Tonic

Tonic

Attributes

ReleaseDate : 2000/04/15
NumberOfItems : 1
Format : CD
Format : Import
Format : Live
ItemDimensions : 2555016550
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 2000-04-25
EANListElement : 0072435252712
EANListElement : 0724352527120
Manufacturer : Blue Note Records
UPCListElement : 724352527120
UPCListElement : 072435252712
EANList : 00724352527120724352527120
Brand : Blue Note
CatalogNumberList : 724352527120252717243 5 25271 2 05252712052527120724352527120
PackageQuantity : 1
Artist : Medeski Martin and Wood
Label : Blue Note Records
PartNumber : 3 3 00525271
Studio : Blue Note Records
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 724352527120
CatalogNumberListElement : 25271
CatalogNumberListElement : 7243 5 25271 2 0
CatalogNumberListElement : 52527120
CatalogNumberListElement : 5252712
CatalogNumberListElement : 0724352527120
MPN : 3 3 00525271
Publisher : Blue Note Records
Language : 英語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 724352527120072435252712
PackageDimensions : 5455518497
UPC : 724352527120
Languages : 英語Published英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Invocation
2 - Afrique
3 - Seven Deadlies
4 - Your Lady
5 - Rise Up
6 - Buster Rides Again
7 - Thaw
8 - Hey Joe
   ジョン・メデスキとビリー・マーチンとクリス・ウッドが本作で目論んだのは、バンドのルーツをかいま見ることと新境地に挑むことの両方だ。このエネルギッシュなライヴ盤は、メデスキの電子キーボードをまったく用いることなく、アコースティック・ピアノをフィーチャーした将来性豊かなデビュー作『Notes from the Underground』の世界にリスナーを引き戻す。このトリオは、トランス的なリズムと濃厚なジャム・セッションとともに、電子キーボードを駆使することで、ジャズの領域にとどまらず音楽界にその名を轟かせたが、そのスタイルは本作とはほぼ無縁だ。本作は、滝のように流れる色彩豊かなピアノで幕を開け、激しく駆け巡るエネルギーで、ところどころねじれては自在に傾斜さえする地形図のなかを突き進む。電子キーボードのアンビエントで揺るぎない効果を用いることなく、メデスキはピアノを激しく奏で、一定のテンポでめぐるましくリズムを変える。「Rise Up」はソウルフルなすばらしいトラックで、曲の核にファンキーなハードバップのスタイルを用いている。トリオは、ヘンドリックスの「Hey Joe」で、優しく悲しげな静けさをもって本作を締めくくっている。これはスリリングなセッションにおける最高のエンディングと言える。(Andrew Bartlett, Amazon.com)

Tonic

ジョン・メデスキとビリー・マーチンとクリス・ウッドが本作で目論んだのは、バンドのルーツをかいま見ることと新境地に挑むことの両方だ。このエネルギッシュなライヴ盤は、メデスキの電子キーボードをまったく用いることなく、アコースティック・ピアノをフィーチャーした将来性豊かなデビュー作『Notes from the Underground』の世界にリスナーを引き戻す。このトリオは、トランス的なリズムと濃厚なジャム・セッションとともに、電子キーボードを駆使することで、ジャズの領域にとどまらず音楽界にその名を轟かせたが、そのスタイルは本作とはほぼ無縁だ。本作は、滝のように流れる色彩豊かなピアノで幕を開け、激しく駆け巡るエネルギーで、ところどころねじれては自在に傾斜さえする地形図のなかを突き進む。電子キーボードのアンビエントで揺るぎない効果を用いることなく、メデスキはピアノを激しく奏で、一定のテンポでめぐるましくリズムを変える。「Rise Up」はソウルフルなすばらしいトラックで、曲の核にファンキーなハードバップのスタイルを用いている。トリオは、ヘンドリックスの「Hey Joe」で、優しく悲しげな静けさをもって本作を締めくくっている。これはスリリングなセッションにおける最高のエンディングと言える。(Andrew Bartlett, Amazon.com)

ピアノでもOKのMMW!

通常はオルガンを弾くJohn Medeskiがピアノ(及びメロディカ)に専念したライブ盤。通常のMMWよりも4ビートでのアプローチが多用され,演奏的にはジャムバンドというよりも,ジャズ・コンボ的に感じられるが,激しいトリオ・インタープレイであることには変わりはない。Medeskiがピアノ・プレイヤーとしても相当レベルであることを示した好盤。尚,MMWが1998年7月4日に本作が録音されたTonicへ初出演した時の演奏(こちらはエレクトリック)が彼らのWebサイトで購入可能。聞き比べると更に面白さが倍増する。

アコーステックジャズ、アバンギャルド

2¨'"£3'§aa¬3£ 3§ ̄a"¨'è'¢ "...¬-§¢31 ̄£o¢ §¢31 ̄£o'è¡ 'a1 ̄¨ ̄a¬3¨¨ ̄é1'aa¬3¨§ ̄oaé¨aäa颿\ä§è2 䧨
é3\ ̄ ̄'£"¨a¢¬3§33¬3'¨"-¡3°-'¢--¨-ä챬'a¬é3é¨-§±é-¢3£μ3é£3è'-a1'è""!é¨è3...\±oa§¨¢3£ ̄-...-aäoo ̄
¡1a¬3"¢ ̄¨¨aé¿aäoo§è\" ̄裧£3'1a¢1¨...±"£31£--a£-觡§1"\μ''°-"§33"\°313a¶a§¡1§¢3£'"\-a 
¨3"¨ä3¬ a¢3£éμ\è...a ¡£¢ ̄£ 3¿aé2o'--£§"a¡¨a3'£!¨"é3\èaä"'2¨§¨èaè-33-§...¨ä"¨2¨¬ 'é¨-
'1ä-1
Uninvisible
Free Magic
10 Years Solo Live
The Dropper