American Football

American Football

Attributes

ReleaseDate : 1999/09/28
NumberOfItems : 1
Format : CD
Format : インポート
ItemDimensions : 4905700.541
Type : Published
Type : Unknown
PublicationDate : 1999-09-14
EANListElement : 0644110002525
EANListElement : 0521258022311
Manufacturer : Polyvinyl Records
UPCListElement : 644110002525
UPCListElement : 521258022311
EANList : 06441100025250521258022311
Brand : Poly Vinyl
CatalogNumberList : SRVNL-00328372
PackageQuantity : 1
Artist : American Football
Label : Polyvinyl Records
PartNumber : PRCCD 25
Studio : Polyvinyl Records
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : SRVNL-00328372
MPN : PRCCD 25
Publisher : Polyvinyl Records
Language : 英語Published
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 644110002525521258022311
PackageDimensions : 5455518497
UPC : 644110002525
Languages : 英語Published英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Never Meant
2 - The Summer Ends
3 - Honestly?
4 - For Sure
5 - You Know I Should Be Leaving
6 - But The Regrets Are Killing Me
7 - I'll See You When We're Both Not So Emotional
8 - Stay Home
9 - The One With The Wurlitzer

懐かしい記憶と今

純粋で若々しく(歳は知りませんが)、そして優しくて懐かしい。
壮大で美しい自然の風景を想像します。
これを聴きながら田舎の風景の中を車で走ると
とっても気持ちいいだろうなと思います。
4曲目のトランペットの音もすごくいいですね。
なんだかこの音楽にぴったりの場所に今すぐ行きたい!と思います。
6曲目は切ないですね、私の心も切ないです。
ヴォーカルのMike KinsellaはOWLSとCAP'N JAZZとJOAN OF ARCでドラムを叩いています。また、OWENと言う名でソロアルバムを出しています。

情景の音楽。

 イリノイ州にて1997年結成されたindie alternative rock bandの、1stにしてlast album。
 polyvinylから25枚目。
 繊細なgtアルペジオのレイヤーと、安定したba、軽やかでテクニカルなdrで構成された、シンプルながら非常に感傷的な1枚です。
 音の括りはindie post / alternative rock emoあたりで、言葉数は非常に少なく、只淡々と旋律が流れていくのだけど、気付かないうちにその中で懐かしい情景やセンチメンタルな記憶が蘇るのです。
 american footballはこのalbum1枚で活動を停止させてしまうのですが、フロントマンのMike Kinsellaはjoan of arc、owen、owlsで活動をしており、drのsteve lamonsはDMS、the geeseというbandで活動しています。
 pedro the lionやpinback、the appleseed castなどのus indieならではな、落ち着いていて綺麗な音を求めるヒトにお勧め。
 トランペットの音も哀愁が漂っていて素敵です。

捨て曲なし

mineralの「EndSerenading」が好きな人は、このアルバムも気に入ると思います。
独特のヴォーカル(ある店の紹介では「下手ウマ」と評されてましたが、納得)も
妙にマッチしてナイス
エモといえば、jimmy eat worldに代表される青春全開ポップソングという感じがしますが、
こちらはもっと落ち着いた雰囲気、CLALITYの最後の曲に近いというか。
エモってジャンルはキレイな音で耳障りがいいので、一聴して良いと思ってもすぐに飽きる曲が多いような印象ですが、このアルバムはEndSerenading同様に長く聴けそうな気がしています。
捨て曲なしの粒ぞろい
お金に余裕がある方は、防水CDプレーヤーを買いましょう
電気を消して月明かりだけの風呂場で、湯船につかりながら聴いてます

超名盤

とにかく美しい。本当に美しい。
全編にわたって貫かれた青さが聴き終えたあとに、胸のなかに暫く残る。
そしてもう一度聴く。絶対。

音楽を愛する全ての人へ。

エモとか、ポストロックとか、そういうジャンル分けで括ってしまうことすらもったいなく感じる程に、ただただ純粋に美しい音楽がこの作品には詰まってます。
落ち着いたビートに身を委ね、暖かく切ないギターのアルペジオとメロディーの波にたゆたう。
これ以上何を望みましょうか。
大名曲「Never Meant」聴いて泣いちゃって下さいな。

森林浴

もう、なんか美しすぎる旋律がエンドレスに流れてきますよ~。
何処かの山奥の別荘のベランダでコレを聞けるならば、本当、私たち幸せ組みという境遇ですよ。
そしてコーヒーを啜りながら2世議員や2世タレントにダメ出しをしたくなりますよ。
ボイスはあまり入っていなく、全体的にインストに近い感じ。
8曲目の後半なんか涙涙の大運動会ですよ。
美しい音を追求している人にオススメ!
American Football (LP3)
Animals
Be the Cowboy
Thank You for Today