Surrender [12 inch Analog]

Surrender [12 inch Analog]

Attributes

ReleaseDate : 1999/06/22
NumberOfItems : 2
Artist : Chemical Brothers
Label : Astralwerks
Format : Import
ItemDimensions : 102
PartNumber : XDUSTLP4
Studio : Astralwerks
ProductGroup : Music
EANListElement : 0724384761011
Manufacturer : Astralwerks
UPCListElement : 724384761011
MPN : XDUSTLP4
CatalogNumberListElement : 47610
CatalogNumberListElement : MR27560
Publisher : Astralwerks
EANList : 0724384761011
NumberOfDiscs : 2
UPCList : 724384761011
CatalogNumberList : 47610MR27560
PackageDimensions : 1612601021260
UPC : 724384761011

広告タグの取得

絶対必見!レット・フォーエヴァー・ビーのPV

1999年リリース、彼等の3rdアルバム。ぼくはこのアルバムが現時点の最高傑作だと思う。彼等のサウンドは一言で言えば『徹底的』だ。とことん作る。その中でなんと言ってもぼくの一押しは『レット・フォーエヴァー・ビー』である。
『レット・フォーエヴァー・ビー』のミュージック・ビデオはあのミシェル・ゴンドリーが作っているのだが、彼の代表作としても推せるくらいの大傑作に仕上がっている。ケミカル・ブラザースの微妙な音楽を実に見事に映像化していて、驚きなのだ。モーフィングを多用していて編集のこだわりも凄い。
ケミカルの作り出す壮大な空間の映像化も併せてご覧になることをオススメする。

必見!『レット・フォーエヴァー・ビー』のPV

1999年リリース、彼等の3rdアルバム。なんと言ってもぼくの一押しは『レット・フォーエヴァー・ビー』である。
『レット・フォーエヴァー・ビー』のミュージック・ビデオはあのミシェル・ゴンドリーが作っているのだが、彼の代表作としても推せるくらいの大傑作に仕上がっている。ケミカル・ブラザースの微妙な音楽を実に見事に映像化していて、驚きなのだ。モーフィングを多用していて編集のこだわりも凄い。
ケミカルの作り出す壮大な空間の映像化も併せてご覧になることをオススメする。

『レット・フォーエヴァー・ビー』が良いです。

99年の3rdアルバムを紙ジャケットにて。最先端の音楽だった彼らのデジタル・ロックが、時代の主流へと変化。『ヘイ・ボーイ・ヘイ・ガール』『ミュージック・レスポンス』はTVCMにも使用された。さらにソニーVAIOのTVCMで話題になっているノエル・ギャラガー(OASIS)との名曲『レット・フォーエヴァー・ビー』も収録されている。
ちなみに『レット・フォーエヴァー・ビー』のプロモビデオは凄く凝っていて面白いので、観る機会があればぜひ。

捨て曲なし。

ボクはもうこのアルバムは100回以上聴いている。
カッコイイ。シビレる。形容のしようがない。
完成されているので、曲の順番等もいじらず、通しで聴いて貰いたい。
[music:response]や[heyboy heygirl]はもちろんだけど
[the sunshine underground]これは宇宙に飛ばされます。
(ヘッドフォンかイヤホン推奨)
噛めば噛むほど期待を裏切らない。
彼らが作るアルバムに文句なんて言えない。
ただひたすら聴き込むだけ、ボクに出来るのはそのくらい。

ケミカルのRockな精神性が見事に発揮された名盤!!!

 1999年、THE CHEMICAL BORTHERSの3rdアルバムです。
 2nd「Dig Your Own Hole」で、大成功を収め、「デジタルロック」のトップに君臨したケミカルですが、
今回は、ケミカル自身の築いた「デジタルロック」を潰すかのように、実験性に富んでいます。
 tr.1の「ピピ♪ ピピピピピピピ♪」なチープな電子音による奇妙なフレーズから始まり、
tr. 2から、一気に加速!
tr. 3のアグレッシブ性は、ケミカルの曲でも指折りだと思います。
 また、アナログ的なサウンドが多用されていたり、70's風なサイケな感覚を生み出していたり、
単なる、テクノ、ビッグビート、デジタルロックの範疇を、はるかに超えた感じになっています。
 私自身は、はじめ聞いたときは、「え? なに?」って感じで、うまく反応できなかったのですが、
聴き続けるにつれて、「物凄くいい!」に変わりました。
 私は、テクノ系は飽きやすいのですが、コレは、聴きこむほど良くなる、長く付き合える1枚です。
 ケミカルのRockな精神性が生み出した、傑作アルバムだと思います。
 「よくぞ! 冒険してくれた!」と言いたくなる名盤です。
 「ケミカル初心者」「他ジャンルのファン」でも、楽しめるアルバムだと思います。
 なお、他レビューにもありますが、tr. 9は、Levi'sのCMで流れていた曲です。
 木村拓哉さんが、「日本人・初! Levi'sのCMに起用!」されたということで、当時話題になりました。

絶対必見!レット・フォーエヴァー・ビーのPV

1999年リリース、彼等の3rdアルバム。ぼくはこのアルバムが現時点の最高傑作だと思う。彼等のサウンドは一言で言えば『徹底的』だ。とことん作る。その中でなんと言ってもぼくの一押しは『レット・フォーエヴァー・ビー』である。
『レット・フォーエヴァー・ビー』のミュージック・ビデオはあのミシェル・ゴンドリーが作っているのだが、彼の代表作としても推せるくらいの大傑作に仕上がっている。ケミカル・ブラザースの微妙な音楽を実に見事に映像化していて、驚きなのだ。モーフィングを多用していて編集のこだわりも凄い。
ケミカルの作り出す壮大な空間の映像化も併せてご覧になることをオススメする。

踊れます!

一曲目のRESPONCE、九曲目のHEY BOY HEY GIRLは
CHEMICAL BROTHERSの全ての曲の中でも特に素晴らしい
作品です。BIG BEAT好きの以外の人でも十分満足できる
曲だと思います。音的には、ロックとエレクトロニカMUSIC
の融合と言った感じです。FATBOY SLIMが好きな人は是非
こっちも聞いてみて下さい!踊れますよ!!

降伏? ≒ 幸福?

よく ケミカルブラザーズ の音をして表現にされるのに「チープな電子音を巧みに使う」と言われることがしばしばありますが、この3rdアルバム『 サレンダー 』では正にチープな電子音の真骨頂ともいえるトラック1の"music : response"はあまりにも有名です。
今回も参加のノエル(Tr.5"let forever be" )を筆頭に、NEW ORDER(ニュー・オーダー)のヴォーカリスト、バーナード・サムナーBernardSumner)とPRIMAL SCREAM(プライマル・スクリーム)のボビー・ギレスピー(Bobby Gillespie)がコラボレートした、トラック3の "out of control"など、豪華アーティスト陣の参加も見物。
[surrender]…降伏する、放棄するなど。思わず今までのブレイクビーツを完全に捨ててしまったかのようなタイトルですが、中身はしっかりケミカルなノリですので。

初めて手を出したジャンルだったのですが

私は数年前、ケミカルブラザーズのこともテクノ系の音楽のことも全然知らずに、このCDを買いました。ただキムタクが出てた立体裁断ジーンズのCMに使われてたムチャクチャカッコイイ曲が入っている、という理由で。
耳に残るサウンドが盛り沢山です。
参考として、私の知っている限りでは、
「out of control」はディカプリ主演の「ビーチ」で使われてましたし「Let forever be」はソニーの製品のCM曲に。
Dig Your Own Hole
時空の彼方へ-スペシャル・エディション- 【初回生産限定盤】
Come With Us
We Are the Night