Let the Sun Shine In

Let the Sun Shine In

Attributes

ReleaseDate : 2000/01/18
NumberOfItems : 1
Artist : Sons and Daughters of Lite
Label : Luv N Haight
Format : Import
ItemDimensions : 25500550
Studio : Luv N Haight
ProductGroup : Music
PublicationDate : 2000-01-18
EANListElement : 0780661003427
Manufacturer : Luv N Haight
UPCListElement : 780661003427
CatalogNumberListElement : 10034
Publisher : Luv N Haight
EANList : 0780661003427
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 780661003427
CatalogNumberList : 10034
PackageDimensions : 4755926504
UPC : 780661003427

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Let The Sun Shine In
2 - Fly Away
3 - Operation Feed Yourself
4 - A Real Thing
5 - Ju Ju's Door
6 - Darkuman Junktion
Dusted off and lovingly placed back into the spotlight by Jazz aficionados like Gilles Peterson and Russ Dewberry, the 70's Bay Area quartet come to ground once again for another well deserved revival. Sons and Daughters of Lite adopted a free-spirited approach to the concept of Afro-Latin-Jazz fusion, combining the psychedelic edge of the Rotary Connection and the Afro percussive presence of the Oneness of Ju Ju. Any doubters should lend an ear to the eponymous opener, a song that has layers of great percussion--from xylophones and whistles to rain sticks and bongos which gently shape shift into a busy, hypnotic crescendo. This is a theme that is continued in the hustling Afro-Latin movement of "A Real Thing" and the funky sax workout that is "Darkuman Junktion", a cut that would have had the likes of Grover Washington Jr blush with admiration. By adding a touch of the smooth and in tracks like "Fly Away" the sun-ward journey continues heading further and even more adeptly toward sunny central.--Found Sounds

何も手につかなくなります(^^;

ウォーミーなvibと混声コーラスに導かれて始まる美しい[1]。中盤からのラテン・リズムへの移行が何とも意気高揚させてくれます。かと思えば[2](個人的には一押しですが)のようにブルース的なメロディーなんですが、上手いアレンジでかなりディープ&メロウに(更に言うなら、スピリチュアルな、、とでも形容しましょうか)聞かせる曲もあったり。また[6]辺りのソフトなファンクチューンもなかなかいい感じ。
全くもって、Sons And Daughters Of Lifeというバンドの活動経緯や構成メンバーについては未知の部分ばかりのまま入手した次第ですが、何やら妙にメンタルを高揚させるような部分があります。
それがスピリチュアル・ジャズに分類されるのか否か知りませんが、何れにせよ、余り難しく考えずに(私の場合は)”ノレるか否か”が判断基準だったりします。
#そういう意味からすれば、本作は合格なのです(^^;
余談ですが、時にPCでCDを再生する場合があるのですが、再生ソフトの視覚効果をアンビエントなものにすると何やら内容にもマッチして感じがでます。でも仕事は手につきませんが(^^;

秋に聞きたいAfro-Latin-Jazz Fusion

ご案内させていただきます。日々寒さが増していくここ最近、ホットになれる音楽が恋しくなります。そこでこれです。ザイロフォンなどやパーカッション類を贅沢に使用したラテンフュージョン。セルジオメンデス顔負けですまたはティファナブラスでもいいですが。ドラムンベースで有名なユビキュィティーレーベルからのリリースもの。ジャンルわけが難しいバンドが多く所属するこのレーベル。こういうのはラテン系なあなたにこそ合うかも。ボーカリストの声はまるでモーリスホワイト・ビルウィザースかとも思えるほどディープ。こういうジャンル混合(フュージョン形式)はスカパラのファンなどに合うのかもしれません。こっちのほうがだいぶ本物ですが。スピリチュアルな要素が濃いので60〜70年代音楽が持っていた呪術性などやサイケデリック性などを好む人にはヒットするかも。一年中お祭り好きなあなたにこそお勧め。(9)
タイム・カプセル