Animalize

Animalize

Attributes

ReleaseDate : 1998/09/01
NumberOfItems : 1
Model : 2140759
Format : CD
Format : Original recording remastered
Format : Import
ItemDimensions : 3974420567
Type : Published
Type : Original Language
Type : Unknown
PublicationDate : 1998-09-01
EANListElement : 0731455885927
Manufacturer : Island / Mercury
UPCListElement : 731455885927
EANList : 0731455885927
Brand : Mercury
CatalogNumberList : 558859255885907314 5588592
PackageQuantity : 1
Artist : Kiss
Label : Island / Mercury
Studio : Island / Mercury
PartNumber : 1
ProductGroup : Music
CatalogNumberListElement : 5588592
CatalogNumberListElement : 558859
CatalogNumberListElement : 07314 5588592
MPN : 1
Publisher : Island / Mercury
Language : スペイン語Published
Language : 英語Original Language
Language : 英語Unknown
NumberOfDiscs : 1
UPCList : 731455885927
PackageDimensions : 4055020490
UPC : 731455885927
Languages : スペイン語Published英語Original Language英語Unknown
Name : スペイン語
Name : 英語
Name : 英語

広告タグの取得

Disc 1 / Track

1 - I've Had Enough (Into The Fire)
2 - Heaven's On Fire
3 - Burn Bitch Burn
4 - Get All You Can Take
5 - Lonely Is The Hunter
6 - Under The Gun
7 - Thrills In The Night
8 - While The City Sleeps
9 - Murder In High-Heels

第2次黄金期の幕開け

70年代を代表するバンドとなったKISSも80年代に入り、エアロスミス同様に落ちぶれていった。
そんな状況を打開すべく、彼らの最大のアイデンティティーであるメイクを捨て素顔勝負の第2作目。
1985年、時代はMOTOLEY CLUE、RATTのブレイクでLA-METALブーム勃発。
ハードでありキャッチーでもあるこのアルバムは、そんなご時世にぴたりと当りKISSは再び黄金期を迎える事となる。
また、このアルバムではギタリストに新鋭のマーク・セント・ジョンを迎え、80年代HR/HMには不可欠のテクニカルなギターソロもふんだんにフィーチュアされている。
マーク・セント・ジョンがベースを弾いている曲があるとか、次作で加入するブルース・キューリックが1曲ギターソロを弾いている等の裏話はあるらしいが、ポールスタンレーも好きだと公言するこのアルバム、文句なくカッコいい!

音楽で勝負

80年代、LAメタル全盛時発表のアルバム。作曲にボンジョヴィ等との仕事で知られる、デスモンドチャイルドを迎え、良質のメロディを有した優れたHM/HRアルバムに仕上がってます。シングルカットされたHEAVEN'S ON FIREなど当時ビデオで何回も見ました。サウンド、メロディに関しても、当時の周りの若手バンドと比較して、お金がかかってるといった感じで、余裕すら感じます。メイクを落としても音楽で勝負できる、まだまだ若いもんには負けんという意気込みを感じます。昔のキッスのイメージからすると、かなりHM寄りと感じますが、時代にマッチした好アルバムで、個人的に気に入ってます。

かっちょいい☆

素顔で勝負を賭けたキッスの2作目ギタリストはヴィニーヴィンセントからマークセントジョンに代わりそのマークのギターはテクニカルでヴァンヘイレンやゲイリームーアを思わせる。ではこのアルバムの説明を1曲目はマークセントジョンのギターが凄く良い。2曲目のヘブンズオンファイヤーは乗りの良い初期のキッスを思わせる。自分も大好きな曲、3曲目はジーンのヴォーカルが聞ける僕はこの曲がクリーチャズオブザナイトに収録のウォーマシーンに似ている良い曲、とにかくこのアルバムは最高☆
全曲外し曲無しの僕もお気に入りのアルバム。

最高傑作!

 キッスの史上最高傑作だと思う。
地獄の軍団がNO.1という声が多いですが、飽きやすいのが難点では?
その点、アニマライズは飽きがこないです。
 セッション参加のギタリストであるマーク・セント・ジョンは曲作り
には関わっていないが、フラッシーなソロを弾いている。
ジーンが映画撮影でレコーディングに関わっていない曲ではベースを、ポールが本作のプロデュースで忙しいのでリズムギターも担当している。(A-'Dのみ、ブルース・キューリックがGを担当)
 前作、地獄の回想ではミックスで音を上げすぎていたのを反省してかフラッシーながら聞きやすい音作りがなされている。
 実質、ポールのソロアルバムみたいになっている。 

キッス史上、もっともメタリック

ヘヴィメタルという言葉がもっとも似合う作風で、
キッスの全作品の中で唯一、マーク・セント・ジョンが参加したアルバム。
この作品から完全にメイクを落としたということもあり、
音楽で勝負を仕掛けてきただけあって、
実に内容が濃く、当時のサウンドを見事にキッス化させた。
ポールのお気に入りだったが、
不運にも指が動かなくなったマークとのツアーを断念し、
(エイドリアン・ヴァンデンバーグと同じ奇病か?)
代役だったブルース・キューリックがこのあと正式メンバーになる。
マークのスタイルがもっとも良く現れているのは
7の“Thrills In The Night”だろうか?
彼はこの後、White Tigerというバンドを結成し、
2000年にはマーク・セント・ジョン・プロジェクト
というミニアルバムをリリースしている。

第2次黄金期の幕開け

70年代を代表するバンドとなったKISSも80年代に入り、エアロスミス同様に落ちぶれていった。
そんな状況を打開すべく、彼らの最大のアイデンティティーであるメイクを捨て素顔勝負の第2作目。
1985年、時代はMOTOLEY CLUE、RATTのブレイクでLA-METALブーム勃発。
ハードでありキャッチーでもあるこのアルバムは、そんなご時世にぴたりと当りKISSは再び黄金期を迎える事となる。
また、このアルバムではギタリストに新鋭のマーク・セント・ジョンを迎え、80年代HR/HMには不可欠のテクニカルなギターソロもふんだんにフィーチュアされている。
マーク・セント・ジョンがベースを弾いている曲があるとか、次作で加入するブルース・キューリックが1曲ギターソロを弾いている等の裏話はあるらしいが、ポールスタンレーも好きだと公言するこのアルバム、文句なくカッコいい!

キッス流ヘヴィーメタル!

このアルバムではリードギタリストが、ヴィニーヴィンセントからマークセントジョンに交代しています。サウンド的には前作に引き続きキッス流ヘヴィーメタルなサウンドです。ギターはあくまでも硬質な音で、そこにキャッチーなメロディーとコーラスがのる感じかな。エース時代の音に馴染んでいるファンにとっては、少々取っ付きにくい音かもしれませんが、HR/HMファンであるならば、きっと気に入ると思いますよ。ちなみに私は、ノーメイク時代ではアニマライズが一番好きです。特にお薦めなのは、アイヴハドイナフ、ヘヴンズオンファイアー、ゲットオールユーキャンテイク、スリルズインザナイトの四曲です。もちろん他の曲も駄作はありませんので、ぜひいっぺん聴いてみてください。

不安定な時期にあっての『底抜けに楽しく&はじけまくる』作品!!

"3-\¬§ ̄±a¡3¨é"°é¬ '1°é-o-¨a" "äoo ̄a"è¡£¿§'
§"¢  ̄¿a1-\a ̄'''é2é33¢a¡3 ̄\-'¢a
 --§äoo ̄é\§
"3' ̄¨°¨" 1§é3""o11¿3¬\μ'aé3\è£ä§¿¢3-3-£
è¿'¢°§¢-'-1'oä"'è3...\- 
¡μ-3§"¨¢oèa§"¨é-£
§'-1'é2é3a!!!"
1"¨" ̄è'è...'...¨-¨3¿¶"a§
"¢  ̄"aè ̄é¨é£"¢§è°è¨è¨
'-o¢3£èμ"¨-aè ̄§£2 ̄"a§
-§§ ̄§£¨a
"¢
リック・イット・アップ~地獄の回想
アサイラム
クリチャーズ・オブ・ザ・ナイト(暗黒の神話)
UNMASKED / GERMAN VERSION