GREATEST

GREATEST

Attributes

ReleaseDate : 2001/09/01
NumberOfItems : 1
Model : 2126081
Format : CD
Format : Import
ItemDimensions : 4357123484
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 1998-11-03
EANListElement : 0724349623927
Manufacturer : EMI
UPCListElement : 724349623927
EANList : 0724349623927
Brand : Emi
CatalogNumberList : 7243 4 96239 2 79623972434962392796239 207243496239271325394962392
PackageQuantity : 1
Artist : DURAN DURAN
Label : EMI
Studio : EMI
PartNumber : 4962392
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 7243 4 96239 2 7
CatalogNumberListElement : 96239
CatalogNumberListElement : 724349623927
CatalogNumberListElement : 96239 2
CatalogNumberListElement : 0724349623927
CatalogNumberListElement : 132539
CatalogNumberListElement : 4962392
MPN : 4962392
Publisher : EMI
Language : スペイン語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 724349623927
PackageDimensions : 3955122488
UPC : 724349623927
Languages : スペイン語Published英語Original Language英語Unknown
Name : スペイン語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - Is There Something I Should Know
2 - The Reflex
3 - A View To A Kill
4 - Ordinary World
5 - Save A Prayer (Single Version)
6 - Rio (US Edit)
7 - Hungry Like The Wolf
8 - Girls On Film
9 - Planet Earth (Single Version)
10 - Union Of The Snake
11 - New Moon On Monday
12 - The Wild Boys
13 - Notorious
14 - I Don't Want Your Love (Shep Pettibone 7'' Mix)
15 - All She Wants Is (45 Mix)
16 - Electric Barbarella (Radio Edit)
17 - Serious (7'' Edit)
18 - Skin Trade (Radio Cut)
19 - Come Undone (Edit)
DURAN DURAN Greatest (Rare 1998 European manufactured Asian exclusive issue Strictly Limited Edition 2-disc set comprising of a CD album containing 19 classic tracks and worldwide hits plus Video-CD [playable on your PC and most DVD players] featuring 5 live performances and 2 uncensored videos presented in an individually numbered card picture slipcase)

Greatest

英国ポップスの帝王、デュラン・デュランは20年にわたり活動を継続しているが、その不屈のアンサンブルが絶頂を迎えていたのが活発に活動していた80年代であることは明らかだ。このグレイテスト・ヒットのコレクションは、ファンキーなグラムロック集団としてのこのバンドの野心的なスタートと、その後徐々に大きな商業的な魅力を持ったハイテク・ポップバンドに変容していく様子を記録している。いまや古典となった「Girls on Film」(邦題「グラビアの美少女」)や「Rio」(邦題「リオ」)、「Planet Earth」(邦題「プラネット・アース」)と同時に「Ordinary World」(邦題「オーディナリー・ワールド」)のようなもっと新しい曲をフィーチャーし、『Greatest』(邦題『グレイテスト』)は、デュラン・デュランのどこまでも続く一連のヒット・シングルに焦点を当てている。 「Hungry Like the Wolf」(邦題「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」)や「A View to a Kill」(邦題「007/美しき獲物たち」)を演奏した和解クインテットと1997年の「Electric Barbarella」(邦題「エレクトリック・バーバレラ」)の歳を重ねたしゃれたトリオとの間に共通点は少ないが、ヴォーカリストのサイモン・ル・ボンはこうした流れの中でもある種の一貫性を持っていて、感銘を与える。(Mitch Myers, Amazon.com)

シンセサイズドポップ

ルックス先行のプロモ(主に雑誌メディア)で本質=魅力はマスキングされた典型的なバンド。このバンドは、デビッドボウイ、ロキシーミュージック、パンクバンド、シック(黒人洗練系ディスコ)などのラインを結ぶかなりコアなバンドだった、当時の日本の女子中学生にこれがわかるわけもなく、ジャパンも同じ運命をたどる。これらの影響をポップなサウンドに消化するのに非常にたけていた。
ジャパンなんかも初期はかなりファンキーなバンドで、黒人音楽の影響が大きかった。デュランデュランは現在初期のメンバーで再結成して来日しているらしいが。
最初のプロモーション体制がいかに大切でアーチストの生殺与奪のかぎを握ることをもっとわからないと日本はアーチストマネジメントのへたな国のイメー!ジは消えない。男性のファンの多くが逃げたのは否定できない。ビジュアル重視でビジュアル=MTV=をおおいに利用したバン
ルックス以外の部分でもっと評価されるべきだったバンド。
10点中10点  

80年代にフラッシュバック

売れ線だとかビジュアル系だとかご批判はいろいろあるでしょうが、間違いなく80年代に吹っ飛ぶことができます。僕はPlanet Earthでいきました。タイムマシーン代わりにどうぞ。

バラエティに富んだDuran2栄光の歴史!

まさにGREATESTというにふさわしい名曲揃いのベストアルバム。前半は初期中心に、後半は80年末から90年末までの楽曲を網羅している。また、これ1枚を聴くだけでもDuran2の音楽の幅の広さが十分伝わってくる。キャッチーで馴染みやすい「The Reflex」「Rio」から、お洒落でセンスの良いポップソング「Serious」「Skin Trade」まで今でもちっとも古さを感じさせない実に様々なサウンドで楽しませてくれる。それは彼らのニューアルバム「Astronaut」にも共通することだ。それを聴いてから本作を聴くと、きっと今まで以上に彼らの魅力の虜になること間違いないだろう。Duran2の歴史を振り返るにはちょうどいいアルバムといえる。また、このアルバムのPV+ボーナスPV+インタビュー映像を収録した豪華なDVDもあるのでそちらもセットにして観るのをおすすめする。ちなみにボーカルのSimon、90年代初から声域が高くなっているという。そのことも意識しつつ聴いてみるのも面白いと思う。

「'80年代の世界のアイドル」

多分、20代前半や10代のみなさんは
この「デュランデュラン」という
バンドの事は良く分からないと思うが、
80年代の世界のティーンエイジにチヤホヤされていた
アイドル系ポップバンドである。
日本で言うと、男闘呼組(古いか?)、TOKIOあたりでしょう。
有名な曲で言うと、最近たまに曲が流れるのは、
前にトヨタのCMでも使われていた「オーディナリー・ワールド」
ぐらいだろうか。
しかし、この曲はバラードなのだが、聞いて損は絶対しない曲
なのでと言うか、90年代に代表される名曲なので
みなさんも是非一度聞いてみると良い。
さて、このベストアルバムだが、みなさんで、
もしデュランデュランを聞いたことの無い人がいれば
是非とも入門編にしていただきたい。
全部で19曲入りとかなりボリュームのある内容なのだが、
私的に前半の10曲目くらいまででOKって感じである。
なぜ、前半だけなのかと言うと、前半はとても
キャッチ―な曲が多く、親しみやすいのである。
先の4「オーディナリー・ワールド」の他にも
2「リフレックス」1「プリーズ・テル・ミー・ナウ」
もCMで使われていたし、
昔、フジテレビ系列の土曜深夜にオールナイトフジと
いう当時のヤングマンどもに絶大な人気を誇っていた
番組でも流れていた
7「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」や
その名の通りグラビア美少女を紹介するコーナーでのBGM
8「グラビアの少女」など、当時の世代は懐かしいと思うが、
今の世代でも十分楽しめるはずだ。

Duran Duranは大好きだけど・・・

Save A Prayerが一部、カットされていてがっかりしました。どうやらUS Single Versionが収録されていた様です。また、Rioのエンディングも中途半端でした。私がアメリカで購入したパッケージにはそのような説明が何もなかったので、買ったお店に事情を話して他のDuranDuranのCDと交換してもらいました。
それさえなければ☆5つ間違いなしだったと思います!

本当のビジュアルバンド

☆日本では、バカな格好をして若い女の子達にウケるのが「ビジュアル系」だと思われているようですが、世界的に音楽活動にビジュアル的なメディアを有効に取り入れ、プロモーションしたグループがこの「DURAN DURAN」。80年代に「ビジュアル系」と呼ばれたグループです。そして、中高生などがよく数学の2乗という表現を用いて、「わくわく」を「わく2 」とか、「ドキドキ」を「ドキ2 」などと表記していますが、実は、その先駆けになったのもこの「DURAN DURAN」。「DURAN2 」をトレードマークにしていたのです。まあ、それはともかくとして、音楽的も大変個性的なものを作り出しています。特に、印象的なギターのフレーズ。無機質な繰り返しのフレーズがバッキングされ、爽快なサウンドが作られています。〈02:REFLEX〉、〈10:UNION OF THE SNAKE〉他、Duran Duranの世界がたっぷりと味わえます。

最高!

懐かしいし、ひじょうに内容的には満足しています。

80’sだよな。やっぱ。

80年代のコンピレーションアルバムが最近よく出てるけど、そん中でも代表格だよな。Duranx2は。流行ってた頃って、オールナイトフジとかやってたっけ。このCDで女子大生でもナンパしてみては?必須だね。
Paper Gods
ベスト・オブ・カルチャー・クラブ
Power Station
Paper Gods