Beatles 1

Beatles 1

Attributes

ReleaseDate : 2000/10/25
NumberOfItems : 1
Model : 293252
Format : CD
Format : Import
ItemDimensions : 51492559
Type : Dubbed
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 2000-11-14
EANListElement : 0724352932528
Manufacturer : Capitol
UPCListElement : 724352932528
EANList : 0724352932528
CatalogNumberList : CDP724352932528072435293252852932527243 5 29325 2 8655021293252A09209293257243 5 29325 2 8,529 3252
PackageQuantity : 1
Artist : The Beatles
Label : Capitol
Studio : Capitol
PartNumber : 7793252
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : CDP724352932528
CatalogNumberListElement : 0724352932528
CatalogNumberListElement : 5293252
CatalogNumberListElement : 7243 5 29325 2 8
CatalogNumberListElement : 655021
CatalogNumberListElement : 293252A
CatalogNumberListElement : 09209
CatalogNumberListElement : 29325
CatalogNumberListElement : 7243 5 29325 2 8,529 3252
MPN : 7793252
Publisher : Capitol
Language : 英語Dubbed
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 724352932528
PackageDimensions : 3955922488
UPC : 724352932528
Languages : 英語Dubbed英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Love Me Do
2 - From Me to You
3 - She Loves You
4 - I Want to Hold Your Hand
5 - Can't Buy Me Love
6 - A Hard Day's Night
7 - I Feel Fine
8 - Eight Days a Week
9 - Ticket to Ride
10 - Help!
11 - Yesterday
12 - Day Tripper
13 - We Can Work It Out
14 - Paperback Writer
15 - Yellow Submarine
16 - Eleanor Rigby
17 - Penny Lane
18 - All You Need Is Love
19 - Hello, Goodbye
20 - Lady Madonna
21 - Hey Jude
22 - Get Back
23 - The Ballad of John & Yoko
24 - Something
25 - Come Together
26 - Let It Be
27 - The Long and Winding Road
THE BEATLES 1 (Rare 2000 Korean issue 27-track digitally remastered CD album featuring every number one single achieved by The Beatles in the UK and USA. Also includes a 36-page glossy booklet with Korean text and a fold-out English/Korean lyricinsert - housed in a picture slipcase with Asian text and still in opened shrinkwrap)

Beatles 1

ビートルズのシングル中、アメリカのビルボード誌、もしくはイギリスのレコードリテイラー誌のヒットチャートで1位を獲得した曲は全部で27曲!その27曲を1枚のCDで聴けるようにまとめたのがこのアルバムだ。
当然、定番中の定番曲が次々と飛び出してくるので、聴いていて楽しくないわけがない。24ビットデジタルリマスターされた音も聴きどころで、音質にやや難ありだった初期のヒット曲も実にクリアな音で楽しめる。(星野吉男)

素晴らしすぎる音質です。

24ビット デジタル リマスタリング ノーノイズ テクノロジーという今現在の最高技術によって、音が素晴らしく良くなっています。たとえばShe loves youでは、リンゴのシンバルのアタック音に華やかさが増しポールのベースは艶が出ています。Let it beでのジョージのオーバー ダビングのギターソロのバックで、うっすらと軽く聞こえるダビング前のオリジナルのギターソロも、ほんの少し聞こえやすくなっています。一度本盤を聞けば、今までの同曲が収録されているPast mastersやBetles1962-
1966.1967-1970の音が信じられないくらい貧弱に聞こえます。しかもオリジナルアルバムではモノラルのCant by me love/A hard days night/Eight days weekがステレオ収録されDay tripperは過去に発表されたものはステレオ、モノラル共に1分50秒の所でリンゴのタンバリンが一音抜け、編集個所が目立ちますが、本盤では初めて完璧に修正されています。
結論、、、この音を知ってしまえば16年前に出ていまだにリマスターもされずに、そのままの音で売られているビートルズCDの音の貧弱さをとても痛感します。早くオリジナルアルバムのリマスターをしてくれないかな。このビートルズ1の音と内容、素晴らしすぎます。
追伸、、、ブックレットは世界各国で発売されたシングル盤のジャケット写真集です。シングル盤コレクターの人には貴重な情報となることでしょう。

ある意味赤盤・青盤より優れモノ

チャートの1位のみを収録というコンセプトのせいで、
ファンからは重要曲が収められていないという不満が多いようですが…
このアルバムの優れている点として
1、一枚モノなので、気軽にブッ通しでビートルズの始めから
  終わりまでを体験できる。
2、収録曲が限られているので、気に入った曲の年代のオリジナル
  アルバムに行きやすい。
などが挙げられます。
赤盤・青盤はそれぞれ2枚組みの網羅性の高いベストですが、
それゆえ曲数も非常に多く、4枚通して聴くのは現実的ではありません。
また、網羅性が高いことで赤・青さえ押さえておけばビートルズは
大丈夫だと思ってしまう人も多いのではないでしょうか?
私の知り合いはホワイトアルバムを”白盤”というベストだと思い
「赤・青・白でビートルズは完璧」などと分からないことを言っていました。
THE BEATLES 1からビートルズに興味を持った人なら、買い増す時に、
ダブリの多い赤・青ではなくオリジナルを選ぶでしょうから、
むしろ本当のビートルズを知るためには、穴の多いこちらの方が
次からは自分の好きな年代のビートルズを選んでいけるという点で、
入門には適しているのではないかと思います。

これがビートルズ!

これは英米のNO.1ヒット曲を網羅するコンセプトのアルバムです。ベスト盤を名乗らなかったのは正解だったと思います。なぜなら赤盤青盤の選曲にさえ不満を洩らすファンはたくさんいます。たった1枚のCDで多くのファンが納得できるベスト盤など、ビートルズに関しては作れるはずがありません。つまり、ビートルズはヒット曲がすべてではないのです。このアルバムでビートルズに興味を持ったらぜひオリジナルアルバムも聴いて頂きたいし、もう全部聴いた人でも、このアルバムを聴いて再度ビートルズの魅力を確認して頂きたい。音質も改善されているので、買って損はないですよ!このアルバム、決して初心者専用ではありません。すべてのビートルズファンにとってマストアイテムです。ビートルズの音楽を素直に楽しめる素晴らしいアルバムだと思います。

好きですよ

ビートルズはいろんな意味で二面性があるのでどちらか上げれば違う違うと言う人がいます。パイオニアでありスタンダード。実験性と楽曲性。リアルタイムのファンと今のファン。
若い娘にビートルズてどんなのと聴かれたらコレを聴かせます。時代背景やら制作秘話などは語りません。時代と共に泣き笑いされた方には失礼かと思うが単純に『良いだろ?』と言いたい訳です
コアなファンは語られると土足で荒らされたと感じる人もいるかも知れないが、音楽のメッセージは時間とか国とかどうでも良いかなと思う訳です

注意

このCDは輸入盤ですので、日本解説などはついてませんのでご注意を。
英語歌詞もなく、レコードの写真が載っています。
内容はシングルで1位になった曲を集めて作られたアルバムなので初心者のかたはいいかもしれません。でも、1位の曲だけでなく、ビートルズの一部と思っておいてください。もっと激しいロックの曲もありますし、もっとてゆるやかで、気持ちのいい曲もあります。

存在価値は十分すぎるほどあります

私がビートルズを聴くようになった契機は、ご多分に漏れず例の「赤盤」「青盤」。ラジオで流れていたのをカセットで録音して何度も繰り返して聴いているうちにすっかりとハマッテいきました。「赤盤」「青盤」から特に気に入った曲を頼りにして個別のアルバムに着手し、さらにはまるという非常にありがちなパターンです。というのも、当時のアナログ盤は2000円以上もしましたし、まず大体のアタリをつけてから十分に事前検討をしたうえで個別のアルバムに臨まないと、大変なことになってしまうからです。相対的にCDの値段も安くなっているとはいえ、まだ彼らにさほど馴染みがない人が個別のアルバムにいきなり着手するのはさすがに勇気がいるでしょう。だから、このアルバムはものすごく価値があると思います。もちろん「赤盤」「青盤」から入ってもいいのです。よく「○○」が入っていないから嫌だという批評を見掛けますが、要はヒットチャートで1位になっていないわけで、それは無理筋、わがままというもの。ベストヒットの編集盤だということを十分に理解すれば、かなり楽しめるはずです。また、時系列的に彼らの成長過程を辿る楽しみだってあるわけです。
音楽の検定教科書に彼らの楽曲が載るようになってからすでに10数年。彼らがいてくれただけで受験英語は得意ではなかったけど、決して嫌いになることはありませんでした。少しでも興味を持った若い世代がこれを契機に音楽の素晴らしさに目覚めるなんて、なんと素晴らしいことでしょう。親から子、祖父母から孫、会社の上司から新入社員というように彼らを通して人と人との絆が深まるなんて、想像しただけでも楽しくありませんか?

わかりやすい基準のベストアルバム

ビートルズ好きは、古今東西たくさんいて、ベストアルバムなんぞ作ろうものなら100人が100通りの曲を選びそうなものである。
昔発売された、赤盤、青盤のベストアルバムは、ジョージが選曲した(とされる)ものであり、シングルB面の自分の曲(オールド・ブラウン・シュー)が入っていたりもする。
このアルバムは、チャート1位を単純に集めたものであり、ある意味、とてもわかりやすい基準の一枚である。
これから、ビートルズを聴いてみようと思っている方には、このアルバムから入るのもいいのではないでしょうか?
個人的には、プリーズ・プリーズ・ミーやオール・マイ・ラヴィングなどが収録されていないのが残念である。

良心的なベスト

ただなんとなくビートルズを聴いてみたいだけの人ならこれで十分です。
しかし音楽好きにとっては意味ないです。どうせ全アルバム買うことになるでしょう。
ビートルズのベストは100人100通りなので絶対に文句が出ます。しかしこのアルバムで絶対的にミスなのはストロベリーフィールズくらいです。それも一位にならなかったから仕方ないか。プリーズプリーズミーはいってないっていってもだからといってほかのどの曲抜くんだ!?って感じです。
青赤は中途半端に曲数多いにもかかわらずまだ名曲をほとんどカバーしきれてないのでベストで手短にまとめるならこれちょいどいい。青赤2枚買うくらいならオリジナル買っていくべきでしょう。

「ビートルズ1」の何が悪いの?

チャート1位を獲った有名曲がこれだけ入っていればいいんじゃない。
解散後リスナー各自の思い入れや、いろんな付加価値が付きすぎ「変に神格化」され過ぎたビートルズの楽曲を
1枚のCDにまとめるのは、何をやってもクレーム多発でしょう。
その点「ビートルズ1」は潔い。ビートルズファンが思ってるほど、みんなはビートルズの曲を知ってない
という事実からも、この作品のコンセプトや選曲はけっして悪くない。
コアなビートルズファンは文句タラタラでしょうが、ターゲット違うし関係ないでしょ。
もっと気軽で身近にビートルズ音楽はあってもらいたいし、これからビートルズを知る世代の人にとっても
「ビートルズ1」は良い作品。
音質もデジタルリマスターされて各段に良くなっているのは当然の流れだし、このことにクレームいれてる方が理解出来ない。
普通に考えて、今までこのようなリーズナブルな公式のベスト盤が無かった事が不思議。
今はコアなファンに酷評されている本作ではあるが、5年後ぐらいにはこの「ビートルズ1」の評価が
一変しているであろう事は安易に想像できる。

音楽を楽しめるアルバムです

アルバムタイトルやジャケットからもわかる通り、英国、米国でNO1を記録した曲を年代別に収録した企画アルバムです。というわけで、もちろん、ビートルズメンバーの販売許可は取られていないし、熱心なビートルズファンからは、「やはりビートルズはオリジナルアルバムでないと」「BEST盤から入るのであれば、せめて赤盤・青盤でないと」と評判の悪いアルバムです。確かにこのアルバム1枚では「ビートルズをわかった」ことにならないと思いますが、ビートルズも解散して35年以上。ビートルズ後継者を育てていく為にも「やはりサージェントだよ」というご意見も至極ですが、こういう企画アルバムもそろそろ必要では?というゴタク以前に、なるべく低価格で音楽を楽しみたいという方にうってつけの、聞いているだけで楽しくなる曲がぎっしり詰まったアルバムです。
青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ
Lennon Legend: The Very Best Of John Lennon
Let It Be... Naked [Bonus Disc]
THE BEATLES 1967 - 1970