Top Gun Soundtrack

Top Gun Soundtrack

Attributes

ReleaseDate : 1999/09/02
NumberOfItems : 1
Format : Extra tracks
Format : Soundtrack
Format : Import
ItemDimensions : 455500.21494
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 1999-08-31
EANListElement : 0074646555422
Manufacturer : Sony
UPCListElement : 074646555422
EANList : 0074646555422
Brand : Columbia
CatalogNumberList : 65554
PackageQuantity : 1
Label : Sony
Studio : Sony
PartNumber : SNY65554.2
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 65554
MPN : SNY65554.2
Publisher : Sony
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
AudienceRating : PG (Parental Guidance Suggested)
UPCList : 074646555422
PackageDimensions : 5455518497
UPC : 074646555422
Languages : 英語Original Language英語Unknown
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Danger Zone
2 - Mighty Wings
3 - Playing With The Boys
4 - Lead Me On
5 - Take My Breath Away (Love Theme)
6 - Hot Summer Nights
7 - Heaven In Your Eyes
8 - Through The Fire
9 - Destination Unknown
10 - Top Gun Anthem - Harold Faltermeyer/Steve Stevens
11 - (Sittin' On) The Dock Of The Bay
12 - Memories
13 - Great Balls Of Fire
14 - You've Lost That Lovin' Feeling
15 - Playing With The Boys (Dance Mix)
   『トップ・ガン』は間違いなく80年代を代表する作品のひとつだ。この作品でトム・クルーズはスーパースターの仲間入りを果たし、監督のトニー・スコット(ほかに1994年『トゥルー・ロマンス』、1998年『エネミー・オブ・アメリカ』)の出世作でもある。製作のドン・シンプソン&ジェリー・ブラッカイマーはこの作品で、点と点を結ぶようなストーリー展開、MTV風の映像、切れ目ないアクションというシネコン向きヒット映画のノウハウを確立した。
   さらに特筆すべきは、オムニバス形式のポップス・サントラもこの作品が火付け役だった点。『スター・ウォーズ』(1977)以前の10年間はサイモン&ガーファンクルの『卒業』(1967)が歌モノ・サントラのお手本だったが、『トップ・ガン』以降は、数多くのサントラが競ってヒットソングを入れるようになった。このサントラからもベルリンの大ヒット「Take My Breath Away」(邦題:「愛は吐息のように」)、ケニー・ロギンスの「Danger Zone」の2枚のシングルヒットが生まれた。どちらも『ミッドナイト・エクスプレス』(1978)のスコアとブロンディの「Call Me」(1980年のアルバム『American Gigolo』に収録)を作曲したジョルジオ・モロダーの手によるもの。
   その他の曲はいずれも明るいトーンの元気なアメリカン・AOR風ポップ・ロックで、チープ・トリック、ラバーボーイといった当時のビッグネームがめじろ押し。締めくくりはハロルド・フォルターメイヤーによるシンセ・インスト「Top Gun Anthem」。彼はシンプソン&ブラッカイマーのヒット作『ビバリー・ヒルズ・コップ』(1984)の挿入歌「The Heat Is On」の作者でもある。まさに歴史に残るサントラと言えるだろう。(Gary S. Dalkin, Amazon.co.uk)

Top Gun Soundtrack

『トップ・ガン』は間違いなく80年代を代表する作品のひとつだ。この作品でトム・クルーズはスーパースターの仲間入りを果たし、監督のトニー・スコット(ほかに1994年『トゥルー・ロマンス』、1998年『エネミー・オブ・アメリカ』)の出世作でもある。製作のドン・シンプソン&ジェリー・ブラッカイマーはこの作品で、点と点を結ぶようなストーリー展開、MTV風の映像、切れ目ないアクションというシネコン向きヒット映画のノウハウを確立した。
さらに特筆すべきは、オムニバス形式のポップス・サントラもこの作品が火付け役だった点。『スター・ウォーズ』(1977)以前の10年間はサイモン&ガーファンクルの『卒業』(1967)が歌モノ・サントラのお手本だったが、『トップ・ガン』以降は、数多くのサントラが競ってヒットソングを入れるようになった。このサントラからもベルリンの大ヒット「Take My Breath Away」(邦題:「愛は吐息のように」)、ケニー・ロギンスの「Danger Zone」の2枚のシングルヒットが生まれた。どちらも『ミッドナイト・エクスプレス』(1978)のスコアとブロンディの「Call Me」(1980年のアルバム『American Gigolo』に収録)を作曲したジョルジオ・モロダーの手によるもの。
その他の曲はいずれも明るいトーンの元気なアメリカン・AOR風ポップ・ロックで、チープ・トリック、ラバーボーイといった当時のビッグネームがめじろ押し。締めくくりはハロルド・フォルターメイヤーによるシンセ・インスト「Top Gun Anthem」。彼はシンプソン&ブラッカイマーのヒット作『ビバリー・ヒルズ・コップ』(1984)の挿入歌「The Heat Is On」の作者でもある。まさに歴史に残るサントラと言えるだろう。(Gary S. Dalkin, Amazon.co.uk)

買っちゃいました

アメリカで封切られた年にたまたまニューヨークでこの映画をみて、トムクルーズファンになってしまいました。おまけに帰国するときにはアナログ版のサントラをトランクにしのばせてしまった私。日本で封切られてから字幕つきで見て、テレビで放映されてもやっぱり見たくらいのTop Gunフリークとなった私。サントラがデジタル化されていたのは知っていたけど、このボーナストラック付きは涙ウルウルもの。劇中に使われていたオールディーズが収録されているのがイイ。お買い得と言うものよ。You've lost that loving feeling.マーベリックとグースがバーの中でいきなりマイクを握り歌いだしたあのライチェスブラザーズの名曲はいつでも涙ウルウルです。
車の中で聞くとアクセルを踏む力が大きくなるので注意しましょう。

嬉しい企画

トップガン紙ジャケ待ってました!おまけにボーナストラック収録です。20曲中残りの5曲、スターシップやMRミスター、ヨーロッパの曲も勿論素晴らしいですか、このサントラには入れなくてもいぃと思いました。

MADEINUSA

最高の一枚!ちゃんとFBIのロゴが入ってます。国内で現在販売されてるデラックスエディションは、本編とは関係の無い曲が5曲入っています。やっぱりこのエキスパンデットエディションが一番イィです!

フットルースと並ぶ、サントラの名作

映画自体は、現在の視点からすると政治的な意味で疑問を持ってしまいますが、サントラの方は理屈抜きで楽しめます。
発売後20年を経ているにも関わらず、ケニー・ロギンスの「DangerZone」やベルリンの「Take My Breath Away」等は、ラジオやTVで頻繁に耳にします。さながら、この時代の洋楽ヒットのベスト盤
といった感じです。
個人的には、ビーチ・バレーのシーンで流れるケニー・ロギンスの「Playing With The Boys」が気に入っています。80年代の洋楽の持つ、底抜けの明るさを象徴するような曲です。
ギター好き・ハードロック好きの方には、スティーブ・スティーブンスの「Top Gun Anthem」をお薦めします。美しく壮大なメロディを、S・スティーブンスが高いテクニックで表現しています。
時期が若干ずれますが、映画「フットルース」のサントラ同様、80年代のサントラの名盤だと思います。

チープトリックの

マイティーウィングだけのためにCD購入しました。
テンションめっちゃ上がる曲で、ドライブの時はいつも聞いてます
チープトリック最高!!

作品と共に購入

つい先日、入間基地でブルーインパルスの飛行を見てきました。生まれて初めて見たのですが、
あまりの衝撃というか、こんなすごいことが世の中にあったんだっていう気持ちで、すっかり航空ファンに
なってしまいました。
トップガンを見たのは、もちろんシアターでしたが懐かしくなって購入しました。
しかし・・・皆さんも書いているとおり、この画像といい内容といい現代の映画以上に素晴らしいと思いますね。
昔とは違った角度から人間の気持ちなどの面から見ることもできてこのお値段でこの内容は素晴らしいと思います。
ちなみにサントラも一緒に購入しました。 音楽と場面がびたっと想像できる最高のコンビですね。

フットルースと並ぶ、サントラの名作

映画自体は、現在の視点からすると政治的な意味で疑問を持ってしまいますが、サントラの方は理屈抜きで楽しめます。
発売後20年を経ているにも関わらず、ケニー・ロギンスの「DangerZone」やベルリンの「Take My Breath Away」等は、ラジオやTVで頻繁に耳にします。さながら、この時代の洋楽ヒットのベスト盤
といった感じです。
個人的には、ビーチ・バレーのシーンで流れるケニー・ロギンスの「Playing With The Boys」が気に入っています。80年代の洋楽の持つ、底抜けの明るさを象徴するような曲です。
ギター好き・ハードロック好きの方には、スティーブ・スティーブンスの「Top Gun Anthem」をお薦めします。美しく壮大なメロディを、S・スティーブンスが高いテクニックで表現しています。
時期が若干ずれますが、映画「フットルース」のサントラ同様、80年代のサントラの名盤だと思います。

ボートラ5曲は蛇足

下記の方の意見じゃないけれど、
映画と何の関係もない「パワー・オブ・ラブ」とか
完全に映画の世界観を壊してしまってる。
なんでもかんでも曲を付け足せばいいってもんじゃないんだよ
メーカーさん。
よって以前のリマスター盤で十分。
フットルース
フットルース
「フラッシュダンス」オリジナル・サウンドトラック
オーバー・ザ・トップ オリジナル・サウンドトラック(期間生産限定盤)