ILLMATIC [LP] [12 inch Analog]

ILLMATIC [LP] [12 inch Analog]

Attributes

ReleaseDate : 2010/09/28
NumberOfItems : 1
Format : Import
ItemDimensions : 201252551232
Type : Unknown
Manufacturer : COLUMBIA
EANListElement : 5099747595912
EANList : 5099747595912
CatalogNumberList : 475959 1COL 47595947595915099747595912475959 1, 01-475959-20COLB4759591.1GET 51297 LP, 88691975251C 57684
PackageQuantity : 1
Artist : NAS
Label : COLUMBIA
PartNumber : 475959 1
Studio : COLUMBIA
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 475959 1
CatalogNumberListElement : COL 475959
CatalogNumberListElement : 4759591
CatalogNumberListElement : 5099747595912
CatalogNumberListElement : 475959 1, 01-475959-20
CatalogNumberListElement : COLB4759591.1
CatalogNumberListElement : GET 51297 LP, 88691975251
CatalogNumberListElement : C 57684
MPN : 475959 1
Publisher : COLUMBIA
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 901320751250
Languages : 英語Unknown
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - The Genesis
2 - N.Y. State of Mind
3 - Life's a Bitch
4 - The World Is Yours
5 - Halftime

Disc 2 / Track

1 - Memory Lane (Sittin' in da Park)
2 - One Love
3 - One Time 4 Your Mind
4 - Represent
5 - It Ain't Hard to Tell

Illmatic [12 inch Analog]

ナジール・ジョーンズはこのデビュー・アルバムを作った20歳当時、すでに落ち着いた洞察力で武装しており、ずっと年季のいったゲットーのベテランのように、この世はそんなもの的な態度を取っているが、時折、若く未熟な内面が見え隠れする。『Illmatic』は公営団地でのカルチャーにまみれて過ごした人生を振り返り、痛みと同様に喜びを認め、暴力を彼の人生の珍しい出来事というよりも、環境にある事実として記している。それがナズのテンポ良く含蓄のあるマルチなライムで活気づいている。ナズがミスター・マジックのラップ・ショーを聞きながら成長し、誰もがもつフローのコツを世界的に広めたことは歌を聞けばわかる。しかも、このアルバムにはオールスターが何人も参加している。ラージ・プロフェッサー、DJプレミア。そしてもっとも記憶に残る「One Love」のキューティップ。(Douglas Wolk, Amazon.com)

時代を象徴する一枚

90年代のヒップホップシーンを振り返るときに必ず出てくるであろう1枚。
この頃、西の勢いに圧されぎみだった東のヒップホップシーン。この状況を打開すべく、すべてを託されて投入された若干20歳の青年Nas(ナズ)。DJ Premier、Large Professor、Pete Rock、Q-tip、L.E.Sがそれぞれトラックを提供するという今では考えられない布陣で製作された本作。もはや東海岸(NY)の極みである。
特にプロデューサー陣の力の入れようは半端ではなく、制作中にお互いのトラックを聴いて一種の競争になったらしい。「PeteとTipのトラックを聴いた後、"ちくちょう!lab(実験室)に戻らなきゃ!"と思った」(by DJ Premier)。こいつは凄い。。。
言うまでもなくそれぞれのトラックは鮮やかで強烈なカラーを放っているわけだが、特にLarge Professor提供の"Halftime"は頭を振らずにはいられない。太いベースラインにNasが「Strike that!」とライムするところはくそかっこいい。
90年代のヒップホップに興味のある方は必須の1枚。

JJ

↓でHIP(かっこよく) HOP(ノリノリで踊る)こそがHIPHOPでNASをただのRAPとコメントでいちいち言ってる人がいるがおれはこのアルバムでノリノリになれる。HIPHOPは枠にとらわれない。だから聞く人間も枠にとらわれず聞けばHIPHOPの楽しさはもっと広がっていくだろう。

思い出の一品

Main SourceのLive At The BBQでその高いスキルを見せつけたNas。彼の為に最高級のプロデューサー達が曲を作り、その上で作られたアルバムがILLMATICです。ILLMATICのよさが分かれば大体のラップの本当の良さが分かってくる気がします。かなり前の方に「踊れないのはHip Hopじゃない」ってかいてある人見ましたが、Hip Hopは踊れる物だけじゃない。あるCDの歌詞カードによれば、DJプレミアがサンプリングはHip Hopの文化であり〜、みたいなことを言ったとか言わなかったとか。そのサンプリングのルーツは、金もなく学もない、楽器も買えない引けないような人が、いろんな音を組み合わせて独自の音を生み出した。そういう泥臭さもHip Hopの一つの要素だし、Jazzや民族音楽なんかもその一要素です。ILLMATICはそういういろんな要素を取り込んでる作品だからこそ、この評価なんです。10ではマイケルのヒューマンネイチャーのネタだし。2ではピアノ音を落とす渋い感じに始まって、3でもJazzyに、5では重低音に来たかと思えば、もうつまらないと感じる音が一つもない。個人的には今でも全部好きですが、特に4、あと何気に友人に否定される9が好きです。一回聞いてあれって感じた人も、何回も聴くと、シンプルなループに色んな音を感じるようになれると思います。

一生手放せない作品

このアルバムは唯一無二の傑作だと思う、nasのスキルはmain sourceの
live at the BBQを聴いた人ならわかるだろう。
そして満を持してのソロデビューがこのillmaticだ、当時これだけのバックアップを受けて駄作を作った方が歴史に残る、それがnasなのだから最高の作品になる事はしごく当然の事だ。
ただこの傑作にもひとつ欠点がある、それは初心者にこの良さが伝わりにくいという事。
ましてや「B-BOY系」という言葉を恥ずかしげもなく使っている人間にはわかるはずがない。
初心者は聴かず嫌いをしないでこのアルバムの良さに気づいてもらいたい。
きっと少しづつでも気にいって最後は一生手放せなくなるはずだ。

HIPHOPバイブル!

このアルバムを聴かずしてHIPHOPは図れない!
そう言っても過言ではないです。
本当に聴けば聴くだけNASがどれだけヤバイか理解出来るんです。
「メッセージ性がヤバイ」と言われつづけてきた一枚ですが、NASのラップにはリリックの内容、フロウ、声、全てにゲットー感があり、HIPHOP度はかなり高いです。
そしてこの頃のラージ教授のプロデュースワークは間違い無し!と言えるほど、NASのラップを更に引き出してくれてます。
どの曲もNYの空気までもをサンプリングしたかのようなトラック。
#3では同郷AZも参加。この二人の相性、最高です。
まずは聴いて触れて感じてみてください♪

東海岸復活の一枚

西海岸が主流となりつつあってたアメリカのミュージックシーンでビギーの1stとともに、東海岸ヒップホップの復活を掲げた一枚だと思います。特に映画ワイルドスタイルをサンプルしている辺りは東海岸らしくていいかと・・・。難しい話は抜きにして、聴ける1枚だと思います。

素晴らしい

80年代のミドルサウンドと趣は違うが、90年代以降のヒップホップの中では間違いなく、最高といえる盤のひとつだし、これの何が悪い?と逆に聞きたくなる。ナスのラップも物凄いですが、Pete Rockのコスリが決まりまくる4や最高の相性を見せるAZとの3、ドープなプレミアの2、6、9など。外部のメンツも良く目立つ。ナスのほかのアルバムは正直、どうでもいいと言い切ってしまえるほどこのアルバムは素晴らしい。ナスのクールなラップにやられちゃってください。

これでノレない奴はバカ

「ILLMATICは踊れないからHIPHOPじゃない」とか言う低脳ダンサーがいるが、そいつはアップテンポじゃないと踊れないアホなんだろう。これは本来のHIPHOPのBREAKBEATSを最大限に生かした最高のアルバム。
breaking atomsと並ぶ傑作の一つ。

One Time For Ya Motherf**kin' Mind !!

まあ全体的なレビューは出尽くされてますが、
僕はDJプレミア・プロデュースのNASの代名詞『N.Y. State Of Mind』と、後半のフリースタイル?がやばい『Represent』の2曲が一番好きですね。あとはこれぞラップというようなNASがビートに乗りまくって踏みまくる『Harftime』ですか。
まあこのアルバムは異様なほどくそ真面目でストイックなつくりになっています。その辺が受け入れられない人もいるかもしれませんね。確かにヒップホップってやっぱりクラブで楽しく踊ってこそってのはあるし。
でも大物プロデューサーの大胆なネタ使い、その上に乗っかるNASのかすれた声から放たれるライムはとにかくくそかっこいいです。
「Check me out yo」、「ヤノマスティーロ?」、「ブラっブラっブラっ」などヒップホップ用語もいっぱい言ってくれますし、ヒップホップが好きならこれを聴かなきゃ損します。って聴いてないやつなんかいるわけないですね。

最高傑作

音楽性はNASのアルバムで最低!なんて書いてるやつがいるが、ヒップホップ聞いててこの良さがわからないのは絶望的かも。豪華プロデューサー陣が提供したトラックの完成度の高さはもちろん、ストリートでの生活をリアルに綴ったNasのリリックと淡々としたラップはマジで凄い!!全曲が強烈な個性を持った最高傑作であり、一生聴いていくであろう名盤です。
Enter The Wu-tang (36 Chambers) [lp] [12 inch Analog]
The Chronic [2lp] [12 inch Analog]
Doggystyle [2lp] [12 inch Analog]
THE LOW END THEORY [2LP] [輸入アナログ盤] [12 inch Analog]