ディスカバリー

ディスカバリー

Attributes

ReleaseDate : 2001/03/10
NumberOfItems : 1
Format : Limited Edition
ItemDimensions : 5050020550
SeikodoProductCode : VJCP-68283
PublicationDate : 2001-01-21
EANListElement : 4988006788367
EANListElement : 0766486728424
Manufacturer : EMIミュージック・ジャパン
UPCListElement : 766486728424
EANList : 49880067883670766486728424
Brand : Virgin
Artist : ダフト・パンク
Artist : ロマンソニー
Label : EMIミュージック・ジャパン
Studio : EMIミュージック・ジャパン
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 2,621
Publisher : EMIミュージック・ジャパン
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 766486728424
PackageDimensions : 5455518497
UPC : 766486728424

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - ワン・モア・タイム
2 - エアロダイナミック
3 - デジタル・ラブ
4 - 仕事は終わらない
5 - クレッシェンドールズ
6 - ナイトビジョン
7 - スーパーヒーロー
8 - ハイ・ライフ
9 - 愛の絆
10 - ボイジャー
11 - ヴェリディス・クオ
12 - ショート・サーキット
13 - 素顔で向き合えば
14 - 自由をこの手に
   2001年発表のダフト・パンクの2作目。単調なハウスビートにのったシンプルな歌詞と、ロボット声が印象に残る世紀末の名曲シングル<1>を含む、よい意味で万人向けする懐の深い楽しい作品になっている。
   ダンスフロア的色彩が濃く、ポップな大衆性に欠けていた前作と比べ、非常に多彩な音楽的要素を取り入れている。しかし、よく聴くと、ひねくれているところがあるのが彼ららしさか、フランス的エスプリか。日本アニメ界の巨匠、松本零士とのコラボレーションも話題になった。(麻路 稔)

ディスカバリー

2001年発表のダフト・パンクの2作目。単調なハウスビートにのったシンプルな歌詞と、ロボット声が印象に残る世紀末の名曲シングル<1>を含む、よい意味で万人向けする懐の深い楽しい作品になっている。
ダンスフロア的色彩が濃く、ポップな大衆性に欠けていた前作と比べ、非常に多彩な音楽的要素を取り入れている。しかし、よく聴くと、ひねくれているところがあるのが彼ららしさか、フランス的エスプリか。日本アニメ界の巨匠、松本零士とのコラボレーションも話題になった。(麻路 稔)

ディスコ・ベリー

DISCO,VERYとも読めてしまうこのタイトル。
なかなか新しくも懐かしいサウンドで、ただのクラブサウンドとは言い切れない新鮮さと郷愁がある。特に80年代にバグルスや10ccなどに触れていた者にとっては「おお!」と思ってしまう箇所が多々ある。
~~
このアルバムまるごとに松本零士アニメのヴィデオクリップが付いた映画「インターステラ5555」も合わせてコレクションしたいところ。

バランス

このキャッチーでありながらもコアなアプローチを仕掛けるポップセンスにはかなーりやられました。
凄まじいバランス感覚。
全体に4つ打ちを基調としてるんですけど、全然飽きない。
本当によく作り込まれてます。
すごくチアフルでハッピーな作品。
僕は個人的にDigital Loveが相当好きです。映像も一番好きだったな。
こりゃ名曲ですよ。本当にセンスがいい。
星4つなのは若干捨て曲があるんでないかなー…?ということで。
辛いですかね?

良いですねぇ。。

有名な「ONE MORE TIME」など1,3,4番の曲でハマッた人なので、初めて聞いた時、少し物足りない気がしました(^-^;
ですが、同じCDを(シングルも)何時間でも何日でも聞き続ける私は、聞いてるうちにどんどん好きになっていきました☆
まぁ人それぞれの受けとめ方があるかと思いますが、好きな曲が数曲でも入ってるアルバムなら試しに買ってみても良いと思います(^-^)
1:どこかで聞いた事があるような無いような曲で、頭から離れなくてすぐに気に入ってしまいました(^_^)vとても良いデス(*^_^*)曲のノリ、機械ッポイ(?)声…最高です☆松本零士先生のプロモもぜひ見てほしいデス(^_^)
3:これは聞いていると、松本先生のプロモの映像が思い浮かびます(^-^)曲のカンジととても合っていると思います☆それにこの映像を見れば歌詞が理解できるので、とても納得した覚えがあります(英語は全然できない人なので(^^;)☆

当り!

超お薦め。
「ONE MORE TIME」
「AERODYNAMIC」
「DEGITAL LOVE」
の3曲は、一続きになってるようなのですが、
1キロ回(1000回てことね)ぐらいは聴きました。
たぶん。 寝てる間もかけてたし。
「HARDER,BETTER,FASTER,STRONGER」
は、声と音との融合とでもいうか、どこから唄でどこから音?みたいな
閾値のはっきりしない絶妙さでゾクゾクします。
ただのCLUB-SOUNDsではなくて、ホントに聴かせてくれますね。

お気に入りのCDです。

アメリカでMTVをふと見てた時にone more time(PV)が流れて、”へっ?!!銀河鉄道?!”と思って本当にびっくりした覚えがあります。松本零士先生のプロモビデオがなんとも曲と合っていて、しかもPVが続きものだったので、うわ~かっこいい!とファンになりました。個人的には9曲目の「something about us」がcuteな曲調と歌い方、そして中身の切なさがなんとも言えなくてお気に入りです。

気持ちいい曲です

聞いてるとしらずしらずのうちに体が勝手にリズムと取り始めてるような曲ばかりです。
1曲目は絶対に聞いたことがあると思います。
聞き始めの時、1曲目がノリがよすぎるので他の曲が物足りないように感じましたが、
聞いてるうちにすごい聞き入ってしまいます。
和訳された歌詞も入ってるのですが、歌詞も切なくいいです。
デジタルな感じですが、全然嫌な感じはせず、子守唄にもできそうな位耳に馴染みます。パッケージが少々マニアック?とも思う方もいるかもしれませんが、中身は普通のCDケースが入っていて、かっこいいです。
歌詞なしのサウンドも結構入ってるので、バックミュージックとして流しておくのもいいと思いますよ。(もともとディスコソングらしいですし)

俺ディスカバリー。

解りやすさ全開。けどこの高揚感。
これぞダンスミュージック!
デスコでブイブイしてた80’sなおねーさんにも、
クラブでテクノな90’sなおにーさんにも、
車でブンブンしているヤングメンにも、
マッスルでバリバリな兄貴にも、
お向かいの松沢さんにも、
聴いた途端にヒートアップしまくりでオーバーヒートな
このアルバム。
2001年ベストダンスアルバムin俺に認定させて頂きました。

聞きやすいー♪

ワン・モア・タイムとデジタル・ラブのプロモとってもいいです。松本零士さんの絵とよくシンクロしてて曲をほんとにupさせています。このCDだけを部屋に流しててもいいんですが、機会があったらプロモも観てみて下さい♪

聴き飽きないです

2年も前に出たのに、今でも聴き飽きることのない名アルバムです。
Daft Punkの曲を聴いたことがない方でも
1曲目の「one more time」や3曲目の「Digital Love」は
CMなどで耳にしたことがあると思います。
とっつきやすくてhappyな感じの曲。
でも他の曲も同じ雰囲気かというと、そうでもなく
4曲目の「仕事は終わらない」など
プッと吹き出したくなる謎の曲があったり。
全体を通じて聴きやすいです。
私は「nightvision」が好き。

気持ちいー!

まー聴いてみてください。きっと気持ちいいはずです。彼らの音楽はテクノ系クラブサウンドというカテゴリーなのでしょうが、それだけでない奥深い音楽への傾倒を感じさせます。頭に付いて離れない気持ちいいリフが一杯詰まってます。松本零士先生は日本盤だけ!是非日本盤購入を。(ちなみに松本零士先生制作のプロモアニメビデオも秀作!シングルカットされる度の連作となっています)
RANDOM ACCESS MEMORIES
HOMEWORK
Human After All~原点回帰
Alive 2007