・。最近小田さんファンになられた皆さん、あまり先入観をもたず、ご購入なさってみて、小田さんワールドをそれぞれに楽しんで、お好きな曲をご発掘なさってみてください。

OFF COURSE時代からの「小田和正ファン」でも十分に楽しめるベスト・アルバム。

ベスト盤というと「自己ベスト」というアルバムがありますが、
あのアルバムは、がっかりさせられる様な曲が、結構入ってます。
じっくりと“歌詞”をかみ締める様に歌う、
OFF COURSE時代とは、変わった小田さんの歌唱法を、
たっぷり堪能できます。

シングル集ですね

緑の街までのシングルを集めたアルバム。君にメリークリスマスがアルバムで聴けるのはこれだけ。他にも良い曲が揃っているのでお薦めします。

いい曲ばかりのベスト盤

感動しました・・・。
昔の楽しかったこと、悲しかったこと、つらかったことの思い出がすべてよみがえってきました。
特に「君に Merry Xmas」、「いつかどこかで」、「so long my love」、「君との思い出」は切ないです。
どの歌も、まっすぐに私のこころに届きました。
力強くて、誠実で、その歌声はどこまでも澄み切っていました。
今まで「そうかな」が小田さんのベストアルバムだと思っていましたが、今、私にとっては、
このアルバムが一番です。
もっと早くに気がつけばよかったと後悔しています。

ジャケット、アルバムタイトル&タイトル曲はマイナスだが、なかなかの秀作アルバム!

2〜3曲を省いて入れ替えすれば、秀作アルバムっすよ。少なくとも半分以上の捨て曲(駄作)ありの『個人主義』、聴く価値無しの『LOOKING BACK』とその続編、それを含んだ『自己ベスト』と『自己ベスト-2』好きにもお勧めの一枚!

このジャケットはないだろう。

オフコース解散後初シングル「Little Tokyo」から1997年当時の最新シングル「緑の街」までのシングルA面集。これ以後のシングルは個人主義以降の4枚のアルバムに収録されているので、「自己ベスト」「そうかな」「個人主義」の3枚が気に入ればその次の1枚としてどうぞ。ジャケットはいくらなんでもセンスが悪い。ディープなファンは、過去の打ち込みを使った曲をいくつか生音に差し替えているのに注目。

「伝えたいことがあるんだ」というタイトルは・・・・・。

「ラブ・ストーリーは突然に」はオムニバスにも収録されてるから聴く必要はない。「君にメリー・クリスマス」「恋は大騒ぎ」「リトル・トーキョー」目当てに買うのが妥当。

お薦めシングルの目白押し

このアルバムは彼のシングル盤のベスト盤。ほぼリリース順に組まれた曲順は、不自然さを感じない。特に幻の 君にメリークリスマス などこんなシングル出していたっけ という曲が収められている。
中盤のラブストーリ・・・なんかは、もう説明要らないだろう。
後半、遠い海辺 が入るのだが、私はこの曲の配置だけ、不満である。どうも曲調の流れにあわない気がするのだが・・・。
それにしても、お薦めシングルの目白押しは小田和正ならではあろう。
K.ODA Oh!Yeah!
どーも
個人主義
そうかな