ペイント・ザ・スカイ~ザ・ベスト・オブ・エンヤ

ペイント・ザ・スカイ~ザ・ベスト・オブ・エンヤ

Attributes

ReleaseDate : 1998/10/31
NumberOfItems : 1
Format : Limited Edition
SeikodoProductCode : WPCR-2345
PublicationDate : 1998-10-30
EANListElement : 4943674234523
Manufacturer : ダブリューイーエー・ジャパン
EANList : 4943674234523
Brand : Wea Japan
CatalogNumberList : 2345
Artist : エンヤ
Label : ダブリューイーエー・ジャパン
Studio : ダブリューイーエー・ジャパン
ProductGroup : Music
FormattedPrice : ¥ 2,700
CatalogNumberListElement : 2345
Publisher : ダブリューイーエー・ジャパン
NumberOfDiscs : 1
PackageDimensions : 5455518497

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - オリノコ・フロウ
2 - カリビアン・ブルー
3 - ブック・オブ・デイズ
4 - エニウェア・イズ
5 - オンリー・イフ
6 - ケルツ
7 - チャイナ・ローゼズ
8 - シェパード・ムーン
9 - エビュデー
10 - ストームス・イン・アフリカ
11 - ウォーターマーク
12 - ペイント・ザ・スカイ
13 - マーブル・ホールズ
14 - オン・マイ・ウェイ・ホーム
15 - メモリー・オブ・トゥリーズ
16 - ボーディシア
17 - きよしこの夜(イーハ・ヒューイン)

ペイント・ザ・スカイ~ザ・ベスト・オブ・エンヤ

新時代の歌姫エンヤが広く知られるようになったのは、アルバム『Watermark』が400万枚を売り上げ、シングル『Orinoco Flow』をリリースしてからだ。次作『Shepherd Moons』は透明感のある魅力はやや衰えたが、1,000万枚の売り上げを記録した。1997年にはこの『Paint the Sky with Star』をリリースしたが、このベストアルバムには、上記2アルバムの他、1995年の『The Memory of Trees』、そしてBBCの番組のサウンドトラックとして使われた『The Celts』から珠玉の名作が収められている。ケルト風の、メロディアスで空気感のあるエンヤのすばらしい作品が、このディスクには詰まっている。クラナド時代を知らない人には、『Marble Halls』、『China RosesThose』といった優しい曲が心に染み入るだろう。 一方で『Book of Days』、『Storms in Africa』、『Caribbean Blue』はエネルギッシュで明るい雰囲気だ。新時代を開いたアーティストの、名アルバムといえる。Karen Karleski

ほんとにBEST

私がはじめて聞いたエンヤのCDはこれです。はじめ聞いたときは、あまりにもすごくてそのまま少し固まってしまいました。個人的には1から6までの流れがとても自然な感じがします。私はいろいろなときに聞いていますが、ねむれない時に聞くとすぐ眠れます。個人的には「オン・マイ・ウェイ・ホーム」が好きです。なんともいえない感じがします。
本当にこのCDにあえて感謝しています。

中古品でも何も問題ありませんでした。

中古品でも何も問題ありませんでした。ありがとうございました。また、よろしくお願いします。

数多ある名曲から選んだ珠玉の曲の数々

次のオリジナルアルバムはいったいいつ出来上がるのだろう? といつもファンをやきもきさせるくらい、じっくりと曲を作りこむエンヤさんなので、それぞれのアルバムの完成度は非常に高く、ベストアルバムをつくるには、全部の曲を収録するしかないのではないのだろうか、と思っていました。
それだけに、このアルバムに収録された曲は、名曲の中でも特に名曲である、選りすぐりの作品ばかり。これからエンヤさんの曲に触れたいと思っている方に最適なものになっています。
すでにオリジナルアルバムをすべて持っている方にとっても、構成の妙といいましょうか、「Orinoco Flow」にはじまり「Boadicea」に終わる一連の流れによって、オリジナルアルバムで聴くのとはまた異なった楽しみ方ができると思います。余韻を楽しむのもエンヤさんの曲の聴き方。次の曲へ続いていく中、オリジナルアルバムとは違う余韻を楽しむことができると思います。
どこか高原や森など、外に持ち出そうと思うときにも、1枚のアルバムに収まっているというのは、なかなかよいでしょう。もちろん、新曲のタイトル曲「Paint the Sky with Stars」を聴くことができるという点も評価できます。
一般的にいえば、四枚のオリジナルアルバムに対してベストアルバム一枚というのは、最適な頻度だと思います。ただ、最初に記したように、このベストアルバムに収録されているのは、全部の曲を収録してもよいと思えるくらい数多ある名曲のほんの一部です。このアルバムを通じて彼女の魅力に初めて触れたのなら、次は、オリジナルアルバムをぜひ、お聴きください。

イイ!

エンヤの曲はいいですね。(人によるでしょうけど…)
この中のどの曲も好きです。

中古品でも何も問題ありませんでした。

中古品でも何も問題ありませんでした。ありがとうございました。また、よろしくお願いします。

57分46秒

聴いていてとても心地よいです。
1曲57分46秒ですね。

空に星を散りばめたい

エンヤには鮮やかな赤が似合うけれども,実はモノクロやセピアもよく似合う。
何か懐かしいという感情がわき上がってくる音作りのせいなのだろうけれども。
どの音も重ねられ,降り注ぐように作られている。
たぶんモンゴルで夜空を見上げたら,星が降ってくるように感じるだろう。
エンヤの音もそういう感じだ。
彼女にしか作れない彼女の世界。
それがこのアルバムなのだ。

すごくゆったり

タイトルにも書きましたが、すごくゆったり聴けるアルバムだと思います。
ゆっくり過ごしたい時やヒマな時、憂鬱な時に聴いて欲しい曲です。
もちろん、慌しい時に聴いてもまた違った感じ方ができるのではないでしょうか?
ジャケットのデザインも星を散りばめたようでとてもステキです。
是非一度聴いてみてください。

数多ある名曲から選んだ珠玉の曲の数々

次のオリジナルアルバムはいったいいつ出来上がるのだろう? といつもファンをやきもきさせるくらい、じっくりと曲を作りこむエンヤさんなので、それぞれのアルバムの完成度は非常に高く、ベストアルバムをつくるには、全部の曲を収録するしかないのではないのだろうか、と思っていました。
それだけに、このアルバムに収録された曲は、名曲の中でも特に名曲である、選りすぐりの作品ばかり。これからエンヤさんの曲に触れたいと思っている方に最適なものになっています。
すでにオリジナルアルバムをすべて持っている方にとっても、構成の妙といいましょうか、「Orinoco Flow」にはじまり「Boadicea」に終わる一連の流れによって、オリジナルアルバムで聴くのとはまた異なった楽しみ方ができると思います。余韻を楽しむのもエンヤさんの曲の聴き方。次の曲へ続いていく中、オリジナルアルバムとは違う余韻を楽しむことができると思います。
どこか高原や森など、外に持ち出そうと思うときにも、1枚のアルバムに収まっているというのは、なかなかよいでしょう。もちろん、新曲のタイトル曲「Paint the Sky with Stars」を聴くことができるという点も評価できます。
一般的にいえば、四枚のオリジナルアルバムに対してベストアルバム一枚というのは、最適な頻度だと思います。ただ、最初に記したように、このベストアルバムに収録されているのは、全部の曲を収録してもよいと思えるくらい数多ある名曲のほんの一部です。このアルバムを通じて彼女の魅力に初めて触れたのなら、次は、オリジナルアルバムをぜひ、お聴きください。

これは失敗!

エンヤのベスト盤という事で期待して購入したところ、ラッピングなしの状態でしかも歌詞カードすらありませんでした。二つあったので値段の高い方を選んで失敗しました。UK盤ではなくU.S.A盤を購入すれば良かった…
ア・デイ・ウィズアウト・レイン
雪と氷の旋律
Memory of Trees
ウォーターマーク